宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。胃痛の整体症例です。山形県からお越しの40代女性です。胃の症状でお悩みです。胃痛、吐き気、喉のつまり感、食道がびくびくする、などの症状があります。

胃の症状のほか、腰痛や全身のだるさといった症状もありました。本日二回目の来院です。

三年前に職場にどうしても許せない人がいて、それから上記の症状に悩まされるようになったそうなので心因性のものも関係しているようです。

胃痛に対する整体的考察

胃痛やその他胃の症状がメインで、他にも症状をたくさん抱えています。上に書いていない症状もいろいろあります。当院では症状を追いかけません。一つ一つの症状を追いかけていたら時間も足りないし、原因を見落とすことになります。

操体法の考え方は、「息食動想」の四つの自己責任行動に環境を加えた五つがその人の健康状態に影響を及ぼしていると考えます。原因が自己責任行動に含まれていることがほとんどです。

ですから、出来るところから自己責任行動を変えていくことが根本的な解決法となります。胃痛に対しても、その他の症状についても基本的な考え方は同じです。

初回来院時、多次元操体法の施術を受けて身体がその場でどんどん変化する様子を体験してとても驚かれていました。そして約一週間後の本日、二回目の来院で当院を訪れました。

糖質制限を実践した結果

初回来院時に食べ物の影響も大きいように思ったので、一冊の本を貸出しました。

「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)
溝口 徹
4413042387

家に帰ってから読んでみると、大いに当てはまっていることがあったようで、緩めではありますが糖質を制限した食事に変えてみたとのことです。

そうしたら、身体のだるさがかなり改善したそうです。精神的にも調子が良いようです。食べ物をちょっと変えるだけで心も身体もこんなに変化するものなのですね、と驚かれていました。

ただ胃の不調はまだ続いているそうです。胃腸が弱っている人が糖質制限を始めると一時的に症状が強く出ることがあるようですのでその事もお伝えしました。身体と相談しながら無理ない範囲で実践していくと良いと思います。

ヒーリングで緊張を緩める

腹部の緊張をリリースします。お腹に手を当てるとそれだけでもう不快感がありました。そこで、お腹にヒーリングをします。するとお腹に手を当てた時の不快感がなくなりました。

ヒーリングはほぼ独学とオリジナルでやっています。というのは、資格を取得してその資格を発行する団体のルールに縛られたり、団体絡みの人間関係も煩わしいのでそういうものとは一切無関係のヒーリングを学んできました。

自分の感覚とクライアントさんの感覚でガチンコ勝負?で実践しながら身につけてきたヒーリングです。

そんな方法を今日のクライアントさんにもお伝えしてセルフヒーリングでやってみて下さいと伝えました。

山形県からなので通院が大変ですが、良くなっていく手ごたえがありますので仕事が休みの日に通院して頂いています。