多次元操体理論は人間を多次元的にとらえた当整体院独自の整体理論です!

多次元操体理論

多次元操体理論とは、物理的身体の構造バランスのみならず、エネルギー的身体のバランスをも自然の法則と調和させていくための方法論です。

「操体法の哲学」による自然治癒のメカニズムと、「引き寄せの法則」による人生の意図的創造の方法論を私が独自に融合させたものでもあります。

多次元操体理論を活用することで、肉体的健康と精神的健康の両立と、幸せな人生の実現が可能になります。

多次元操体理論誕生秘話

多次元操体理論は、2007年9月に私が一人操体をやっている最中に、突如直観でひらめいたものです。

自分の身体を3次元のそれぞれの次元に分けてみました。
0次元=点、1次元=線、2次元=面、3次元=立体。そしてそれぞれの次元に対する快適感覚を味わってみたのです。
そうするとその時により、自分の快適さが感じられる次元が異なることに気が付きました。

また、各個人により快適さを求めている次元がそのときにより異なるのであれば、その時点で快を求めている次元で快適感覚を味わうことこそが操体法の極意ではないかと気づいたのです。

治療法としての操体法は全国に広まっていますが、全国の先生方の熱心な研究により、操体操法も年々進化しています。
古くから存在する(主に全国に広まっている)基本操法で快適さを味わうことが出来ない人も、各種応用操体操法を活用することで、快適さ味わうと共に症状の改善を体験します。

さらに私は、操体法としての枠に捉われることなく、
操体の自然哲学を肉体的・精神的各次元に活用できるのではないかと考えました。

最初は0~3次元の物質的肉体のレベルの理論(多次元整体理論)でしたが、様々な考察を重ね、微細エネルギー的身体をも含め、現在では0~7次元に対応できるものとなっています。

多次元操体理論

多次元操体理論は、快適感覚を味わうことで治癒の方向へ進むという操体法の哲学を肉体的・精神的各次元に応用したものです。
その人が快を要求している次元で快適感覚を味わうことがポイントです。
そして深く味わうほどにその効果は他の次元にも及びます。

  • ■0次元(点)
    物理的身体:ツボ
    対応する療法等:トリガーポイント療法・指圧・鍼治療等
    効果的な操体法の操法:圧痛操法・コリ操法
  • ■1次元(線)
    物理的身体:筋肉繊維
    対応する療法等:ストレッチング・PNF・マッスルエナジーテクニック等
    効果的な操体法の操法:局所的な基本操法
  • ■2次元(面)
    物理的身体:皮膚・筋膜
    対応する療法等:オステオパシーの筋膜系アプローチ・筋,筋膜リリース等
    効果的な操体法の操法:皮膚操法・筋膜操法
  • ■3次元(立体)
    物理的身体:筋・骨格系バランス
    対応する療法等:カイロプラクティック・各種整体法等
    効果的な操体法の操法:全身的基本操法・連動操法・三軸操体法
  • ■4次元(氣・チャクラ・経絡)
    エネルギー的身体:エーテル体
    対応する療法等:気功・各種ヒーリング・経絡治療等
    効果的な操体法の操法:ゆらし操法・静の操体(余韻の操体)
  • ■5次元(感情・気分)
    エネルギー的身体:アストラル体
    対応する療法等:EFT・TFT・FAPなどのタッピングセラピー、トントン操体、エネルギー療法等
    効果的なアプローチ方法:感情のナビゲーションシステムの活用
  • ■6次元(思考・想念・精神)
    エネルギー的身体:メンタル体
    対応する療法等:イメージトレーニング・各種メンタルセラピー等
    効果的なアプローチ方法:思考の意識的選択
  • ■7次元(内なる自己・ハイアーセルフ・高次の自分)
    エネルギー的身体:コーザル体
    対応する療法(?)等:スピリチュアルな気づき・自己実現等
    効果的なアプローチ方法:真の欲求や使命の気づき・愛・感謝

