「音楽家・ダンサーのコンディショニング整体」の記事一覧

クリスタルボウルと操体法

整体(多次元操体法)の臨床 音楽家・ダンサーのコンディショニング整体

クリスタルボウルと操体法の相性 宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。当院では院内でクリスタルボウルのCDを流しています。仙台市在住で全国で演奏活動を続けている遠藤園子さんの祈りというタイトルのCDです。 いろいろなヒーリングミュージックを流してきたのですが、BGMの個性が強すぎると施術の邪魔になったり飽きたりしてしまいます。ところが園子さんのCDはずっと流していても飽きないし施術の邪魔になりません。 むしろ整体の施術効果が高まったり、私の整体よりクリスタルボウルの効果で良くなっているんじゃないか?と思ってしまうくらいです(笑)耳で聴くのじゃなくて細胞に直接作用するんです。 操体法とクリスタルボウルはとっても相性がよいと感じています。 そんな遠藤園子さんとは過去に数回、クリスタルボウル&多次元操体法ワークショップと名付けてコラボワークショップを開催しました。 昨年当院でコラボワークショップをしたときに参加してくれたクライアントのTさんが、園子さんのファンになりその後演奏会に頻繁に足を運ぶようになりました。 さらにTさんはクリスタルボウルにも興味を持って、園子さんのクリスタルボウルの演奏講座も受講してマイボウルもゲットしました。今日はそのTさんが整体を受けに来てくれました。 Tさんは気が向いたときに予約して来てくれて、かれこれ7~8年前から当院の整体を受けてくださっています。最近は奥様も一緒に来てくれています。 今日は午前中の最後のご予約で、最初Tさんの施術をして次に奥様の施術をしました。奥様の施術も終わり最後に光線療法をしているときに、ご主人が車からマイクリスタ・・・

マリンバ奏者と多次元操体法

音楽家・ダンサーのコンディショニング整体

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 マリンバ奏者の整体症例です。音大を出てプロのマリンバ演奏家として活動されている二十代の男性です。通院しているお母様のご紹介で来院されました。今回は二度目の来院です。一度目の来院時に体の変化を体感されて「全然違う!」と喜んで頂きました。 マリンバと整体 私はマリンバという楽器についてほとんど何も知らなくて、マリンバと聞いた時にどんな楽器なのかイメージできませんでした。「木琴の大きいやつ」と言われてようやくイメージが湧きました。 マリンバという楽器 ネットで調べてみるとかなり大きいんですね。小学生や中学生の時に音楽の時間に木琴を触った記憶がありますが、マリンバはかなり木琴と比べてデカいです。木琴を叩くバチ的なものを木琴の鍵盤?にちゃんと当てるのが大変でした。 そのバチを「マレット」と言うそうで、実際に見せてもらいました。何と、驚くことに片手に二本ずつ、両手に四本持って演奏するのだそうです。音楽の時間に左右に一本ずつ持って演奏の練習をしてうまくできずに気が狂いそうになった記憶があります。 左右に二本ずつ持って演奏するなんて想像が出来ません。しかも、片手に持った二本の幅は一定ではなく二本の幅をコントロールしながら演奏するということを聞いてびっくりしました。想像するだけで手が攣りそうです。 前腕や手首にかなり負担がかかるということがわかりました。マレットの大きさもそれぞれ違っていて左手に持つものは重く、右手に持つものは軽く作られているのです。とても繊細な技術を要する楽器であると同時に、かなり全身も使うこともわかりました。 楽器演奏と整体(操・・・

