宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

メンテナンス通院 仙台やすらぎの杜整体院

本日来院した二十代女性。県外から通院四年目になります。最初の頃は生理痛や肩こりや腰痛がひどかったのですが、すっかり良くなってその後も定期的にメンテナンス通院をしています。

今日は二か月ぶりの来院。

先日受けた検診で小さい子宮筋腫が見つかったそうです。まだ小さいので手術も治療もせずに経過観察らしいですが、筋腫が見つかったことと、その時のお医者さんから言われた「筋腫は放っておいて治ることはないからね」という言葉がショックだったそうです。

確かに生活習慣を変えずにいれば小さくなることはないと思いますが、食事や運動で実際によくなることもあるようです。

お医者さんの常識では治らないと言われているものでも、条件が整えば自然治癒することもあります。実際末期がんが治ったりする話もありますよね。

仙台やすらぎの杜整体院 院長の体験談

私は数年前にどちらの手か忘れましたが前腕にボコッとデキモノが出来たことがありました。皮膚の中にパチンコ玉のようなものが埋まっている感じでぼっこり膨れたのです。

高校生の時にガングリオンという脂肪の固まりのデキモノを自分で治した経験がありましたので、その時も同じ症状だと思って自分で治してみようと思いました。

ところが、高校生の時のようにグリグリ押しつぶしていたらどんどん晴れて痛みも強くなりました。これはガングリオンではなさそうだと思って、ネットでいろいろ調べたらどうやら粉瘤(アテローム)と呼ばれているものが自分の症状にぴったりでした。

治し方を調べたら自然治癒はしない、基本的に手術して取り除くという内容が書かれていました。それを読んだ私はこれは自分の自然治癒力を試すチャンスだと思いました。

何かしら訳があって前腕部にしこりが出来たわけです。単純に考えてその部位の循環が悪くなっているわけですから、患部の周辺を毎日揉んで血流やリンパの流れを良くしようと思いました。

毎日お風呂に入ったときに、患部そのものを押すと痛いのでその周辺の気持ちよく感じる部分をグリグリと自分で揉み解していたら、日に日に粉瘤は小さくなっていき、一か月ほどでほとんどわからないくらいになりました。

それから数か月は手で触ると皮膚の中に小さな豆粒のようなものが残っていましたが、その後はそれもすっかり消えてなくなりました。

そんな話もしました。

整体とスピリチュアル

それとスピリチュアルな観点から言えば、何かしら病気をする時と言うのは本来の自分から外れた生き方をしているときにそれをお知らせするサインなのだそうです。

毎日ずっと何か我慢していたりすると病気という形で知らせてくれるのです。嫌なことをやめて本当にやりたいことをするといいのです。

そんな話をしたら、「私は毎日我慢ばかりしています」ということでした。社会生活を営むためには我慢が必要なこともありますが、それが過ぎると身体は常に緊張していますから様々な病気を引き起こします。

操体法の自己責任行動

操体法では、息食動想の4つの自己責任行動と環境が病気の原因を作ると考えます。

呼吸、食事、運動・動作、考え方・感情、これらは他人に変わってもらうことが出来ません。特に考え方や気分の状態で体調が良くなったり悪くなったりします。

体調面だけでなく人生そのものもどんな気分で過ごしているのかによって大きく変化していきます。

そういうことも含めていろいろ話をしていたらだんだん元気になって笑顔で帰って行かれました。

何でもかんでも治るわけじゃないし、医療が必要なこともありますが、人間の自然治癒力は凄いんだってことを伝えて元気になるお手伝いをしていきます。