「椎間板ヘルニア・坐骨神経痛」の記事一覧

臀部痛の整体症例

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。臀部痛のクライアントさんの症例です。仙台市宮城野区より来院した40代女性新規クライアントさんです。 整体症例-臀部痛(お尻の痛み) 別の症状で通っている病院のお医者さんの紹介で来院しました。そのお医者さんも定期的に当院に通院して下さっています。その病院で臀部痛のことを相談したのだそうです。 「整形外科に行って痛み止めを貰って飲んでいるけどなかなかお尻の痛みが治らない」と相談したらこういう整体院がありますよ、と当院のことを紹介してくれたのだそうです。本当にありがたいです。 臀部痛の症状 臀部痛の症状としては、座っていると左のお尻が痛いので身体を傾けて座ってしまうとのことでした。左の坐骨を椅子につけると痛いのです。だから少し左のお尻を浮かせるように右のお尻に体重をかけて座る様な状態でした。 また仰向けに寝るのも辛い感じでした。足を伸ばすのも辛いので、横向きになって丸まって眠らないと眠れないのです。 問診票には「マッサージが苦手です。くすぐったいです。」と記入されていました。当院ではマッサージや揉みほぐしの施術は行いませんので安心ですね。案外こういう方は多いのです。 治療院などに行って、良かれと思ってマッサージを受けるのですがかえって痛みが強くなったり、調子が悪くなるという訴えは数多く報告を受けています。でもマッサージを否定するわけではありません。どんな治療法でもその人の身体に合わないことをするのは良くないという話です。 臀部痛の他には、子宮内膜症、子宮筋腫、生理痛、生理時の腰痛、生理不順、不妊、動悸、吐き気、肥満、アレルギーなどの症状も・・・

整体臨床例-原因不明の手足のしびれ・宮城県20代女性大学生

手や腕の痛み・しびれ 椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 手足のしびれの整体臨床例です。 手足のしびれ 20代女性。大学生です。 関東に住む叔母さんが当院HPを調べてくれて お母さんと叔母さんが一緒に付き添って来院しました。 宮城県内ですがかなり遠方からの来院です。 皆で一緒に車に乗って来院しました。 叔母さんの知り合いが昔橋本敬三先生に操体法を受けて すごく良かったというのを聞いてて操体法を 姪っ子に受けさせてみたかったとのこと。 姪が整形外科に通ってもさっぱり良くならずに 困っていたのを聞いてネットで調べて来てくれました。 手足のしびれの施術 椎間板ヘルニアの診断も受けているので安心する話もして ストレートネックとも言われているので気にしなくて大丈夫な 話もしてまずは安心してもらって施術に入ります。 だいたい手も足もしびれる場合は血行が悪いんです。 骨の問題や神経の圧迫ではなく筋肉や筋膜のトラブルなのです。 そんな話をして安心してもらった時点で 半分は施術が終わったようなものです。 後は操法を一つするごとに身体がどんどん変わって 横で見ていた叔母さんと一緒に歓声を上げてくれて 「さっきと全然違う!!」 「魔法見てるみたい!!」 と大喜びしてくれました。 座ってるだけで足がしびれて 脚を伸ばして寝れなかったのが 脚を伸ばしての楽々寝れるようになりました。 腕とかも痛くて回したり伸びたり出来なかったのが うんと楽になって「ぜーっんぜん違うっ!!!」 ってお母さんの前でも強調して喜んでくれました。 三人で遠方から来てくださってので こんなに喜んで頂けて私も嬉しかったです。 操体法って凄いな・・・