オペラの発声と身体のバランス

音楽家・ダンサーのコンディショニング整体

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 昨夜オペラを観に行ってきました。 初のオペラ鑑賞です♪ 幼稚園に通う三男がオペラの舞台に立つことになりその晴れ舞台を見に行ってきました。通っている幼稚園が音楽教育に力を入れているところでして、長男も次男も同じ幼稚園に通いました。その影響か彼らはとても音感に優れています。 中学生の長男は趣味で最近ギターとハーモニカをいじり始めたのですが独学でどんどん上達中です。小学生の次男は毎日家の中で何かしら歌を熱唱しています。 さて、昨日の舞台ですが三男君も見事に歌っていました。幼稚園から選ばれた何人かでイタリア語の歌を合唱しました。数百人の前で堂々と歌っていました。大したもんです。私は物心ついたときから人前に立つのが大の苦手でしたから純粋に凄いなぁと思います。 子供の合唱は演目の中の一つであり、当然ながらメインはプロの声楽家の人達です。 出演者のプロフィールを見ると、プロの人の他に音大を出て今でも他の仕事をしながら声楽を続けている人達や音楽教室の先生なども出ていました。その中で圧倒的な声量を誇るプロの女性がいました。 その女性と他に三人が一緒に舞台に立ってるのですが、他の三人が束になってもその女性の声には敵わないくらい物凄い声量と迫力でした。オペラの舞台はマイクを使わない肉声の生歌です。だからその人の発声した声がすべてです。 当然ながら喉だけじゃなくて全身を使って発声しているのが素人の私にもわかりました。会場のホールの空気を震わせていました。人の声ってこんなにも凄いエネルギーがあるのか、と思いました。 もちろん出演者それぞれ皆さんお上手で素敵・・・

大人になってバレエを始めた方の整体

音楽家・ダンサーのコンディショニング整体

バレエのパフォーマンス向上の為の整体 バレエと言えば子供の頃から始めるもの、なんてイメージがありましたが大人になってからバレエを始める方も増えているようです。 当院に定期的に通っているクライアントさんもその一人です。バレエのブログも初めてそれがブログランキングの上位になったりしてかなり精力的にバレエに取組まれています。 週に数回バレエのレッスンを受けられていて、当院には毎週通院しながらその時々で気になっているところが改善するようにお手伝いをしています。 今回は、左右でバレエのポーズを取った時の違いがあるのでそこに焦点を置きながら整体で調整してみました。 ポーズの名前は忘れちゃいましたが、いわゆる片足を曲げて片足で立つバレリーナっぽいポーズです(^_^;) 左脚を軸にしたときにはしっかり安定するのですが、右足を軸にするとグラグラと体幹がグラつきます。試しに私も同じようなポーズを取って立ってみると右のわき腹のあたりに負担を感じました。 そこで、クライアントさんの右わき腹が伸びるような整体をやってみようかと思ったのですが、彼女の場合は逆に左わき腹の緊張が強いことがわかりましたので、その辺りが伸びるような操法を試してみました。 それで再度ベッドの横に立ってもらうと、今度はすっと安定して立てるようになりました!と言いたいところですが、やはり右脚を軸にするとグラグラ身体が揺れます。 先ほどは全体がグラグラして見えたのですが、今度は足首のあたりに不安定さを感じました。私の直観が足首だ、と言いました(^^) 直観に訊く 身体に訊く そこで、再度ベッドに仰向けになってもらって足首の底屈、背屈の動・・・

声楽家と整体-歌が上手くなる・声が出やすくなるためのアプローチ

音楽家・ダンサーのコンディショニング整体

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 今年の三月に東京から声楽家の方が来院しました。 お仕事で仙台に来られたついでに来院しました。 歌う時の声が出やすいようにしたいということでした。 以前に東京である整体を受けたところ、身体が非常に良い感じになって 声も出やすくなったそうです。 しかし、なぜかその後その整体を受けてもそのよい状態にはなれず あちこち他の整体を受けてもダメだったんだそうです。 当院では症状を追いかけずに、身体が調和するお手伝いをしていますので このような音楽家の方やダンスなどのパフォーマンス向上のための お手伝いも得意分野なのです。 三月に一度来られた時に施術後に 「まさにあの時の良い感じになった!」とても喜んで頂いたのでした。  あまりに不思議な身体の変化に良い意味で「気持ち悪い(笑)」と 絶賛して下さいました。 その後東京に帰った後も当院のセミナーを受講された先生のところで 定期的にメンテナンスを受けるようになりました。 今回また仙台でのお仕事ということで、八か月ぶりにご予約を頂きました。 翌日に仙台でコンサートで歌うので その前に調整をしておきたいということでした。 まずは足指から調整スタート。 足首や踵からバランスを整えていきます。 それだけで上半身のバランスがどんどん変化して 緊張がほどけて柔らかくなっていきました。 最後に頭蓋骨の調整。 多次元操体的にアレンジした頭蓋仙骨療法を行います。 どこの骨からアプローチされるのが良いのか、 クライアントさん本人の感覚に問いかけて決めていきます。 後頭骨-蝶形骨、側頭骨が良い感じと言うので まずは側頭骨・・・

ページの先頭へ