妊婦さんの背中の痛み

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

妊娠六か月の妊婦さんの整体症例です。主訴は背部痛。右側の背中が痛くなるそうです。当院では妊婦さんの整体も受付しています。うつ伏せ以外でご本人が楽な姿勢で施術を行います。

お腹や赤ちゃんに負担がかかるような施術は一切しませんのでご安心ください。

今回の方の症状は、妊娠前はよく左側が痛くなっていたけれど、妊娠中からは右側が痛いそうです。妊娠によって骨盤のバランスも変わってきたのでしょう。

肩上げ検査は左腕はスイスイ耳まで上がりますが、右腕は上の方で引っかかります。膝倒し検査では左右で骨盤の動きに制限があります。

まずは膝に触れて、骨盤の繊細な調整を行います。これで骨盤の動きもスイスイ♪膝倒しも楽に出来るようになりました。肩上げ検査もスイスイです(^^)

背中が痛いからと言って背中を直接ほぐしたり揉んだりするようなことはしないのです。背中が痛いのは背中が悪いわけではありません。背中にストレスがかかるようなバランスを直していくのです。

妊娠中のストレス

妊娠中はホルモンバランスも変わるし、特に初産の場合は不慣れな事もいろいろありますから不安やストレスも増えることでしょう。そんな中で、腰痛や背部痛、股関節痛に悩まされる妊婦さんもいらっしゃいます。

しかし、妊娠中は痛み止めも飲めないし、妊婦さんに対応してくれる整体院も少ないので困っている方も多いようです。

多くの場合、ほんの少しのきっかけで改善していきます。妊娠中は心も体もデリケートになりますから施術もデリケートに行います。動きの調整で自分で動いてもらう時も本当にゆっくり一ミリずつそ~っと動いて頂きます。

優しくデリケートにほんの少しだけ動かすと、体のバランスが中から変わっていきます。

妊婦さんは感覚が鋭い

特に妊婦さんや産後間もない方は動きに対する感覚が高まっている方が多いです。

その理由はなぜかはわかりませんが、赤ちゃんという自然で神秘的な存在と一緒にいることでそのような感覚・感性が研ぎ澄まされるのではないかと思っています。

操体の感覚がわかりにくい方も時々来院しますが、妊婦さんや出産後間もないお母さんに関しては、感覚の鋭い方がほとんどなのです。

お腹の中に赤ちゃんがいるとお母さんはその存在を感じます。そのこと自体が今この瞬間と意識を繋ぎます。多次元操体法のセッションはまさに今この瞬間の心や身体に気づくセッションです。

お腹の赤ちゃんに気づく。動きに気づく。存在に気づく。そういう習慣が普段から出来ているから、きっと多次元操体法のセッションもうまく行くのだと思います。