宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。めまいの整体症例です。仙台市太白区在住の20代女性です。大学生です。一か月ほど前からめまいが出ていて、授業にも差し支える程でした。

首の後ろが重苦しくて、頭がはっきりしない、フワフワするめまいがしていました。ネットで検索して当院のHPと出会い来院されました。当院に来る前に他の整体院で施術を受けたけどあまり改善が見られなかったそうです。

めまいの整体施術例-仙台市太白区20代女子大学生

専門的な大学の学部に通っていて、来春には国家試験も控えているとのこと。このままだと勉強にも身が入らないので何とかめまいを改善したいとのことでした。

姿勢のチェックと各種検査

まず座位で姿勢のチェック。だいぶ骨盤が後傾して背中が丸まっています。首も苦しそうです。こういう姿勢の方はだいたい座位で肩関節の外転の検査をすると引っかかって挙がりにくいものですが、この方の場合はスイスイ挙がります。

仰臥位で肩関節の内外旋チェックをするも、これもまずまずいい感じです。

僧帽筋の張り具合をチェックすると張りが強く、つまむと痛みもありました。背中のハリや肩の関節はそうでもないですが、僧帽筋のハリと首こりが強くありました。

次に骨盤の動きをチェックすると膝倒し検査の左右差が見られました。股関節の捻じれもありました。

骨盤と下肢の整体

まずは骨盤や足の方からアプローチしました。膝倒し逆モーション操法の応用で股関節や臀部にも効果的な操法を行います。らせんの動きも使いながら臀部から下肢の捻じれを解放していきます。

イタ気持ちよい感覚があります。これで骨盤の捻じれも解消しました。膝倒し検査も左右楽々動けるようになりました。

それで再度僧帽筋の張りをチェックするとだいぶ柔らかくなっていました。

上部頸椎、後頭部の整体

さらに後頭部に手を当てて、ご本人の「首の後ろが重い」と訴えるあたりが楽になるように整体します。「とても気持ちいいです!」と仰います。さらに気持ちが良くなるように、ミリ単位で本人にも動いてもらいます。

この微調整がポイントです。単に受け身の施術ではなく、積極的に施術に参加して頂きます。こういうところが多次元操体法の「セッション」と呼ばれる所以です。ちょうどいいところは本人の身体の感覚に尋ねるのが一番なのです。

そのちょうどよいポイントに入ると非常に整体の効果がアップします。この操法を味わって再度僧帽筋をチェックするとさらにフワフワになっていました。

頸部の整体

さらに頸部の筋肉を丁寧に触診しながら整体します。頸椎は変な風に施術をすると痛くなったり気持ち悪くなったりするので、丁寧に繊細に行う必要があります。施術中の感覚もとても気持ちいいとのことでした。

肩の筋肉の張りもなくなりフワフワに柔らかくなって喜んで頂けました。

再度座位で姿勢のチェック

再度起き上がってベッドに腰掛けてもらいます。すると、自然と背筋がすっと伸びて綺麗な姿勢になりました。無理して胸を張るでもなく、背中を大きく丸めるでもなく、ちょうどよい自然体になりました。

このような姿勢になると頸部の筋肉のストレスもかなり軽減します。

本日の施術の説明と今後の通院についてのお話をして施術を終了しました。この後10分ほど遠赤外線を機械で照射しました。

とても首も楽になられたようで自ら次回のご予約も入れてくださいました。めまいが治って国家試験の勉強に集中できるようにお手伝いさせて頂きます!!