宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。整体の臨床で案外多い症状が疲労感。疲れやすい、疲れが抜けない、といった症状がかなり多いです。

疲労感と整体

疲労感と整体

初診時は他に主訴を抱えています。肩こりとか腰痛とか頭痛とか主な症状があり、そして疲れやすいとかいつも疲れているという症状も抱えています。単に疲れやすいからというだけで来院する人は少ないですが、疲れやすい人はだいたい他にも何かしらの症状を抱えているものです。

いつも疲労感を抱えているので、それが当たり前になってしまっている人もいます。そういう人は整体を受けるとスカッと身体が軽くなる人もいますが、緊張が緩んで回復モードになることで一時的に疲れが増すように感じる場合もあります。でもそのような場合でも休んだ後は身体が軽くなります。

疲労感の正体とは

だるさや慢性疲労の症状の正体は何かというと、老廃物がうまく体外に排出されていないことです。だから老廃物が抜けると疲れも抜けます。もちろん休息も大事です。必要な栄養を摂って休めば良くなります。

しかし、仕事が忙しすぎて休めない状況が続いていたり、栄養が偏っていたりするとなかなか根本的に疲労感が消えていきにくいです。そもそも身体が悲鳴を上げて「疲労感」という症状を出しているわけですから、基本的には休むのが原則です。

整体ではどんなお手伝いをするかというと、身体が歪んで筋肉が凝り固まっていると休息や睡眠を取っても、血液やリンパの循環が悪いために休んでも疲れが抜けにくくなります。

そこで整体で身体のバランスが調和すると、筋肉の緊張が緩んで体液の循環も良くなります。循環が良くなれば老廃物も速やかに排出されてだるさや疲労感も軽くなっていきます。

慢性的な疲労感

クライアントさんが来院して初診時であれば詳しくお話を伺いますが、二回目以降はあっさりとその日の体調や症状を伺います。継続して通院するうちに元々あった主訴は改善してすっかりよくなった後も通院している方も多くいらっしゃいます。

「今日の調子はどんな感じですか?」と尋ねたときに、「痛みなどはないけど何となく疲れている」「何となく全身がだるい」という症状を訴える方も多いです。

そういう場合にも整体を受けると身体の緊張が取れて深くリラックスしますので、その後身体がとてもスッキリ軽くなります。もちろん休息や栄養補給も大切ですが、疲労感も整体を受けることで改善していきます。

疲労感と糖質

疲れやすい人は甘いものが好きな人、毎日食べている人が多いです。砂糖の摂取が多いと身体がだるくなります。だるさ、かゆみ、痛みなどの症状が出やすくなります。原因としては砂糖の摂取によって体内のビタミンが奪われることや、身体が酸性に傾くことが挙げられます。

また糖質の過剰摂取により血糖値が不安定になると、疲れやすいだけでなく不安や動悸、イライラ、落ち着きのなさ、震えなどの症状が出ることもあります。身体がだるい、疲れが抜けないという場合には甘い物の摂取を出来るだけ控えてみてください。

でも、そういう時ほど甘いものが欲しくなって悪循環になりがちです。中毒性もありますのでなかなか抜け出すのが大変だったりもします。砂糖の害や糖質過剰摂取による害などはネットで調べればたくさん出てきますし、本も出版されていますので勉強してみるといいです。

知らないと怖いですよ。病院でも整体院でもなかなか教えてもらえませんので、知らないで甘いものや糖質を摂りすぎているといろいろな病気になってしまうリスクが高まります。だるさや疲労感も一つの症状です。