宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。整体の症例を紹介します。50代女性クライアントさん。甲状腺の腫瘍を取り除く手術を受けてから体調不良で苦しんでいて、術後まもなくご紹介で来院しました。

整体症例-動悸・息切れ

現在月に二回くらいのペースで通院しています。最初来院した時は身体全体がガチガチにこわばっていました。骨盤も脊柱も肩甲骨も本来の動きが出来ていませんでした。

いろいろな不定愁訴がありとても苦しそうでしたが、整体をして楽になりました。施術前と施術後とでだいぶ表情が変わって明るいお顔になったのが印象に残っています。

お知り合いの方の紹介で一緒に連れられて来院したものの、緊張していただのでしょう。とても不安そうで体調も辛そうで暗い表情だったのですが、施術後は何度も何度も「ありがとうございます、ありがとうございます」とお礼を言ってくださいました。

前回来院時は、その前の来院から一か月以上間隔が開いててとても辛そうな状態で来院しました。その時も施術後にとても喜んで頂いてたくさんお礼を言いながら帰って行かれました。

そして今日は前回から一週間ほどで来院しました。前回の状態と比べて検査をしてもだいぶいい感じでした。ご本人も前回来てからうんと楽になったと仰っていました。

「身体全体が楽になったんですけど、動悸や息切れもあって呼吸がしづらい状態だったのですが、それもほんと楽になりました。」

と報告して下さいました。

整体で動悸・息切れが治るのか?

整体で動悸や息切れが治るのか?と思われるかもしれませんね。実は私は前回、動悸や息切れの症状については知らずに施術を行いました。とにかく身体あちこちつっぱって全身シンドイという訴えでした。

動悸や息切れと言うのは結果として出ている症状なので、その症状を直接整体で治すことは出来ません。でも、身体全体がほどよく緩んでより調和した状態になったことで、自然と動悸や息切れの症状も改善したと考えられます。

整体と呼吸

呼吸のしにくさも改善されたということですが、整体を受ける前と後では呼吸も変わります。息が深く吸えるようになるのです。呼吸運動というように、呼吸は筋肉による運動です。

呼吸筋と呼ばれる筋肉が動いて呼吸します。呼吸時には肋骨も動きます。しかし筋膜が固まって肋骨の動きに制限があると呼吸も制限されます。深い呼吸がしにくくなるのです。

整体後は筋膜の緊張が緩みます。肋骨の動きも出てきます。最大の呼吸筋である横隔膜の自由度も高まります。その他呼吸に関する筋肉群の働きが高まります。その結果として呼吸も深く楽に出来るようになるのです。