※次元が高くなるほどに周波数は密、低くなるほどに周波数は粗になります。
※次元が高くなるほどにエネルギー的、次元が低くなるほどに物質的性質を示します。

※次元が高くなるほどに精神的、次元が低くなるほどに肉体的性質を示します。
(高次元、低次元は単に周波数の高い・低いということであり、どちらが上とかレベルが高い・低いという話ではありません)

※多次元操体理論は、各種手技療法、操体法、整体法、神智学、ヒーリング、引き寄せの法則などの情報を基に、私が考察し組み立てた理論であり一つの仮説であることをご了承ください。
(これが唯一絶対などというつもりは毛頭ございません^^)

※次元ごとの対応する療法はその次元だけに効果が限定されるものでもありません。
次元と対応する療法の関係はあくまでも私の解釈によるものです。

引き寄せの法則とは

このページで随所に出てくる引き寄せの法則に関して簡単に説明します。

引き寄せの法則とは、自分の目の前の現実(自分が経験する出来事)はすべて自分の思考の波動により引き寄せられてくるものであるという宇宙の法則のことです。

  • 念ずれば花開く
  • 類は友を呼ぶ

これらの古くから言われてきた言葉も引き寄せの法則の一部を表すものです。
引き寄せの法則はどんな人にも公平に働いている強力で確実な法則です。
しかし、ほとんどの人はその法則を知らずに生活しているか、知ってはいてもそんなに強力なものだとは考えていません。

歴史上の偉大な人物や、世の中の成功者はこの引き寄せの法則を理解し、活用してきたといわれています。
成功哲学の研究が盛んなアメリカでは、マーフィー、ナポレオン・ヒル、アール・ナイチンゲール、カーネギー、ジェームズ・アレン、ワトルズなどの書籍が有名です。

日本でも中村天風さん、船井幸雄さん、七田眞さん、小林正観さん、斎藤一人さん、浅見帆帆子さんなどの本を読むと、同様の法則について書かれています。
その他、多数の著名人が引き寄せの法則について書いたり話したりしています。

私も多数の関連書を読んで実践してきたのですが、ヒックス夫妻の書いた「サラとソロモン」を読んで目からウロコが落ちました。

それは自分の感情をナビゲーションシステムとして活用しながら思考や関心を向ける対象を意識的に選択するというものでした。

感情というものがいかに大切で重要な役割を担っているかということがわかったのです。
(ほとんどの人がその重要さを知らずに感情に振り回されて生活しています。)

そして同時に、引き寄せの法則における「思考と感情と人生の経験の関係」が、操体法における「身体刺激と原始感覚と症状の関係」とまったく同一の相似像をなしているということに気がついたのです。

操体哲学も引き寄せの法則も自然の法則を表すものですから、共通していることがあってもおかしくはないのですが、あまりに似通っていたのでこれは面白いと思い、何とか操体法と引き寄せの法則を融合して活用していきたいと思ったのでした。

そんなことを毎日考えていたときに、多次元操体理論がひらめいたのでした。

多次元操体理論の活用法

上に紹介した多次元操体理論の「各次元に対応する療法等」に様々な療法やセラピーを挙げていますが、その療法やセラピーを受けたときに、対応している次元で「快適感覚」を味わうことが出来れば、なんらかの肉体的・精神的な良い変化が訪れるものと考えています。

反対に「不快な感覚」を味わえば症状は悪化します。

一方、その人の肉体や精神が求めている次元と異なる次元で治療やセラピーを受けたとしても、たいした効果は期待できません。
異なる二人の人が、同じ症状で同じ治療を受けても効果がまったく異なるのは、そういう理由によるものです。

例えば、「あの人にはあの治療が効いたけど、私には効かなかった」
「この前はあのセラピーを受けてよかったけど、今回はそうでもなかった」
などという経験があるとすれば、それは快を求めている次元が異なっていたか、もしくは快適感覚を味わえなかったかのどちらかです。

自分の肉体と精神が求めている次元で快を味わうことが肉体的、精神的健康への道しるべになります。
その選択さえ誤らなければ、どんな療法でも効果が期待できると考えています。

