宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。不眠症の整体症例を紹介します。名取市在住の40代の男性です。「中途覚醒で困っています」と整体院にお電話を頂きました。

不眠症と首こりの関係

寝つきは悪くないのですが、寝ても一時間ほどで目が覚めてしまうそうです。また眠るけどまた夜中に数回目を覚ますというのが20代から続いているとのこと。

一年のうち数回、朝までぐっすり眠れることもあるのですがそういう時は首こりの調子が良いので、首こりと不眠症が関係しているのではないかと思って「首こり 不眠」などのキーワードで検索するうちに当院のサイトと出会い予約を頂いたのでした。

いくつかの整体院に通ったけれどあまり改善が見られなかったようです。

不眠と自律神経

不眠症にもいくつかのタイプがありますが、自律神経のアンバランスが関係している可能性があります。交感神経が優位の状態になっていると寝つきが悪かったり、眠りが浅くなったりします。

そしてなぜ交感神経が優位になっているかという原因を考えると、一つの原因として首こりや肩こりが挙げられます。

不眠症ではなくても自律神経失調症や自律神経のアンバランスにお悩みの人は、皆さんだいたい首の筋肉が非常にこっています。首こりがひどいのです。

首こりがひどいと自律神経の交感神経が優位になりがちです。それで不眠も引き起こされるのです。

首こりの原因

それではなぜ首こりになるのか?ということを考えてみます。首こりの原因も一つではなく様々な原因が考えられます。

首こりの原因1 不良姿勢

首こりの原因としては首の筋肉に負担がかかるような姿勢を長く続けていることが挙げられます。長時間のスマホやPC操作も首の筋肉に負担をかけます。

首こりの原因2 骨盤の歪み

普通に座っていて骨盤が歪んだ状態だと姿勢全体が歪んでしまいます。その結果首の筋肉にも負担がかかります。骨盤が歪んだ状態で姿勢を正そうとしても頑張って筋肉の力で姿勢を維持しなくてはなりません。

整体で骨盤の状態が良くなると力まなくても自然とリラックスして良い姿勢になります。そのような姿勢になると首の筋肉の負担も軽減し、結果として首こりも改善しやすくなります。

首こりの原因3 精神的なストレス

精神的なストレスが大きかったり、長期間ストレスにさらされると首の筋肉が緊張します。いつも考え事をしていたり悩んだりしていても首がこりやすくなります。

 

不眠症の整体

この方の首こりに対してはまずは骨盤へアプローチしました。

骨盤の整体

骨盤の動きが自由になることで座位での骨盤が安定します。楽に座れるようになるのです。すると骨盤と脊柱と頭部の関係性が良くなります。

頭がうまく脊柱に乗ってくるのです。そうすると首の筋肉の負担が軽減します。

脊柱への整体

次に脊柱の捻じれを調整します。脊柱が捻じれていることは多く、その捻じれが解消すると肩周りの動きも改善します。

腕~肩甲骨~鎖骨への整体

次に腕と肩甲骨と鎖骨の繋がりが調和するように整体します。腕のねじれが首や肩に負担をかけているケースも多いのです。

頭部~頸部への整体

首や頭にアプローチします。患部は出来るだけ触らないか、触っても最後の方にします。ほとんどの場合主訴を訴える患部以外のところにも原因が潜んでいます。


以上のような整体を行いました。

体の変化にご納得されてまた予約を頂きました。
夜もぐっすり眠れるようになると良いですね(^^)