宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。整体症例です。仙台市若林区在住30代男性。四年前から定期的にメンテナンス通院をされています。主訴は肩こりで、月に一回通院しています。施術後は毎回肩がとても柔らかくなります。

リラックスして毎回最後の光線療法をかけながらスヤスヤ寝息を立てて寝てしまいます(^^)

肩こりがいつものように改善しない!

そんなAさん、毎月仕事が休みの土曜日に来院します。ところが今日はいつものように土曜日に来たのですが、私服ではなく仕事用の作業着を来ていました。お客様に呼び出されて整体が終わってから現場に出向いて立会いがあるのだそうです。

いつものように施術を開始します。4年間毎月通っていますから、毎回私の整体に対する反応もとても良いです。軽く触れて刺激するだけでどんどん身体が変化していきます。

着ている服装との肩こりの関係

ところが、今日はいつもの感じで施術をしてもなかなか肩の緊張が緩みにくいように感じました。それなりに効果は出ているのですが、何かどんよりしたコリが残っている感じがします。

本人はあまりわからないようですが、私からするといつもは見事に肩のコリがふわーっとなくなるのに、今日はそれなりに変化はしているけどいつもよりはフワフワ感が少ない気がします。

なぜかなーと考えたときに、いつもは仕事も休みでラフなTシャツでリラックスして来院します。今日は整体を受けた後に仕事の案件が控えていて、服装も仕事用の作業着を来ています。

その違いが身体の変化のしやすさの違いとして出ているのではないかと感じました。

仕事の潜在的ストレス

話を聞けば、本来の担当は別の社員がいるのだけれど年も若くお客様からも嫌われていて、その代わりに信頼されているこのクライアントさんが出向くことになっているとのこと。若い社員に大して怒っているわけでもなく、むしろかばっている感じの話ぶりでしたがもしかすると本当は行きたくないのかもしれません。

とても優しい性格のクライアントさんなので本当は何で俺が行かなくちゃいけないのか、という気持ちがあったとしてもそれを押し殺しているかもしれません。しかも本来なら休日でゆっくり過ごしているはずが呼び出されての出勤です。

身体は正直ですからそんな無意識の緊張が肩に出ていたのかもしれません。もちろん私の思い違いかもしれませんが、何となくそんな風に思ったのでした。

結局、多次元式肩上げ操法を行うと肩もフワフワになりました。ダイレクトに肩の深層筋に届く操法です。ガンコな肩こりもかなり楽になります。あまり普段使うことの少ない操法ですが、なかなか取れにくい時には重宝しています。