宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

腰痛のクライアント様の整体臨床例です。50代男性の小学校の先生です。かれこれ7年ほど通ってくださっています。慢性的な腰痛やうつ傾向もあり毎月一回メンテナンスに通院してくださっています。

自動調整整体(自発動)

長年当院の操体法の施術も受けているので、身体の感覚も反応もとても良いのです。いつも何も言わなくても、私が軽く触れるだけで身体がひとりでに動き出して自動調整が行われていきます。

意思とは無関係に身体が自動的に動いて調整してくれるのです。これを操体法では自発動などと言っています。気功による自発動功や野口整体の活元にも良く似た現象です。

操体の自発動の場合は、自分の意思の力ですぐに止めることも出来ますし、それほど深いトランスに入らずに行いますので普通に会話することも可能です。

この方は普段の生活の中でも、腰痛などの不調を感じたときにはご自分でも操体法を行っています。そうすると幾分楽になります。でもなかなかうまく深く入れないことも多いと言います。

しかし、当院で多次元操体法セッションを受けると毎回深いリラックス状態に入ります。脳がトランス状態になります。そして身体の内側から無意識領域からの動きが湧きだしてきます。

それを素直に表現します。そうすると何とも言えない安心感と気持ちよさに包まれて身体の緊張が解放されていきます。ほぼ休まずに毎月7年間通ってくれていますが、毎回来院のたびに「今日も来て良かったです」ととても喜んでくださいます。

7年の間に当院の整体技術も変化してきました。操体法もより繊細により深い領域に効くように進化してきました。そんな変化も楽しみながら通院してくださっています。本当にありがたいです。