整体臨床例-椎間板ヘルニアと坐骨神経痛でもう完治しないと諦めている

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 整体臨床例です。30代男性。ぎっくり腰で当日予約で来院しました。 椎間板ヘルニアと下肢のしびれ 8年前に椎間板ヘルニアの診断を受け、以来ずっと左脚はしびれた状態が続いているそうです。 手術も勧められているそうです。でも断って薬も飲まずに過ごしていますが、ずっと臀部痛と下肢痛としびれは続いています。こちらはもう完治しないものと諦めているそうです。 年に数回腰痛がひどくなり、マッサージを受けると楽になるというのを繰り返しています。 二週間前から腰に違和感があって、昨日腰痛がひどくなったので市内のリラクゼーションサロンで施術を受けたらもっとひどくなって今朝からは起きれないくらいに腰痛がひどくなりました。 整形外科に行こうとしたけど痛み止めと湿布の処方になるだろうからと、ネットで探して来院されました。 ぎっくり腰の整体施術 ぎっくり腰のクライアント特有の腰がくの字に折れ曲がって苦しそうな姿勢をしています。座ったり立ったりするときに腰に痛みが走ります。 ぎっくり腰に対する整体の説明をして、この方は坐骨神経痛も長年抱えていましたので(しかも椎間板ヘルニアのせいだと思っていましたので)、そちらについても詳しく説明をしました。 納得のいく説明を受けると脳も身体も安心するものです。諦めている坐骨神経痛も良くなる可能性も十分にあることもお伝えしました。 今日はぎっくり腰の激痛が少しでも楽になるようにと整体をしていきます。 脊柱圧操法 左右の膝倒し検査をするとどちらも非常に可動域が狭い状態です。痛くて動かせないのです。身体はどちらにもひねりたくないとい・・・

整体臨床例-椎間板ヘルニアの陸上部高校生

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 椎間板ヘルニアの診断を受けて来院した陸上部の高校生の整体臨床例です。 陸上部で長距離走の選手をしています。 左臀部のしびれと左ハムストリングの痛みがあり、整形外科で検査を受けたところ軽度の椎間板ヘルニアと診断を受けました。治療は鎮痛剤としびれの薬。 二軒の整形外科を受診して、それぞれ二週間分ずつ薬を飲みましたが改善せずにネットでホームページを検索してお母さんと一緒に福島県の会津からわざわざ来院しました。 筋肉や筋膜のトラブルであるということと、身体全体のバランスが調和することで身体の治癒力を引き出すお話をしました。とても納得して安心してくれたようです。 整体施術は、三軸操体法で骨盤のねじれを解消したらその効果にお母さんと一緒に驚いていました。お母さんは「目からウロコです」とのこと。 原因にしっかりアプローチすれば短時間で瞬時に身体が変化します。そしてその後の経過も良くなります。 仰向けで三軸膝倒し操法 うつ伏せで左仙腸関節の調整 再度仰向けで膝倒し逆モーション操法 結局三つほど操法をしただけですが 身体がかなり変化して本人もお母さんもびっくりしていました。 土曜日、祝日の整体予約が混み合っているのですが、土曜日や祝日しか来れないのでまた予約を入れて帰られました。 遠くから来てくれましたけど通院も大変ですから、出来るだけ自分でできることも覚えてもらいたいと思います。自分でケアを出来るようになると効果もより長持ちしますし、自己調整も可能になります。 腰痛や下肢痛の状態も、身体の可動域も本人やお母さんが思っているほどには(医療機関で思わ・・・

