宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。
今日は肩こりの整体(多次元操体法)臨床例を紹介します。

肩こり、背中の張り、姿勢の悪さを改善したくて通院中の40代男性。
月に二回ほど通院して三か月ほどになります。

来院した頃と比べてかなり調子が良くなったそうです。
でも仕事などで疲れるとやはり同じところに負担がかかり苦しくなりますので
三週間に一回ほど定期的に通院を続けています。

右肩の肩こりへの整体

今日は右肩のコリが気になるという事でした。

まずは下半身からバランスを整えていきます。操体法は足を重視します。
人間も家も土台や基礎部分が大事です。

足や下半身のバランスが整うとそれだけで上半身もかなり変わります。
私はまず足や下半身からアプローチをすることが多いです。

いろいろな方法を試しましたが、少なくとも私の経験では
下半身からやったほうが結局無駄も少なくて
効率良く全身のバランスが整いやすいのです。

それで、次に上半身を見ていきます。

触診するとやはり右肩の筋肉の緊張が強いです。
ご本人の感覚でも右肩のコリを強く感じます。

しかし、動きの検査をすると左肩関節や左頸部に問題があることがわかりました。
なので左腕などを使ってまずは左側の不調和を解消したところ、
右肩のコリがゆるゆるにゆるんでしまいました。

ご本人もとても驚いていました。

マニュアル化できない整体

右肩がこっているから右肩を揉めばよいということではないのです。
右肩の筋肉を緊張させている要因が取り除かれれば
右肩は揉んだりほぐしたりしなくとも自然と緩んでくれるのです。

右肩をもみほぐすのがいけない、ということでもありません。
しかしより深い原因にアプローチできなければ
その部位だけをほぐしても表面的な効果で終わってしまいます。

効果が持続しにくいのです。

では、右肩が凝っている場合は左側をやればいいのか?
というとそういうことでもないのです。

ここがマニュアル化できないところです。
むしろマニュアル化された肩こり治療などは
表面的な効果になってしまいます。

その人のその時の状況を読み取る観察力が重要です。
身体には身体の都合があって症状を出しています。

身体の都合を聴いてあげられると身体も自ら緩んでくれるのです。