ミネラルウォーターをがぶ飲みしてはいませんか?

むくみの原因は水分の摂りすぎです。
水分を控えるとむくみも解消します。

水分をたくさん摂ることが健康に良いということを主張する人が多いです。
しかし、水分の摂りすぎで健康を害してしまっている人が多いことも事実です。

自分の体質にあった水分の摂りかたをすればよいのです。

むくみと水分の摂り過ぎ

足のむくみで悩んでいる患者さんは以外に多いものです。
いろいろお話をうかがってみると、水分をしっかりと摂っている人に多いように思います。

水分をしっかり摂っているというのは、のどが渇いていないのにもかかわらず、健康のためによかれと思って水やお茶などをせっせと飲んでいる人のことです。

「お肌がみずみずしくなるように、ミネラルウォーターを飲んでいます。」
「血がサラサラになるように、寝る前にコップ1杯の水を飲んでいます。」

健康のためにわざわざ水を飲んでいるのに、かえって健康を害してしまっている人がいることも事実です。
むくみというのは水分の代謝が悪くなると起こります。
要は体の水はけが悪いということです。
体が必要としている以上に水分を摂ってしまうと、冷え性やむくみの原因になります。

「体の声」に耳を傾けてみましょう。
「のどが渇いた」というとき、体は水分を欲しています。
しょっぱいものを食べたとき、汗をかいたとき、のどが渇くことによって、「体に水分をちょうだいよ~」と訴えているのです。
そういうときに、少しずつ水を味わいながらのどの渇きをうるおしてやればよいのです。

「水分を1日2リットル以上摂りましょう」
「水分をたくさん摂ると血液がさらさらになる」

それがすべての人にあてはまるわけではないのです。

水分を必要としている体質の人は、たくさん水分をとってよいのですが、誰でも彼でも水分をたくさん摂ればよいのではありません。むくみや冷えでお悩みの方は、一度水分の摂りすぎに注意してみてください。
きっと翌日からすっきり感を体感できることでしょう。

こんな人は要注意です!

  • ペットボトルのがぶ飲みをする
  • 寝る前・起床時にコップ一杯の水を飲む習慣がある
  • お茶が好き
  • 果物が好き

【院長のお薦めの本】

「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい―細胞が元気になる根本治療法
石原 結實
4837920861

※水分の摂りすぎはむくみの大きな原因になりますが、すべてのむくみの原因が水分の摂りすぎなわけではありません。