宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。股関節痛と腰痛の整体症例です。仙台市青葉区在住の30代女性です。股関節の痛みと腰痛で歩くのも大変な状態になって仕事を休んで来院されました。昨日から急にそうなったとのことでした。

横から体を拝見するとくの字に曲がっています。体がまっすぐに出来ない状態です。ぎっくり腰、急性腰痛の人に良く見られる姿勢です。

腰痛だけでなく右の股関節にも痛みがあり、歩こうとして足を持ち上げると痛みが出る状態でした。さらには数年前に右膝の前十字靭帯と半月板の手術をしていることもわかりました。

股関節痛と腰痛の整体

このような時にどんな見方をしてどんな見立てをするかが大切です。いかに患部以外の所が見れるかが大切になります。股関節痛、腰痛といった主訴だけに捉われずになぜそれが起きているのか、なぜそこにストレスがかかっているのか、という視点で観察したり検査をしていきます。

股関節痛と反対側臀部の緊張

股関節痛、腰痛、下肢痛などを訴える人の中で症状と反対側の臀部が緊張している人が多くいます。この方もそのケースでした。操体法の操法で反対側の臀部からアプローチしてみたところ、腰や股関節の負担がかなり軽減しました。

先ほどまでまっすぐ立てなかったのがあっという間にまっすぐ立てるようになりました。股関節そのものが悪いのではなくて、左右のバランスの不調和の結果として股関節の負担になっていたのです。

仰向けで足を伸ばすと腰や股関節が痛かったのも、まっすぐ足を伸ばして楽に寝れるようになりました。こうなるとリラックスして眠れるようになりますので一晩寝るごとの回復も早まっていきます。

逆に仰向けが辛いような状態だと腰痛や股関節痛も長引く傾向にあります。

股関節痛と足関節・足指の関係

さらに足首や足指、中足骨の検査をすると足首より先も固くなっていました。足首や足にはたくさんの関節があります。骨の数が多いからです。全身を構成する骨格の内、実に四分の一がくるぶしから下に集まっています。

それだけバランスを取ったりショックを吸収するために必要だからです。車で言えばサスペンションの役割を果たします。ですから足首やその周辺が固まっていると、サスペンションとしての機能が低下しますので、そのショックは膝関節や股関節や骨盤へと伝わりやすくなります。

ですから、足関節や足指の柔軟性も大切なのです。とくにこの方はスポーツ(バスケットボール)もされるとのことでしたので、日常生活で支障が出なくともスポーツをしている時にその影響が股関節などに及ぶ可能性は高いです。

そんなお話をさせて頂いたところ、とても納得されたようでした。思っていた以上に楽になられたようでとても表情も明るくなられていました。