顎関節症と自律神経失調症の関係を解説します

顎関節症というと、「顎関節周辺が痛い」とか、「口が開けにくい」等の症状のほかに、「首や肩がこりやすい」「めまい」「頭痛」「だるい」など、自律神経失調症に見られるような全身の不定愁訴を訴える場合もあります。

顎関節症と一口に言っても、顎関節の問題の他に、噛み合わせの問題や、骨盤の歪みなど様々な要因が複雑に絡みあって発症している場合もあります。

実は私も下の奥歯が一本抜けているために、噛み合わせの問題を抱えており、定期的に義歯と噛み合わせの調整をしに歯医者さんに通っています。時々義歯が壊れてそのまま放置していると、食事のたびに顎関節周辺のこわばりや頭痛まで引きおこすこともあります。

自分の体で体験しているので、噛み合わせの問題は顎だけでなく、全身症状に関連しているということがよくわかります。

顎関節症による自律神経失調の症状

顎関節の不調和によって起こる全身の症状について挙げてみましょう。

顎関節の不調和による不定愁訴

  • 顎関節の周辺のこわばり
  • 口が開けにくい
  • 開口時に額関節から音がする
  • 首筋がこる
  • 頭が重い。頭痛がする。
  • めまいや吐き気がする
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛

等など、直接関係ないような症状も顎関節の不調和が関係していることもあるのです。

顎関節症と首のコリ

顎関節症で悩んでいる方は、首や肩のコリも自覚症状として持っている人が多いです。

特に奥歯の噛み合わせの状態が良くないと、食事のときに咀嚼の筋肉に余計な負担がかかります。

顎関節というのは、左右二つの関節が同時に動くという全身でも特殊な働きをしていますから、左右で異なる動きをしている場合に、左右の咀嚼筋だけでなく、首筋の筋肉にも負担がかかるのです。特に後頭部付近や胸鎖乳突筋など頚部の横の筋肉などが強く緊張し、それらの筋群が緊張すると自律神経のバランスも乱れます。

そのため、頭痛やめまい、倦怠感など、自律神経失調の症状が起こることがあります。

また、全身は筋膜や関節で繋がっていますから、頚部周辺の筋群のアンバランスが肩や腰に及ぶ場合には、肩や腰の症状として現れることもあるというわけです。

骨盤の歪みと顎関節症の関係

先ほどの場合とは、逆に骨盤の歪みや下半身のアンバランスが上半身に伝わり、顎関節症を引き起こしているケースもあります。

時々「口が開きにくい」「顎関節の調子が悪い」ということで来院される方がいます。噛み合わせ不良が原因の場合は整体では限度がありますけれど、当院では顎関節の症状の場合でも骨盤や全身のバランスを考慮して施術を行ないます。

そして、ほとんどの方に骨盤の歪みが見られますから、その歪みを正常な状態に導いてあげると、不思議と顎の痛みが取れたり、開かなかった口が開くようになったりします。当然個人差はありますが、何らかの変化は出ることが多いですね。

私が噛み合わせ調整でお世話になっている歯科医の先生は、全身と顎関節の関係を専門に研究されているのですが、その先生も「骨盤や足の歪みから顎にきているケースもありますよ」とおっしゃっています。

整体を行なうことで、顎関節の調子やその他の全身症状が改善するケースも多いですが、もちろん噛み合わせの問題を抱えている場合は専門の歯科医の治療も併用されるといいでしょう。

顎関節症 仙台やすらぎの杜整体院の見解

私自身、顎関節症を抱えています。顎関節症の治療は本当にデリケートなセンスが必要です。歯医者さんもたくさんいろんなところに行きましたけど、その先生によって意見がかなり異なります。

私の場合は義歯を入れているので、すり減ったり破損したりしますから、定期的に歯医者さんに通って調整してもらっています。放置していた期間もかなり長かったですからかなり慢性でやっかいです。また、自分でも毎日操体法を実践して全身のバランスも整えています。

ちょっとした顎関節の不調和であれば、ちょこっと整体をすれば改善したり、どの歯医者さんでもやっているようなスプリント(マウスピース)をはめているだけで治ってしまうケースもあります。

顎関節症も、症状も原因も人それぞれですから、その人に合わせた繊細な調整が必要と考えています。慢性になっている場合は特にそうです。

当院では、整体でお手伝いできる範囲で、顎関節にかかる負担を減らすお手伝いをさせていただきます。また必要な場合には専門の歯科医もご紹介させていただきます。

顎の筋肉のセルフケア

顎関節症でお悩みの方に、顎の筋肉を自分でほぐす方法をお勧めします。いろいろな本がありますがこちらの本は簡単で効果的な方法が紹介されています。

あご筋をほぐせば 健康になる! (予約の取れないドクターシリーズ)
あご筋をほぐせば 健康になる! (予約の取れないドクターシリーズ)

慢性疲労、頭痛、肩こり、背中の痛み、眼精疲労などが顎の筋肉の緊張から引き起こされます。めまいや吐き気がしたり、動悸や不安感が高まることもあるでしょう。

顎の筋肉は一度緊張するとなかなか放置しては緩んでくれません。また、身体の他の部位が緩んでも顎は緩みにくい傾向があります。だから顎は顎で単独で緊張を解放していく必要があります。

この本では、側頭筋、咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋のマッサージ&ストレッチ方法が紹介されています。簡単で効果的なので私も参考にしています。