足首捻挫の対処法と整体方法について解説します。

私も足首の捻挫経験があります。段差で足をくじいてその時はそれほど痛くなかったので放っておきましたら、数時間後にものすごく痛みが増してびっくりしたことがあります。

時間の経過とともにどんどん痛くなって地面に足が付けないんです。歩けなくなりました。今なら落ち着いて対処できますけど、大学生の頃で捻挫に対する知識もありませんからとても焦りました。

このページでは捻挫した時の対処法と整体のアプローチについて書いてみます。

 

 

  • 足首を自分で曲げると痛い
  • 足首を他人に曲げられると痛い
  • 過去に捻挫をして治ったはずなのに動きが悪い
  • 捻挫の痛みは治ったけど違和感が残っている
  • 体重をかけると足首に痛みがある

足首捻挫と炎症反応

足首捻挫した後に患部に熱を持ったり痛みが増すのは炎症が起きているからです。炎症反応の意味を知ることで正しい対処法が見えてきます。まずは一般的な対処法から紹介します。

一般的な対処法

一般的には捻挫をしたらまず冷やすのが常識です。炎症が起きて痛いから冷やすことで炎症を鎮めるのです。

スポーツをしていて捻挫等をしてコールドスプレーを吹きかけたり、氷を当てて冷やすシーンなどを見たことがあるかと思います。

「炎症=痛い=悪いもの」と考えがちですので、一般的には冷やすことが正しい対処法となります。

炎症の意味

生体にとって炎症反応は意味があることです。炎症を起こして傷めた組織を早く修復しようとしているのです。血液が患部に集まります。発痛物質も放出されますから、痛みや熱感も伴います。

痛みは不快な反応ですので、普通は早く鎮めたくなるものですが、身体の言い分をちょっと聞いてみましょう。

捻挫は内部の靭帯などを損傷しています。そのままの状態で歩いたら治りにくいので、むやみに歩けないように痛みを出して体を守ってくれているのです。

その間にいろいろと修復工事を進めようというわけです。痛いというのは身体の回復反応が起きているわけでもあるのです。

でも痛いのは嫌なので冷やすと炎症が鎮まって楽になります。でも少しだけ回復が遅れることになります。

足首捻挫と整体

足首の捻挫を早く治すコツ

我慢できる痛みであれば、捻挫の患部を冷やさない方が早く治ります。だけど、じっとしていても激痛に襲われるようならば冷やした方が良いです。

歩いたり、体重をかけると痛いけど負担をかけなければ痛みがないような場合はお風呂にも入って温めると治りが良くなります。

蒸しタオルを患部に当てるのも効果的です。でも温めると痛みも増す可能性がありますので,、行なう場合には自己責任でやってみてください。

足首捻挫の整体

傷めた度合いにもよりますが、整体をすると早く良くなったりその場で痛みが劇的に良くなることもあります。

当院は基本的に慢性症状の施術を得意としています。捻挫は急性痛ですので苦手かというとそういうわけではなくて早く回復するようなお手伝いは出来ます。

しかし、その場で激痛を治してくださいというのは難しいと思います。

自力で歩けないほどの激痛の場合はまずは、スポーツ障害や急性の痛みが得意な接骨院などで診てもらうとよいと思います。

当院ではアイシング処置やテーピング治療などは行っていないので、そういう治療を望んでいる方は整骨院に相談してみてくださいね。

当院では、自力で歩けるけどなんか違和感がある、とか足を付くと痛い、などの症状には対応可能です。急性期の施術も出来ますが、その場で痛みがぱっとなくなるわけではないのでご了承ください。早く回復するお手伝いは可能です。

捻挫の後遺症

むしろ得意としているのは、捻挫の後遺症への整体です。

以前に捻挫して痛みは治っているはずなのに、違和感や鈍い痛みが残っている場合など。そういうケースでしたら足首だけでなく、足指や足の骨のバランス、膝や股関節とのバランスなどなど、全身との関連を考慮して施術します。

実際、捻挫をして来院する人は少ないです。他の症状で来院してて足首のバランスや動きが左右で違っていたり、関節の可動域制限があったりする人に聞いてみると過去に捻挫をして、痛みは治ったけれど動きが悪い状態が残っている人が結構多いんですよね。

そのような場合に、足首の整体をすると案外ちょっとしたことで動きが劇的に良くなるということも結構あるんです。

病院などでは捻挫の痛みを速やかに治める処置をしてくれると思いますが、歪みはそのままになってしまっていることも結構あります。

過去の捻挫の後遺症の影響が、膝や股関節、骨盤や脊柱など上半身に影響していることもあります。

片方の肩がいつもこりやすい、という原因が過去の捻挫のせいで片方の足首の関節の動きに制限があって、そこから来ているなんてこともあるわけです。

だから炎症が鎮まって痛みがなくなった後も注意が必要なんですね。

ぎっくり腰でも寝違えでも捻挫でも急性期に出来ることは限られます。身体が痛みを出して守ってくれている時期なのでそういう時は下手に余計なことはしない方がいいのです。よりデリケートに繊細に細胞に働きかける施術をします。

自力で何とか来院できるくらいの方であれば急性期でも、回復期でも、後遺症にお悩みの方でも対応可能です。

(2016年7月)