宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。3年ぶりのクライアント様が来院しました。以前ご実家に住んでいた時に通院していました。今は結婚して県外に住んでいます。

ちょうど年末年始で実家に戻って来ていて来院されました。結婚後は初めての来院です。赤ちゃんが授からず現在婦人科のクリニックで不妊治療を受けている最中でした。当院の子宝整体のページを見たのと同時に首の痛みもあって来院されたのでした。

妊活と子宝整体

妊活と子宝整体について解説します。子宝整体は不妊でお悩みの方に対して妊娠しやすい身体作りのお手伝いをしていく整体です。ほとんどの場合生活習慣にも大きな問題を抱えていますので効果的な妊活を考えた場合、整体の施術を受けるだけでは不十分なのです。

そして問題を抱えていても婦人科のクリニックでは教えてもらえることはあまりないようです。生活改善のアドバイスをすると皆さん「初めて聞いた!」という人も多いです。

不妊の人に多い特徴

不妊の人に共通して見られる特徴について書いてみます。

骨盤の動きが固い

不妊症の方は骨盤の動きが固い人が多いです。骨盤周辺の筋肉の緊張が強く、骨盤の可動域に大きな制限があります。

腹部の緊張

骨盤の動きが悪いのは腹部の緊張に起因していることも多いのです。人間の身体はストレスを感じるとお腹が固くなります。ストレス状態が続くとお腹の筋肉が固くなったままになり、それが骨盤の可動域を制限します。

冷え性

骨盤の動きが悪い人は、骨盤内部や下半身の血流が悪くなりますので冷え性に悩む人も多いです。冷えは万病の元と言われていますし、冷えがあると本来の身体の機能がうまく働きにくくなります。

首こり・肩こり

冷え性で姿勢も悪く、その結果として首こり・肩こりがひどい人も多いです。不妊と肩こりは無関係ではないと考えています。首こりがひどいと自律神経の働きも低下します。

実際に自律神経失調症や不定愁訴で悩んでいる人はほぼ全員首こりや肩こりもあります。

食生活の問題

妊活に取組むのにあたって大切なのは食生活の改善です。不思議な事に不妊症で病院やクリニックに通っていても栄養や食生活の指導を受けることはあまりないようです。

しかし、人間の身体を構成する栄養をしっかり補給することは妊活において非常に重要な要素と考えています。

当院の子宝整体を受けて食生活改善に取り組み始めてすぐに赤ちゃんが授かる人も多いのです。

妊活で大切な心構え

昔は妊活と言う言葉はなかったように思います。就活、婚活、という言葉がメジャーになってきてそれから妊活という言葉も広まってきたような気がします。

妊娠するための活動という事になりますが、どうも妊娠がゴールというイメージがあります。就活は就職がゴール、婚活は結婚がゴールです。

しかし、就職した後や結婚した後が大事です。妊活も妊娠してから赤ちゃんをお腹の中で育み無事に出産する事までしっかり意識してイメージすることが大切です。

婦人科クリニックでの不妊治療も妊娠がゴールになっているような印象があります。母体が赤ちゃんを育める状態になっていないと、せっかく妊娠しても流産してしまいます。

だから、赤ちゃんを産める身体づくりをしていくことが妊活にとって大切な事と考えています。そのためには受け身の姿勢で治療を受けたり、整体に通うだけでなく、積極的に身体作りに取り組んで頂きたいのです。

当院の子宝整体は単に整体の施術だけでなく、食生活やセルフ骨盤調整などを通じて、総合的なアプローチで妊娠しやすい身体作りのサポートを行っています。