自律神経(交感神経・副交感神経)の働きを知ると心と体の関係が見えてきます。

自律神経とは生命活動に関わる大切な神経です。
このページでは自律神経の働きについて解説します。
「病は気から」とか、「ストレスが原因で病気になる」などと言われることがありますが、自律神経の働きを知ることで、心と体の関係が理解出来ます。

自律神経とホメオスタシス

人間の体は、生命を維持するために様々な活動をしています。
例えば、心臓を動かしたり、呼吸をしたり、消化活動、体温維持などの活動です。
このような生命を維持する働きをホメオスタシス(生体の恒常状態を維持する機能)といいます。

一定のリズムで心臓を動かしたり、意識せずとも呼吸をくり返したり、食べたものを自動的に消化してくれたり、体温を一定に維持してくれたりするのは、ホメオスタシスのはたらきなのです。
このホメオスタシスを保つために全身をコントロールしているのが自律神経です。

自律神経とは

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。

交感神経は「活動する神経」です。人が仕事をしたり、運動をするときに優位に働きます。
精神活動を活発にし、心臓の鼓動を速めたり、血圧を高めたりします。

副交感神経は、交感神経とは反対の働きをします。副交感神経は「休息のための神経」です。
睡眠をとっているときや、休息時に内臓や器官をリラックスさせる働きをします。
消化器の活動や消化液の分泌を促進する働きもします。

人間の生命活動は、この交感神経と副交感神経の2つが、かわりばんこに働いたり、休んだりすることでバランスを保っているのです。
これを自律神経の二重支配といいます。

つまりある器官に対して、交感神経が優位に働いているときは、副交感神経は抑制的に働きます。
副交感神経が優位に働いているときは、交感神経は抑制的に働きます。
体を健康に保ち、体調を維持するためには、自律神経の2つの神経の切り替えが状況に応じてスムーズに行なわれることが必要なのです。

交感神経の働き

交感神経が優位に働くと、、、

心臓は、心拍数が増加し(ドキドキする)、拍出量も増加します。驚いたときや、びっくりしたときに心臓がドキドキするのは交感神経の働きで、興奮が心臓に伝えられるためなのです。

血管は、収縮して血圧が上昇します。
心臓に栄養と酸素を運ぶための冠状血管だけは反対に拡張して心臓にたくさん血液を送りこみます。

気管、消化管の筋をゆるめて、消化液の分泌を抑えます。
緊張すると食欲がわかなくなるのはこのためですね。
瞳孔が大きく開き、汗をかきやすくなります。

交感神経の特徴としては、血圧の上昇、組織への血流増加、代謝の促進など、全身に影響が及びます。
エネルギーを消費する方向にはたらくことが特徴です。
これはストレス状態に対応するはたらきということもできます。

副交感神経の働き

副交感神経が優位に働くと、、、

瞳孔は縮小します。
唾液の分泌が促進します。
心臓のリズムはゆっくりになり、血管が拡がります。
つまりリラックスした状態ですね。
消化液の分泌を促進します。

副交感神経がはたらくと、消化吸収力が高まり、循環器系は抑制され、エネルギーが蓄積されます。