宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。昨日来院した50代女性クライアントさん。前回頭痛があったのですが、施術したらその場で頭痛は解消しました。それと同時に呼吸がとてもしやすくなって、それまで呼吸がとても浅かったということに気づいたということでした。

今回も胸のあたりがこり固まっているということでした。でもそれは、整体を受けて身体が楽になり、呼吸が楽になって初めてそのような状態に気づけたそうです。

「私はこんなに胸をぎゅーっと縮めて力が入っていたんだなぁーっと。整体を受けてから凄く呼吸が楽になって、この辺(胸のあたり)の力が抜けたんです。」

呼吸と筋肉

呼吸も筋肉運動なので、筋肉の状態と呼吸の深さは関係しています。柔らかく緩んだ身体の方が深く息を吸えます。呼吸は無意識でもしていますが、緊張して身体が固くなっている時などは呼吸も浅く固くなりがちです。

整体後は呼吸の筋肉も柔らかくなります。呼吸の運動を制限していた筋肉群の緊張が解放されるので自然と呼吸が深くしやすくなります。

呼吸法もいろいろありますが、呼吸の制限さえ解放されれば自然とちょうどよい呼吸が取り戻されるように思います。

呼吸の制限の解放

呼吸の制限は単に筋肉がこっているから、というだけでなく精神状態も反映されます。精神の緊張が筋肉の緊張を引き起こし、それが呼吸の制限を作りだします。

精神的にも身体的にも余計な緊張がとれて深くリラックスした状態では、呼吸そのものがとても気持ちよく自由になります。

普段緊張しているという自覚がない場合でも、深いリラックス状態を体験すると、いかに日常生活の中で身体が緊張して呼吸が浅くなっていたかということに気づけます。

このクライアントさんは、整体を受ける前は自覚がなかったけれどとても胸に力を込めていたということにも気づけたそうです。そして胸の緊張が解けて胸が広がって、呼吸もとても楽にできるようになったのでした。