宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

「ここに通えば私は良くなっていきますか?」
さあ、どうでしょうね。

「先生の言うとおりにすれば治りますかね?」
言うとおりにしてもしなくてもどっちでもいいですよ。

「私はどうしたら良いのでしょうか?」
どうしたらいいでしょうね?

「いろんな情報があって何が正しいのかわからない」
何でも試してみないとわからないですよね。

「今までの知識や経験をぜんぶ捨てていいんですかね?」
捨ててもいいし、一部残してもいいし、そのまま残してもいいけど
それを決めるのはあなたです。

「これまでいろいろやってきたけど変われなかったんです」
それはいろいろやってきたことが間違っていたか
変わりたくないか、変わる必要がないのかもしれません。

答えを他人に求めている間はずっと苦しい状態が続きます。
全部自分で選ぶ。選択に責任を持つ。その結果にも責任を持つ。
結局ぜんぶ自己責任です。

その覚悟が決まって人は自分で人生を変えられます。

誰かに頼って依存して答えを探している間は
上のような質問が続きます。

私は結構冷たく回答します。
もっと優しく回答することも出来ますけど
それはその人を欺くことになると思うので本音で回答します。

依存して答えを得ようと思っている人に対しては
とても冷たく思われるかもしれません。

それで来なくなる人はそれでいいです。
うちに通う準備が出来てないので。

でもそうやって本音で答えていると
この人二度と来ないだろうな、と思っても
自分から予約を入れて帰ったりします。

私は責任を人に押し付けたり他人のせいにしている人に対しては
だいぶ冷たいと思います。非情に突き放すこともあります。

「先生はいつも穏やかで優しそうですが怒ることあるんですか?」

って聞かれることもありますが
いつも穏やかでもないし特別優しくもないし
喜怒哀楽はあまり外に出さないけど激しい方です。

だから穏やかでいるためにストレスを貯めないようにしているし
嫌な事はしないし、セルフケアもしているし、楽しいことしたり
考えたりしているのであまりイライラしたり落ち込むことはありません。

でも、セルフメンテナンスをしていなければ
きっといつもイライラしたり怒ったりしているかもしれません。

ではそのメンテナンスはどうやって学んだかというと
いっさい学んだことはなくて全部自分の身体に訊いてやっています。

いろいろ学んだことはあまり役に立ちませんでした。

唯一、自分の身体の感覚を信じていいんだよ
という学びを得たのが操体法でした。

さらにそこから自分の感覚を頼りにしながら
多次元操体法を発展させてきました。

自分の身体に聞いてしたいようにすることが
自分にとって最適なメンテナンスになります。

さらにはそれが新しい操法として
クライアントの皆様にも提供されることも多々あります。

今自分にとって役に立っていることの大半は
自分の内側からの気づきによって得られたものです。

誰かや何かのせいにせず、誰かや何かを頼りにせず
自分の内側を見ていくといろいろな答えが得られるのです。

だから、そこに気づいて頂くようなお手伝いがしたいと思っています。