宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。小学生の整体症例です。小学五年生の男子。叔母に当たる方が当院の常連さんで、甥っ子を見て欲しいと来院しました。

今年の夏頃から家や学校で吐き気を訴えることが増えたということでした。精神的なストレスの影響が大きいようでした。

 

吐き気とストレスの小学生の整体症例

11月に初来院。まずは安心してもらえるようにコミュニケーションを取りました。身体の検査をすると歪みや緊張もいろいろ見つかりました。

身体の緊張が取れると調子も良くなるからね、と伝えて安心してもらいます。初めての整体で緊張している様子でしたので、丁寧に丁寧に触れて動かしていきます。

どんどん身体の緊張も緩んでいきました。

その三週間後、二回目に来院した時には吐き気の頻度もだいぶ治まっているとのことでした。電磁波対策についても実験や対策方法についてお伝えしました。

それから一か月後、本日三回目の来院。

調子はどう?と尋ねるとすっかり良いとのこと。学校でも家でも吐き気はすっかり治っているとのことでした。

今日はメンテナンスの整体を行いました。股関節の捻じれ、脊柱と頭のバランス、頸部や頭部の緊張を解放しました。

来たときよりも姿勢もシャキッと整って身体も楽になりました。前回来院した時に冬休み中にもう一回予約してあったのですが、調子が良いので次回はまた一か月後に変更しました。

 

脳の安心と整体

とても大雑把に表現すれば、脳が安心するとたいていの症状は快方に向かいます。整体の手技やコミュニケーションは一種の儀式のようなもので、それらは脳が安心するために行っているわけです。

つまり、脳が安心するのなら、整体の手技でも言葉のコミュニケーションでも、その他のことでも何でも良いんですよね。

だけど、何でも良いとは言っても潜在意識レベルで安心できないと効果が出にくいです。多次元操体法は潜在意識レベルにアプローチできる良い方法です。

整体的アプローチとエネルギー的アプローチが融合していますので、優しい刺激ですけど深く効果が及びます。特に小学生や中学生のお子さんは素直なので、刺激もダイレクトに浸透しやすいです。

親子で整体を受けられると理想的

子供さんが素直に心と身体を開いて整体を受けたとしても、親御さんがこちらに対して不信感を抱いている場合に効果が半減してしまう事もあります。

子供さんが「楽になった」と言っても、横で見ている親が「本当?本当なの?」としつこく繰り返し確認したり、もっとたくさんやってもらおうとしたりしているとそれが施術の妨げになることもあります。

上に挙げた小学生の場合は、一緒に付き添いで来ていた叔母さんが何年も通ってくれている常連さんですから、信頼関係も出来ています。

お子さんの症状で悩んでいる場合でも、理想は親子で一緒に整体を受けられるとより効果的です。親御さんが自分で受けることで体で納得できるし、家で子供さんにやってあげることも出来ます。

身体の症状を改善させることは単なる機械修理とは違います。親子関係にエネルギー的な不調和があればそれも回復の妨げになります。子供さんの症状で親御さんが連れて来ていても、まずは親御さんのエネルギーを変えないと難しいなぁと感じることもあります。

特に親御さんが心配し過ぎていたり、子供を信頼していないケースなどに、そういうことを感じます。親御さん自身の心身のエネルギーが調和すると、一緒にいる子供さんも安心して回復しやすくなるのです。

関係ないようで実はとても関係しているのです。