冷え症を治して自律神経失調症を自分で治しましょう!!

自律神経失調症の患者さんの多くが冷え症を抱えています。
特に女性の自律神経失調症の場合はほとんどの方が冷え症です。
冷え症を解消していくことが自律神経失調症の改善に繋がります。

自律神経と冷え症

ストレスを感じると交感神経が優位になり、抹消の血管が収縮します。

抹消の血流が良くない状態です。
全身の血液循環が悪いので、体温が低い状態です。
体温が低いということは生命活動が活発でないということですから、さまざまな不定愁訴が現れます。

自律神経失調症と冷え症の関係

自律神経失調症の人はたいてい冷え症です。
冷えの自覚症状のあるなしにかかわらず、たいてい冷えています。

自律神経のアンバランスのせいで冷え症になるとも言えるし、冷え症のせいで自律神経失調症になるとも言えます。ニワトリが先か卵が先かという議論になってしまいますが、冷え症を治すことで自律神経のバランスが良くなることは確かです。

自律神経をコントロールするのはなかなか大変なことです。
しかし唯一、自律神経を自分の意識でコントロールする方法があります。それが呼吸です。
呼吸法については別のページを参考にしてください。

一方冷え症は食生活や運動などの生活習慣を変えることで改善可能です。 自律神経失調症の症状の大半は冷え症が良くなると改善します。
冷え症改善からはじめてみてください。

冷え性を治すための本

自律神経失調症が必ず治る本―頭痛、肩こり、めまい、動悸、不眠がらくになるヨシコ式「冷え取り術」
高木 嘉子
4837611206
自律神経失調症を冷え取りで治す本です。

足を温めて健康になる!―ココロとカラダの「冷え」をとる7つの方法
原 久子
4408106151
半身浴・呼吸法・イメージ法などを使って冷えを取り健康になります。

万病を治す冷えとり健康法
進藤 義晴
4540000721
冷えとり健康法の第一人者です。