宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。福島県からの新規クライアント様。40代女性です。20年来の便秘で悩んでいます。これまでにいろいろな方法を試してきたそうです。

県内ではあまりしっくりくる整体院サイトがなかったようで仙台の整体院を検索して当院サイトを見つけて来てくれました。県外からわざわざ来院してくれる方は本気で良くなりたいと思っています。

だからこちらも本気で応えます。

便秘の本当の原因-やすらぎの杜整体院の考え方

便秘の原因は腸がうまく働いていないことです。病院では整腸剤や便秘薬が出されるかもしれません。この方は市販の便秘薬を常用しているそうです。

症状は便秘以外に、生理不順、不眠、冷え症、全身の倦怠感、首や肩のコリも抱えていました。つまり便秘というのは一つの症状としての表れであって、他にもいろんな症状を抱えていました。

ということは、全身の機能がうまく働いていないということでもあります。そして、その原因がどこかに潜んでもいるはずです。

施術を前に当院のスタンスを丁寧にお話しました。

整体で便秘を治そうとしない

以前通っていた整体院では内臓調整を受けていたようです。腸を活性化する施術でそれなりに効果もあったようですが、また便秘が悪化してしまってもっと他に良い方法はないものかと調べて当院にたどり着きました。

私は言いました。

「どこに行っても治らないって言う人たちがたくさん来院しますけど、皆さんに共通することがあります。それはどこかで誰かに治してもらおうと思っていることなんです。」

「治してもらおうとすることがどんどん治ることから遠ざかってしまうんです。でも、かといって自分で治しなさいっていうのともちょっと違うんです。」

「当院では、本当は放っておいても自然に勝手に治るものだという考えが前提があります。でも実際には治っていかないこともあります。そういう場合には必ず治る邪魔をしている要因があります。その要因に気づくことが大切なんです。」

「便秘を治すんじゃないんです。便秘という症状を通じてメッセージを身体が出しているわけだから、そのメッセージに気づいていくことが大切なんですよ。」

….

こんな感じの話が続きます。
他にもいろいろとお話をしました。

便秘とストレス

腸がうまく働かない原因として、交感神経が優位に働いていることが考えられます。そのまた原因として生活の中でのストレスがあります。

自覚しているストレスはありますか?

と尋ねると、職場でも家庭でも大きなストレスを感じており、1人でほっとする時間も場所もないという事がわかりました。

「それは大変ですね…。ずいぶん頑張って来られたのですね…。」

と言葉をかけるとクライアントさんの目から涙があふれ出しました。
そこからはずっと泣きっぱなしでした。

いろいろなことを我慢しながらずっとこらえてきたのでしょう。

抑圧した感情に気づく

いろいろと話をして涙があふれてくるという事は、何かしら感情を抑圧して我慢してきたという事でもあります。

そういう我慢や感情に気づいていくことはとても大切だと思います。自分の気持ちに蓋をして頑張っていると、体は何かしらの症状を出してお知らせメッセージを出してきます。

その現れの一つが便秘である、ということに過ぎません。

だから、私からアドバイスをするとすれば、便秘を治そうとするのではなくて、

・いろいろとこらえて押し殺してきた感情に気づくこと
・それらの感情を味わって解放すること
・自分に優しくしていくこと
・自分を満たすための行動を少しずつしていくこと

等などをお伝えさせて頂きました。

便秘は魂からのメッセージ

私は便秘は、その人が本当の自分の生き方を取り戻すために生じているメッセージだと考えています。便秘に限らずすべての症状は何かしらの意味があり生じています。

どこからのメッセージかといえば魂からのメッセージです。本当は深い部分では全部知っているのです。大いなる自己からのメッセージなのです。

もちろん、内臓調整だったり、骨盤の調整により便秘が改善することもあるでしょう。自律神経へのアプローチによって便秘が改善することもあるでしょう。

しかし、その人の毎日の生活の中にまた神経の大きな緊張を引き起こすようなパターンが刻み込まれていたとしたら、繰り返し整体の施術を受けても根本的に良くなっていくことは難しいと思います。

なので、整体の施術でお手伝いをしていくことはもちろんですが、ご本人の日常の生き方に対する姿勢、意識もとても大切になってきます。

ところがそのようなことを本気で伝えているところはあまりないと思います。やすらぎの杜整体院では、心と体は一つだと考えています。体に出ている症状は心の状態の表れでもあります。

だから、症状を追いかけて治そうとするのではなく、もっと本質的なところにいつも目を向けていたいと思っています。

このような考え方を受け入れられない人もいると思います。でもそれはそれでいいのです。どのように考えるのもその人の自由ですし、価値観もそれぞれです。

当院では当院との出会いを必要としている人に全力でお手伝いを提供して行きます。