宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。肩の痛みの整体症例です。
仙台市宮城野区在住50代の女性会社員です。

主訴は更年期に伴う倦怠感、自律神経の乱れ、三年前からの五十肩の痛みです。今年の六月の終わりに初めて来院しました。秋までには少しでも回復したいです、とのことでしたが秋になった今では肩の痛みもすっかり完治しました。

体調もとても良い感じです。初診時の問診票には「以前のように元気に動けるようになりたいです。よろしくお願い致します。」と書かれていましたが、元気になられて良かったです。

五十肩の痛みが解消

五十肩(肩関節周囲炎)で来院する方の中でもこの方は非常に早く良くなったケースです。3年ほど前から肩の痛みに悩まされていたようですが、ほんの数回の通院で肩の痛みがなくなりました。

この方の場合は、肩関節そのものはそれほど悪い状態ではなく、他の部位の影響で肩にストレスがかかっていたのでした。同じ肩の痛みという症状を抱えていても、その人によって原因は違うのです。

この方は骨盤のねじれが肩に大きな影響を与えていたので、骨盤のねじれが解消すると共に肩の痛みも急速に治っていったのでした。

以後、お身体のメンテナンスの為に定期的に通院されています。肩の痛みが無くなった後も整体を受けると身体が楽になります。普段自覚していない疲れや歪みなどが日常生活の中で作られますので、それらをケアして本来のバランスを取り戻すと非常に身体が楽になるのです。

体が治し方を知っている

この方の肩の痛みを治すための整体と、メンテナンス通院で行う整体と何が違うかといえば特に大きな違いはありません。

その時の身体を拝見して、身体のバランスが調和するように整体セッションが進められます。どこをどのように調整すればよいのか、ということは実は身体が知っています。

その身体からの情報に基づいて整体セッションを進めていきます。決してこちらが一方的に無理に矯正するような整体ではないのです。

 

無理な整体は身体が拒絶する

どうしても整体というと、「無理やり」「矯正する」というイメージがあります。強い力を使って痛みを伴なうようなイメージがあります。整体の仕事をしている私でさえ、知らない整体院に行って施術を受けるのはちょっと怖いです。

特に、優しい整体を行うようになってからは他の整体手技を使う先生の施術は受けられなくなってしまいました。ちょっとでも粗さを感じると身体が拒絶するのです。触れられた瞬間に「あ、無理だ」と思ってしまいます。

身体が安心する整体でなければいけない

様々な整体手技がありますが、まず前提として身体が安心するような刺激であることが大切です。無理な刺激は身体が緊張します。

そして、手技以前の問題でその先生の意識がその先生の手や触れ方に反映されますので、意識の在り方も大事です。

一般の人にはわからないかもしれませんが、ある程度経験を積んでいたり感覚が拓けていると触れられた瞬間に安心できる手なのか、そうでない手なのかというのがわかります。

意識と技術とどちらも大切なので、意識さえ整えればOKかというとそうではありません。意識を高め、技術も高めていくことが大切なのです。