風邪を上手に引くと体質が改善します。

私は一人で整体施術を行なっていますので、風邪をひいて寝込んだら仕事を休まなくてはなりません。

しかし、ここで紹介する「裏技」を行なうようになってから、風邪で寝込むことはなくなりました。
通常は風邪をひいて熱があったら、「栄養をしっかり摂ってお風呂に入らずに寝なさい」と言われます。

私の紹介する方法は一般的な常識とはちょっと異なります。
私自身はとても効果があると信じていますが、どんな人にも効くとは限りません。
早めに薬を飲んで治すという方法があっている人もいるでしょう。
体の自然治癒力を高めて風邪を治したいという方におススメです。

風邪の症状の意味

まず始めに風邪の症状の意味について考えてみたいと思います。

風邪の症状はとてもつらいものです。
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、のどの痛み、発熱など、嫌な症状ばかりです。
風邪をひくと普通は病院に行ったり、市販の風邪薬を飲んで、風邪の症状をおさえます。
すぐに治ればよいですが、時にはなかなか症状が治まらず、長引いてしまうこともあります。

ここで体の免疫の面から風邪の症状について考えてみましょう。
体には「免疫」という自己の体を守るシステムが備わっています。体の中に風邪の菌やウイルスが侵入すると、免疫のシステムが働き、なんとかして菌やウイルスなどの悪者をやっつけようとします。

主に白血球という細胞が悪者をやっつける兵隊の働きをします。
体温が下がっていると白血球はあまり働けないので、働きやすいように体温を上昇させて一生懸命に悪者と戦います。
これが風邪のときの発熱です。

悪者と戦った死骸が鼻水や痰などになり、体の外に出されます。
咳やくしゃみをすることで異物を体から外に出そうとします。
そうして菌やウイルスが全滅すると、戦う必要がなくなりますので、体温も下がり、体も元どおりに戻ります。これが風邪が治ったということです。

風邪は体にとってありがたいこと

こうして見てみると、発熱や痛みなどの不快な風邪の諸症状は、体の中で、白血球などの免疫細胞が、一生懸命風邪の菌と戦っているために起こっているのだということが解ります。

白血球が一生懸命戦っているときに風邪薬を飲むとどういうことが起こるか?
白血球は戦うことをやめてしまいます。戦争が一時休戦になりますから、風邪のつらい症状も一時的に収まります。

ところが、風邪の菌がいなくなったわけではないので、薬の効き目が切れると再び戦争が始まります。
体温が低い人や年配の方の風邪が長引く傾向にあるのは、こういうわけでずーっと菌が体の中に居すわってしまっているのです。

逆に、子供や体力のある人は風邪をひくと高熱が出ますが、案外こういう人の方が翌日にはすっきりと風邪が治っているものです。

風邪薬は風邪を治すためのものではありません。
あくまで風邪の症状を抑えるだけのものです。風邪の症状を抑えるということは、体の治ろうとする反応を一時中断するということでもあります。

このことをよく理解していないと風邪薬を飲み続けるだけで、なかなか風邪がよくなりません。仕事を休めないときなどは仕方がありませんが、薬を飲まずに暖かくして寝ていた方が早くよくなります。

風邪の予防法

私が普段から心がけていることです。

  • 体を冷やさないこと(冬は厚手の靴下、タイツ着用)
  • 手洗い・うがいをきちんとする(これは当たり前か)
  • 食べ過ぎないこと(腹八分目を守る)
  • しっかり睡眠をとる

私が風邪をひくときは、たいてい寒い所でガマンしていた時や、食べ過ぎた数日後に調子が狂うのです。ですから、特に冬は出来るだけ寒さを感じないようにしっかり防寒します。それから、食べ過ぎた時は、翌日以降の食事を減らして調整します。

そうすると、めったに風邪をひきません。
それでも寝不足や疲れがたまっていたりすると、体がだるく感じたり、なんどなく熱っぽく感じることもあります。風邪のひき始めの症状です。そんなときは次に紹介する「裏技」を行ないます。

風邪の対策法

風邪の対策法を紹介します。私が風邪気味のときに実際に行なっている方法です。
薬を否定するわけではありません。症状がつらいときには、薬を飲むこともあります。
一切薬を飲まないで治すこともあります。
どちらにせよ、風邪が治るのは自然治癒力で治るのです。

1食抜く

体調が悪いときは一食抜きます。とくに夕食は食べないようにします。どうしてもガマンできないような時は、おかずをちょっとだけつまむ程度にします。

よく噛んで食べる

食事のときに、少しの量の食べ物を、口に入れたらひたすら噛みます。口の中に固体が残っているうちは飲み込みません。一口に最低でも50~100回は噛みます。
体調が弱っているときには、唾液の消化能力も弱っているので、たくさん噛んで唾液をたくさん出すようにします。

半身浴で汗をたくさん出す

40度くらいのぬるめのお湯にみぞおちまでつかって、20~30分入浴します。熱いお湯に肩までつかると、体の表面しか温まりません。ぬるいお湯にゆっくり入浴することで、体内まで熱が浸透します。多少熱があるときも、あえて入浴して体温を上げてやります。

薬を飲まない

胃腸を空っぽにして、お風呂で体を温めて体温を上げて、きれいな水を体に補給して、あとは自然治癒力が体を治してくれることを信じて布団に入ります。

そうして翌朝目覚めると、とても体調がよく、体が軽くなります。一食抜くことで、消化にかけるエネルギーを体を治すことに集中できるのです。

風邪に限らず、なんとなく体が重く感じるときや、だるい感じがするときにも効果的です。野生の動物も、体調が悪いときには何も食べずに、熱を出して自分で治します。

人間も本来自分で治るように創られています。肩こり性の方や、疲れやすい方にもおススメの方法です。自分の自然治癒力を体感することができるでしょう。

【院長のお薦めの本】

風邪の効用 (ちくま文庫)
野口 晴哉
4480038078