左腕のしびれの整体症例

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。腕のしびれの整体症例を紹介します。仙台市泉区在住50代女性クライアントさんです。毎月定期的に通院されています。

本日は左腕のしびれ、違和感がありました。左の胸や左のわき腹など、腕以外にも左半身に違和感があります。突っ張るような痛いような苦しいような感じだそうです。

骨盤矯正

まずは下半身からチェックします。骨盤の歪みもチェックします。やはり骨盤の動きに左右差がありました。左半身の筋膜の緊張が強いのです。そのために左腕や左胸が引っ張られている状態でした。

骨盤の調整をしてみると、クライアントさんが「腕が楽になってきました」と言います。「実は仰向けになった時に左腕が勝手に外側に捻じれて行ってたんです。普通にまっすぐしようとすると苦しくて自然と外側に捻じれてたんです。でも今は捻じれて行かないです。」と教えてくださいました。

骨盤の捻じれが解消すると上半身や腕の歪みも同時に改善します。それで腕が捻じれなくなってきたようです。

上肢の調整

さらに腕からアプローチしていきます。腕に触れますが、腕だけを調整するのではありません。腕はもちろんのこと、上腕骨、肩甲骨、鎖骨、肋骨、脊柱と刺激を伝えていきます。

骨格と同時に周辺筋膜にも効かせていきます。気持ちよい伸びが伝わります。その気持ちよい感覚を頼りにちょうどいい刺激を味わいます。気持ちよい感じを味わうとちょうどよいあんばいに身体のバランスが整っていきます。

頸椎の調整

次に頭と頸部の調整をします。首のストレスを解放します。肩の筋肉の緊張がさらに緩みます。ぱーんと突っ張っていたのがフワフワに柔らかくなりました。

身体が整う整体

上の文章だけ読むと私が整体の施術を行って体を調整しているように思えるかもしれませんが、文章や言葉の難しいところでして、私はほとんど調整らしいことはしていないのです。

結果として調整されていく、という表現の方が近いです。その部位を整えようとして整えているのではないのです。どうしたらいい感じがするだろうか?という問いかけを身体にしながら触れて絶妙に皮膚や筋膜や骨格にかかるテンションを調整してるのです。

経験上、体が回復するときの良い感じのテンションというのは自分の身体に還ってくる感覚でだいたいわかります。よくわからない時はクライアントさんに訊いて直接教えてもらいます。

操体法の長所と短所

操体法の長所は本人の感覚に問いかけることで、その人自身の治癒力を引き出せることです。しかし、それが同時に短所にもなります。感覚がよくわからない人も中にはいるのです。

操体法をやる先生の中には感覚がよくわからない、という人には操体法は使えない、と思われている人も多いです。たしかに感覚が良い人に比べるとやりにくい面はありますが、使えないことはありません。

多次元操体法ではそういう人もしっかり感覚的に変化がわかるように工夫してきました。感覚がわからない人でも無理なく自然に気持ちよく身体が変化するように試行錯誤してきたやり方が多次元操体法なのです。

頭で感覚を捉えがちの人は、感覚がよくわからないと思ってしまいがちですが、身体の方はちゃんとわかっていますから、その人の思考を通さずに直接身体と対話をしています。

非言語のやり取りです。だから言葉で表現するのがとても難しいです。でも実際に感覚でわかってくるとむしろ簡単になります。