アーティストの整体施術

当日予約でクライアント様がいらっしゃいました。キャンセルが出てて空きがあったのでちょうど入れました。東京の方でした。かなり使い込まれた旅行トランクを持って来られました。

日焼けしたいかつい体格。坊主頭にヒゲを生やして格闘家のような厚い胸板。相当鍛えている感じです。

そんな外見には似合わず職業はお花の先生だそうで、全国を飛び回って教えてるそうです。仙台でのお仕事を終え明日は関西に行かれるそうで、もしかしたら有名な先生なのかも、と思いました。

筋膜の整体

当院を選んで頂いたきっかけは筋膜の整体を受けられること。筋膜というキーワードで調べてくれたそうです。いろいろな整体も受けて来られたそうです。

症状は肩の動きに引っ掛かりを感じることでした。たしかにそのような症状でしたら、普通は肩関節や肩甲骨などに意識が向きますが、腕や骨盤の筋膜の繋がりが変化すると改善が期待できます。

体幹の歪み

肩関節の可動域を検査すると、右肩の方により引っ掛かりを感じました。座位の姿を見ると上半身がかすかに左に捻じれているのがわかりましたので、まずはその捻じれから調整していきます。

このように捻じれている場合は、捻じれた方向に向いた方が体の動きが良くなります。実際に試してみました。左に上半身をねじった状態で肩を上げるとスイスイあがります。

反対に右にねじると急に肩の動きが悪くなります。ちなみに正面を向いた状態だと少し右肩に違和感が出ます。そんな状態を確認して早速施術を開始しました。

体幹をひねる基本操法を多次元操体的にアレンジした操法を行います。より優しくより小さく動かしますが、動きを感じないくらいの動きなので本人は動いているという意識はありません。

それで先ほどの検査を再び行います。正面を向いて肩の動きがスムーズになりました。そして、先ほどやりにくかった右を向いての肩関節の検査でもスムーズにスイスイ動けるようになりました。

「不思議!不思議だ!!」

といつもの新規クライアントさんと同様のリアクションを頂きました。ほとんどの方が初回に「不思議です」と言います。これまでの整体の概念が覆されますので皆さんとても不思議がられます。

不思議の連発!

その後いちいち何をしたかは書きませんが、一手行うごとに「不思議だ!」「不思議だ!」と何度不思議だを連発して頂いたでしょうか?ずっと不思議だと繰り返されていました。

こんな整体は受けたこともないし、「驚愕の体験です!」と仰って頂きました。東京の方で定期的に通院出来ませんから「多次元操体法 リンク」で検索すると当院の多次元操体法講習会を受けたことのある先生方の一部を掲載していますので参考にしてみてくださいとお伝えしました。

有名なお花の先生でした!

全国あちこちを飛び回りながらお花の教室をやっていると伺ったので、有名な先生かもと思いました。そして帰られてからネットで調べてみたらテレビやラジオに出たり、本も出版し雑誌に連載をしたりしているフラワーアーティストの方だったのでした。

アーティストと整体

アート=芸術

アーティストと呼ばれる仕事をしている人は感性が豊かな方が多いと思います。操体法は感覚、感性に訴える施術です。ですから感性が豊かな方、感覚が細やかな方ほど、より多次元操体の恩恵を受けることが出来ます。

素直に感じて頂ければ誰もが体の変化を簡単に感じることが出来ます。治療家の先生も一般の人も強い力でないと体は変わらない、と思い込んでいる人も多いですが、思った以上に優しい刺激で身体は変化します。

そして操体法は芸術・アートでもあります。多次元操体法はその芸術性を高めてきました。より繊細に身体との対話をしていくことで、美しい施術が可能になりました。

調和した身体、調和した空間。

アートな感性が高まっている人ほど、感覚に気づきやすくなっています。だから音楽家、演奏家、芸術家、などのアーティスト活動をされている人は操体法の施術も抜群に効きやすいように思います。

だから不思議とも思える体験がしやすいし、体の変化も深く広く及びやすいのです。