膝痛の原因と整体方法について解説します。

膝の痛みはとてもつらいものです。このページでは日常生活の中で起こる膝の痛みへの対処法と、当院の見解を述べさせて頂きます。

膝痛は膝が悪いのか?

膝が痛くて病院へ行けば当然ながら膝の治療をしてくれます。膝の痛みを取る治療が行われます。それがこれまでの医療のやり方でした。

仙台やすらぎの杜整体院では、膝の痛みに対しては膝が悪いとは考えません。「膝に負担がかかっている」と考えます。膝に負担がかかるバランスになった結果として痛みが出ています。だからそのバランスが変わるように整体していきます。

膝の負担が軽減すると膝痛も自然に回復しやすくなります。膝を治すのではなくて、身体が自然と膝を治してくれるように、その環境を整えていくのです。

時間がかかる場合もあれば、その場ですぐに痛みが取れる場合もあります。「治療」と称して自然な変化以上のことをやろうとすると逆に痛みが増したりかえって悪化することもありますので注意が必要です。

 

 

  • 階段の昇り降りの時に膝が痛い
  • 立ち上がる時に膝が痛い
  • 膝が痛くて正座が出来ない
  • 歩いたり走ったりするときに膝が痛い
  • 朝の起床時、歩き始めに膝が痛い
  • 長く歩いた後に膝が痛くなる
  • 歩くときに左右の膝の感覚が違う

膝痛の原因-仙台市宮城野区の整体院

膝痛の原因について紹介します。膝痛の原因は膝関節だけにあるわけではありません。他の部位との繋がりを見て行く必要があります。

全身との繋がりが調和することで膝の負担も軽減します。その結果として身体が治してくれるようになります。当院では治りやすいバランスになれば自然と治ると考えています。

膝の痛みの原因1-足指が固い

意外でしょうが、足指の関節の固さが膝痛に影響することがあります。

全身の筋膜ネットワークは足指から頭まで張り巡らされています。特に足指は固くなりやすい部位です。そして足指が固いからと言って気にする人もほとんどいません。治療院等で指摘されることもほとんどないでしょう。

膝痛で悩んでいる人の中には足指が非常に固まっている人がいます。足指の関節を柔らかくするセルフケアを実践することで膝ばかりか下半身のバランスが改善するのです。

膝の痛みの原因2-足首の歪み

足指や足を構成する骨の数は片足28個、両足で56個。実に全身の四分の一以上の骨が集まっています。

足は歩行やバランスを取るためにたくさんの骨で構成されています。それぞれの骨が関節で連結し、うまい具合にショックを吸収するようになっています。車で言えばサスペンションの役割です。

しかし、現代人は足の骨同士が固まっているために足首の関節の動きも悪くなっています。サスペンションの働きがうまく機能していないということは、地面からショックをうまく吸収できません。

その影響は膝や股関節、骨盤にも及びます。間接的に上半身にも波及します。

足首の歪みが改善するとその場で関節の動きも良くなります。

膝の痛みの原因3-脛骨・腓骨のねじれ

膝下には脛骨と腓骨という二本の骨があります。内側の太い骨が脛骨、外側の細い骨が腓骨です。

脛骨や腓骨が捻じれることがあります。捻じれると言ってもレントゲン写真で検査しても異常は映りません。医学的には正常な範囲でも、本来のバランスからちょっとだけ捻じれるだけでもその影響は大きいのです。

1つの骨が単独で捻じれたりずれたりという事は考えにくいです。複数の骨が一緒にずれていますから、そのずれを一か所だけでなく同時に修正していく必要があります。

操体法は多部位を同時に修正するのにとても適した方法です。

膝の痛みの原因4-骨盤と大腿骨の関係性

膝関節の上には太ももの骨(大腿骨)があります。大腿骨は股関節で骨盤と連結しています。

膝関節のトラブルがある人は骨盤や股関節の状態にも不調和が見つかります。ほとんどの場合そうです。

膝関節~大腿骨~股関節~骨盤という繋がりを観ていきます。その繋がりの中に不調和があることが大半です。骨盤へアプローチすることで膝関節のトラブルも改善しやすくなります。

