宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。整体症例を紹介します。50代男性クライアントさん。ベテランの小学校の先生です。当院には7~8年通院してくださっている常連さんです。

毎回来院のたびに「ここに来ると本当に心も体も楽になります」と喜んでくださいます。操体法をするときの感覚も動きも素晴らしく、無意識領域からの自発動がどんどん出てきます。

だいたい月に一回通院してメンテナンスをしていました。それがある時期からパタッと来なくなりました。どうしたのかな、と気になっていたところ先日久しぶりに予約のお電話を頂き久しぶりに整体院に来てくれました。

うつが心と身体を守っている

お話を聞くとうつ病の診断を受けてしばらく学校を休んでいるとのことでした。以前から仕事について大きなストレスを感じていたようで来院のたびにお話を伺っていました。

だんだんそれが高じて子供たちが怖くなり、同僚の教師が怖くなり、しまいには学校そのものが怖くなって出勤できなくなってしまったのだそうです。

これは普通に考えると、ストレスがあまりに酷くてうつ病という病気になって学校に行けなくなって不幸だという見方が出来ます。しかし、うつ病という病気になることで学校を正当な理由で休むことが出来て、心と身体のバランスが保たれて幸せだという見方も出来ます。

この先生に、「うつが治ったらまた学校に戻りたいですか?」と尋ねたら「もう戻る気はありません。」とのこと。そう決めたときからとても心が穏やかに楽になったそうです。

それまでずっと我慢して何十年と働いてきたのです。子供さんたちも独立して、定年までもあと数年というところだったけれど、心が耐えられなくなったのでしょう。潜在意識がうつという病気を選んで心を守ってくれたのだと思います。

心に寄り添う整体院

常識的にはうつ病は悪いこと。治るのが良いこと。そんな考え方をする人が多いかと思われます。でもうつになることで守られているという考え方も出来るし、うつになることで自分自身と本気で向き合うきっかけにもなれるし、うつがきっかけで本当の自分の人生を取り戻すことが出来るかもしれません。

このクライアントさんは、職場には戻らない結論を出しました。仮にうつが治ったとしてももう戻る気はないそうです。まずはゆっくり心と身体を静養して、それから負担にならない範囲でのんびり仕事を探したいと言っていました。

私としても、この方が本当にやりたいことに出会って人生を楽しめるようになれるといいなと思っています。また心穏やかに過ごせるような仕事と出会えるといいなと思います。

整体の施術

うつ症状以外に、肩の痛みや腰痛もありますので、体が楽になるように多次元操体法の施術を行いました。痛いところはそっとしておきながら、体がどうしたいのか?ということを身体に直接問いかけます。

このクライアントさんはもう長いこと通院していますから、操体法の受け手としてもとても上手です。いつも三つくらいの手技で終わります。なぜかというと、一つの手技で全身のいろいろな部位がどんどん変化して行くからです。

「いや~、久しぶりに来たけどやっぱここに来ると良いですね~~!本当に心が安らぎます。身体も楽になりました。」と今回もとても喜んでくださいました。

整体と食生活指導

それと、食生活指導も行いました。あまりこの方には詳しくお話したことがなかったのですが、うつと食事も深い関係があるのです。うつの診断を受けて仕事を休んでいるということでしたから、うつと栄養についてのお話もしました。

仙台市内に栄養療法を行っているクリニックがあることをお伝えしたら、ぜひ行ってみますとのこと。うつは心の問題だけではないのです。栄養不足も関係しています。実際、お話を伺うとうつがひどくなるような食事をしていました。

整体と併せて栄養面でのケアもしていくとかなり改善率が高まります。いつも整体でとても満足して帰られるのであまり積極的に栄養の話はしてなかったので私も反省しました。