椎間板ヘルニアの手術を受けたけど痛みやしびれが治らない理由

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 椎間板ヘルニアの手術を受けたけれど脚の痛みやしびれが治らない、違和感が続いているということでお問い合わせを頂いたり、来院する人がいらっしゃいます。 椎間板ヘルニアが、本当にしびれや下肢痛や腰痛の原因であるならば手術で治るはずなのですが、手術を受けても治らない人も実際にたくさんいます。 椎間板ヘルニアと腰痛はほとんど無関係 ヘルニアと腰痛はほとんど無関係である、という説も今ではだいぶ広まってきました。 健常者(腰痛や下肢痛がない人)数百人と、腰痛患者数百人をMRIで検査しても脊柱の病変が見つかる確率は変わらないと言われています。むしろ項目によっては健常者グループの方に病変が多く見つかることさえあります。 やすらぎの杜整体院ではそういう内容を10年以上前から伝えてきていますが、以前はなかなか信じてもらえなかったりしました。最近はNHKで特集が組まれたり、雑誌や本でも新しい情報がたくさん出ているのでより伝えやすくなりました。 しかし、未だに腰痛や下肢痛で近所の整形外科などに行くと「椎間板がつぶれている」「ヘルニアがある」などと言われ、それが症状の原因として伝えられるケースが多いです。 整体をすれば何でもかんでも治るわけではありませんが、病院に通っていてもなかなか良くならない場合にはよりよいお手伝いが出来る可能性が高いです。 しかし、病院に通って鎮痛剤や湿布などを使っている期間が長い人ほどより治りにくい傾向があります。ヘルニアが痛みの原因だと信じ込んでしまっている場合や、痛め止めの薬の副作用で治癒力が低下してしまっている場合には時間がかか・・・

椎間板ヘルニアの診断と整体について

整体(多次元操体法)の臨床 椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 椎間板ヘルニアの診断 臀部痛、下肢痛、脚のしびれなどで整形外科に行って 椎間板ヘルニアの診断を受けたとします。 鎮痛剤や湿布を処方されて、毎日食後に痛め止めを飲み 湿布を貼って過ごします。 なるべく安静にするように指示されますから 当然運動などは出来ません。 そうして恐る恐る生活しているうちに 症状がどんどん悪化していきます。 そんな状況で整体院に予約の電話をしてくる人が とてもたくさんいらっしゃいます。 こういう人には整体をする前に まず脳の情報を入れ替えてもらう必要があります。 椎間板ヘルニアのせいで痛い。 椎間板ヘルニアのせいで脚がしびれる。 そのように信じ込んでいますから 必ずしもそうではない、むしろそうではない場合が 圧倒的に多いということを理解してもらいます。 しかし、整体師の私よりも医師の意見の方を信じやすいので すぐに理解してもらえないことも多いです。 なので、本や雑誌の資料を見せながら話します。 そうすると伝わりやすいです。 最近は新しい考えに基づいて治療をしている医師も増えていますし そういう本も出版されているので説明がしやすくなりました。 何が原因なのか? ヘルニアが痛みの原因でないとすれば何が原因なのか? というところから詳しく説明してそれで納得して脳が安心すると、 その時点で回復のスイッチが入ります。 治る希望が湧いてくるからです。 そもそも特に大きなけがもしていないのに 歩けないくらいほどの痛みやしびれに襲われるってことは よっぽど何かがおかしいのです。 そのおかしいところを整える必要があります。 謙虚・・・

整体臨床例-椎間板ヘルニアの診断を受けた腰痛、臀部痛、下肢痛

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 右側の腰痛、臀部痛、下肢痛で整形外科で腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けた30代女性の整体臨床例を紹介します。 鎮痛剤を一日三回飲んでいましたが、整体を受けるたびに症状が改善して6回通院した後には完全に鎮痛剤をやめることができました。お医者さんもびっくりしていたそうです。 実はこの方、以前にも同様の症状で病院に行ってその時は半年くらいかかったのが、今回は整体に通ってお医者さんも驚くほどに早く改善してとても喜んでくださいました。 現在は腰痛、臀部痛、下肢痛ともすっかり良くなって日常生活は問題なく過ごせています。鎮痛剤もすっかりやめられました。 子育てや家事の疲れもありますから、肩こりもひどいので現在は三週間に一度メンテナンス通院を継続されています。施術を受けるととても楽になるということで継続して通院しています。 痛みは出ていないけれどお体を拝見するとやはり可動域制限や歪みもありますので、それを操体法で改善していくと動きも自由になり体もとても楽になります。 症状を追いかけるのではなく元のバランスが調和するようにお手伝いをしています。

ページの先頭へ