膝の痛みの原因5-筋・筋膜の緊張

大腿直筋、縫工筋、など膝関節周辺の筋肉、筋膜の緊張や歪みも影響します。

当院では主に筋膜に着目して施術を行っています。筋膜の状態が変われば各関節や骨格バランスが変わります。

筋膜の繋がりを考慮して施術することで膝関節に直接触らずとも膝関節の状態も変化します。

膝の痛みの原因6-反対側とのバランスの不調和

右膝の痛みを抱えて来院して体をチェックしてみると、左の足首や左の股関節など、反対側の脚に問題が見つかることがあります。

多くの場合、本人も治療家もお医者さんも痛い部位のみに着目しがちです。しかし、実際の臨床経験では反対側の不調和を取り除くことで患部が改善に向かうケースが結構あります。

特に膝痛や股関節痛、坐骨神経痛などの下肢のトラブルにおいてそういうケースが多いと感じています。

思わぬところにより深い原因が潜んでいる場合、そういう見方が出来る整体院じゃないと原因を見逃されてしまうこともあります。

膝痛と整体

膝痛の通説-仙台市宮城野区の整体院

膝の痛みで病院に行くと老化や体重のせいにされることがあります。

膝痛と老化の関係

よくあるのが整形外科で老化が膝痛の原因と言われてしまうケースです。歳だからしょうがないという理由です。

しかし、若くても膝が痛い人もいれば、高齢でも痛くない人もいます。だから歳だからという理由はあまり適切ではありません。

老化により膝関節を構成する組織がもろくなって損傷していたりすることもあります。軟骨がすり減っている、半月板が損傷しているなどのケースです。

確かにそれが原因で膝痛が起きていることもありますが、筋肉や筋膜の調整や整体によってバランスが変化することで組織の損傷がその場で治るわけではありませんが、症状が楽になることは良くあります。

体重と膝痛の関係

体重が重いと膝の負担が増えるからもっと痩せなさいと指導されることがあります。膝痛に限らず股関節痛や腰痛でも同様です。しかし、痩せていても膝痛で悩んでいる人もいます。太っていても膝痛とは無縁で暮らしている人もいます。

体重が重いこと自体は膝痛の直接の原因ではありません。しかし、たしかに体重が重ければ膝関節にかかる物理的な負担が増えることは事実です。

では膝痛で悩んでいる太っている人が痩せたら痛みが治るのか、と言えばそうとも限らないと思います。もっと本質的な原因に目を向けることが大切です。

変形性膝関節症と整体-仙台市宮城野区

膝痛で変形性膝関節症の診断を受けて来院する方もいます。膝の軟骨がすり減って関節が変形しているのです。しかし、整体で変形性膝関節症の膝痛が改善する人も多いのです。

膝痛が改善したからと言って変形している膝関節が元に戻ったわけではありません。ということは、変形した膝関節が痛みの原因ではなかったという事です。

膝関節痛に限らず、そういうことはよくある話です。

腰痛や下肢痛の分野でも、椎間板ヘルニアや椎間板の変形が神経を圧迫して痛みが生じるという考えは時代遅れになってきています。まったく腰痛や下肢痛のない健常者でも椎間板ヘルニアや腰椎の変形が当たり前のように見つかることがわかっています。

つまり画像検査に見られる骨格構造上の変形は痛みの原因とは限らない、むしろ無関係なケースも多いということです。

膝関節症の手術とプラシーボの実験

アメリカで変形性膝関節症の患者に大規模な実験をしました。実際に内視鏡で手術をしたグループと、皮膚を切開しただけで実際には手術をしなかったグループに分けたのです。

手術しなかったグループの患者には、内視鏡の手術の様子を写した映像だけ見せて手術はしていないのですが手術したと思いこませたのです。

そしてその二つのグループで、手術後の回復の様子を調べたところ、まったく回復率に差がなかったということなのです。つまり実際には手術をしていないグループの患者も回復していたのです。

整形外科医の間ではとても有名な実験だそうです。

当整体院では、変形性膝関節症は変形が必ずしも膝の痛みの原因ではないと考えています。変形そのものは治らなくとも痛みが良くなる可能性は十分にありますのであきらめないでくださいね。

膝痛の整体

日常生活の中で発生した膝痛は膝に負担がかかっている状態です。膝関節に負担をかけるような姿勢や身体の使い方をしてきた結果です。身体のバランスが不適切なバランスになっています。

