宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。今日はコリと整体のお話です。コリと言えば肩こりや首こり。背中のコリもあるでしょう。身体じゅうにコリは出来ますが腰コリとか足コリとは言いませんよね。

コリと整体

コリと整体

首や肩を中心に上半身にコリを感じやすい人が多いかと思います。コリとは筋肉が凝り固まっている部分ですが、その部分を直接揉み解す整体が多数派ですが、当院では患部そのものは出来るだけそっとしておきます。

そっとしておいて何もしないわけではなくて、患部にかかるストレスを軽減するように身体がのバランスを整えていきます。コリをほぐそうとすると疲れるし、「闘っている感じ」がするんです。

私は開業当初はずっとそんな整体をしていました。でも違和感をずっと抱えていました。コリと闘う整体ではなく、コリが自然と無くなる様な整体を求めていました。開業してからいろいろ勉強する中でそういう手技と出会いました。

操体法もその中の一つです。開業前から取り組んでいたのですが、しっかり勉強してみると思っていた以上に素晴らしい整体法でした。整体の枠には収まらない人生哲学でもありました。

昨日「仙台 コリ」で検索して当院サイトを見つけたという方が来院しました。主訴は仙台市宮城野区在住の30代主婦の新患さんです。

主訴は頭痛、首と肩と背中の痛み、めまい、動悸、不眠などの症状を抱えてお悩みでした。コリの部位にはほとんど触れずに施術をしました。身体がどんどん変化してびっくり驚いていました。

以前に整骨院でマッサージを受けて余計に痛みがひどくなったそうです。マッサージが合ってない人は余計に辛くなります。そういう人はだいたい体に触れるとわかります。揉み返しが強く出やすい体質があります。

体質は変えられますが、その状態でマッサージを受けると痛みがひどくなるような時は避けた方が良いです。当院ではマッサージもしませんし(本当は整体院はもちろん整骨院でもマッサージは出来ないのです。出来るのはマッサージの資格者のみ。)、マッサージをせずとも緊張が緩む整体をやっています。

コリはマッサージをしたり、直接その部位をほぐさない限りほぐれないと思っている人が多いと思います。一般の人はもちろんのこと整体師の先生もそう思っている人も多いのではないでしょうか。

または揉みほぐしのようなことをしないと満足してもらえないと思っている先生。リラクゼーションサロンで働いていたり、揉み解し中心の整体施術をしている先生に多いかと思います。

たしかにリラクゼーションサロンのお客さんはもまれることを目的に来院しますから、それはそれでよいでしょう。でも身体が楽になりたいのであれば揉みほぐしやマッサージをしなくても可能です。

むしろ思った以上に簡単に身体は変化します。知っているか知らないかだけの違いです。知っていた方が良いと思います。マッサージもリラクゼーションも一切否定しません。目的に応じて使い分ければ良いと思います。

で、タイトルにあるように、なぜコリをほぐさないでコリが緩んでしまうかというと、コリの原因を消してしまうんです。そこが凝って固くなるのには理由があるのです。その理由がなくなればコリの存在意義はなくなります。

コリがあるという事は、何かわけがあってコリがあるのです。身体には身体の都合や事情があるわけです。そこが凝ることによって何とかバランスを保っているわけです。そういう身体の都合や事情が読み取れるようになると自然とコリも緩んでくれるというわけです。

そんな整体をやっています。

多次元操体法講習会では随時受講生を募集しています。