仙台やすらぎの杜整体院と多次元操体理論

上の表を良く見ていただくと、各次元により効果的な療法やセラピーが書かれています。
一つの療法を挙げてもその専門家になるのに長年の年月と経験を必要とするものも多くあります。

私は最初、多次元操体理論と各次元に効果的な療法を整理しながら、一生かけてこれらの療法(ツール)を一つずつ学んでいこうと考えていました。
(過去に学んだものや日常的に活用しているものもあります。)
しかし、あるとき必要なツールはすでに手元に与えられているという事実に気がつきました。

0~4次元は操体法が、5~7次元は引き寄せの法則がそのまま適用できるという、まさにぴったりと当てはまる事実に気がついて大きな驚きと喜びを感じたのでした。

操体法と引き寄せの法則に関する情報と経験を自ら引き寄せ、そして両者の理論は自然の法則を表現するものであり、まったく同一のメカニズムを表していることに気がついたのです。

それにしても操体法の守備範囲というか、応用可能な次元の広さ(0~4次元)に驚きもしました。
さらに5~7次元の引き寄せの法則に基づくアプローチ方法こそが、「想の操体」つまり「精神の操体」ともいうべきものであり、「操体法」・「引き寄せの法則」と言葉は違えども個人に関する全ての次元で操体的アプローチが有効であることがわかりました。

「灯台下暗し」、「幸福の青い鳥を探すチルチルとミチル」ではないですけど、操体哲学がすべての次元に応用可能な素晴らしい健康・幸せツールであるということに改めて気づくことが出来ました。

多次元操体理論はまだ荒削りな部分もありますが、気づいた部分は修正しながら、さらに深く追究し発展させていきたいと思います。

仙台やすらぎの杜整体院は多次元操体理論を基に、「心と身体と魂の健康」と「幸せな人生の実現」のお手伝いをしていきます。

多次元操体理論と今後の課題

ある次元への刺激が他の次元にどう影響を与えるのか、ということにも興味があります。
もちろん、影響は他の次元へ及ぶことは経験上わかっています。

例えば、骨格の歪みが解消した結果(3次元)、コリが消失したり(0次元)、筋肉の緊張が緩和したり(1次元)ということはよくあることです。

厳密に言えば、0~2次元は概念上のもので(面積を持たない点や、幅を持たない線などは存在しない)、実際にはよりミクロ的に見ていくとコリも筋繊維も皮膚も3次元の立体構造を為しているので、この場合は同一次元(3次元)内の話であり、他の次元に影響を及ぼしているというわけではありません。

しかし、ネガティブな感情(5次元)が解消した結果、肉体症状(3次元)がなくなったり、筋肉の緊張がリリース(3次元)すると同時に涙があふれてきたり(5次元)、記憶がよみがえったり(6次元)というケースもあります。

各次元の活動はお互いに影響を及ぼしあっていると考えたほうが自然です。(同時相関相補作用)
より詳しく相関作用を調べていけたらと思っています。

また、現時点での多次元操体理論は操体法における息(呼吸)・食(飲食)・動(身体動作)・想(精神活動)の4つの自己責任行動のうち、動と想についての理論です。
つまり生命エネルギーの出力(アウトプット)に関するものです。
息と食はエネルギーの入力(インプット)ですから、これらの活動との相関関係も明らかにしていきたいです。

操体法 引き寄せの法則 おすすめ関連書

多次元操体理論の内容をさらに詳しく知りたい方は、「引き寄せの法則」と「操体法の哲学」の関連書を読んでいただくと、私のお伝えしたいことがより理解しやすいと思います。
(このページだけで全貌を理解していただくのはとうてい不可能です。)

通常の施術においては、多次元操体理論のことを口に出すことはほとんどありません。
(理論の理解と症状の回復とは直接関係ありません。ただ快適さを味わえば良くなるようになっています。)
興味がある方には詳しく解説いたしますのでお気軽にお尋ね下さい。