仙台やすらぎの杜整体院では、多次元操体法を用いてあなたと一緒に協力して、より適切なバランスを創っていきます。

より調和の取れたバランスを取り戻します。それは外から無理やりに強制されたり教育されて作られたバランスではなく、あなたの身体の内側から導き出されるものなのです。そこが一般的な整体ともっとも異なるところです。(言葉で伝えるのが難しい部分でもあります)

仙台やすらぎの杜整体院の整体(多次元操体法)

あなたの感覚を最大限に尊重しながらあなたの身体と対話します。身体に答えが存在します。身体から教えてもらいます。そんな整体を行っています。

以下に、膝痛のクライアントさんに対してどんなことに着目して整体を行っているのか書いてみます。

足首・足指の整体

足首は全身の土台になります。家で言えば基礎です。基礎工事がしっかりしていないと柱が傾きます。足首が歪んでいると膝関節にも負担がかかります。

足関節の下にはたくさんの骨があります。実はくるぶしから下に全身の骨の1/4が集まっています。なぜそれだけの骨があるかというと、バランスを取るのに必要だからこそそのような構造になっているわけです。

現代人は足指や足の甲も固くなっている人が多いです。本来の動きを取り戻すと膝関節や全身のバランスも良くなります。

下肢と骨盤のバランス

膝痛の人は膝関節そのものが悪いと言うよりも、下肢と骨盤のバランスが悪いので、膝関節に必要以上の負担がかかってしまっています。ですからそのバランスを直すのです。

骨格のバランス、筋筋膜のバランスを整えます。

骨盤の調整

骨盤の状態も丁寧にチェックして調整します。膝の痛みが骨盤の調整だけで改善する人も結構います。

脊柱の調整

脊柱、肩甲骨、鎖骨、肋骨、上肢。膝の痛みとは直接関係なさそうな部位もしっかり見ていきます。膝関節だけでなく、全身の骨格や筋筋膜のバランスが調和することで膝の痛みも快方に向かいます。

頸椎の歪みの調整

頸椎や頭部の調整も行います。骨格的なバランスもありますが、自律神経のバランスを整えていきます。回復しやすい身体の状態があります。緊張が強く自律神経が興奮している状態ですとなかなか身体が回復モードになっていきません。

心身共にリラックスして、自然と身体が回復しやすいモードになるように自律神経の調整も行っていきます。

膝関節痛と糖化の関係-仙台やすらぎの杜整体院

最後に、膝関節の痛みでお悩みの方にお伝えしたいことがあります。それは整体の施術だけではどうにもならないケースもあるということです。それはどんなケース化というと、食生活の問題が関係しているケースです。

つまり栄養面のトラブルを抱えているケースです。人間の身体は食べ物から摂る栄養で構成されています。関節痛などの整形外科疾患も実は栄養が非常に関係しているのです。

甘いものや炭水化物などの糖質の過剰摂取を繰り返してきた方は、関節痛の痛みが強く出ます。そして回復しにくい傾向があります。これは私の臨床経験上実感していることです。そのような場合には、整体と併せて食改善をして頂くことでより効果を実感しやすくなると思います。

膝痛の整体体験談

整体で膝痛が改善したクライアント様の体験談を紹介致します。

仙台整体口コミ(腰痛、膝痛)

こんなに優しい整体があるのかと思いました

【門間 すみ江様 会社役員 遠田郡】

■どんな症状で悩んでいましたか?

腰痛、膝痛

■整体を受ける前は、整体についてどんなイメージや不安がありましたか?

ぽきぽき、痛い。

■なぜ数ある治療院から当院を選んで頂けましたか?実際に来院していかがでしたか?

ぽきぽきしないということを聞いて、実際に来院してみて、こんなに優しい整体があるのかと思いました。

■施術を受ける前と受けた後の変化はどうですか?

痛みのある部分だけではなく心が軽くなるように思えます。手を添えて頂いているような優しい整体ですが本当に痛みがなくなって来ました。現在は整形(外科)からの薬も服用していません。

■他の治療院や医療機関とはどう違いましたか?

シップや薬で症状を抑えているだけでしたので、痛みが出るのがとても怖いと思ってましたが、上川名先生が施術をしながら色々と自分の身体についてお話してくださることがとても役立っています。(自分の身体を知るという)

■来院を検討している方に一言メッセージをお願いしますm(__)m

他の治療院や病院とは違い、自分の身体のくせのようなものを自分で知ることもでき、教えていただけること。心も安らぎます。

目には見えないとても良い波動の様なものが治療院の中にある様に感じました。