宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。先ほどのクライアントさんは自営業で仕事をしているのですが将来整体の仕事に進みたいという気持ちがあります。現在は整体とはまったく関係の内容な仕事をしていますがいろいろと勉強をしています。

東京の先生の元で心理系のセッションを受けて将来の相談をしたときに、仙台で整体だったらやすらぎの杜整体院の上川名先生のところに行ってみたら?とアドバイスを受けて紹介で来院されました。

整体師になるには?

他の仕事でもそうだと思いますが、単に整体の技術だけを身につけてもそれだけで食べていくことは出来ません。

  • 整体の技術
  • コミュニケーションの技術
  • 経営の技術
  • マーケティングの技術

等など、開業して生活していくならば様々なスキルが必要になります。自分で出来ることは自分でやればいいけど、自分で出来ないことはお金を出して外注する必要もあります。

いきなり今の仕事を辞めて整体の勉強を始めても収入も途絶えてしまいますから、どのようにして学んでいくのが良いのか、いろいろなケースを想定しながら検討中です。

私の師匠の仙台操体医学院のこともお薦めしてあります。HPも見て検討中だそうです。

整体の技術を学ぶ

  • どんな技術を身につけるのか?
  • 仕事を続けながら学ぶのか?
  • 仕事を辞めて学ぶのか?

いろんな選択肢があります。この方は腰痛で通院していますから、腰に負担がかかるような施術はしたくないと言っています。

リラクゼーションサロンの面接にも行ったそうですが、中腰で腰に負担がかかるのがとても心配していました。本業を続けて副業でリラクゼーションサロンに勤めながら人の身体に触れる機会が持てるのは良い選択肢だと思います。

ただ、その職場ごとのルールもありますし、そこで使われている手技以外は使えない可能性も高いです。また、リラクゼーション経験が長くなるとクライアントさんに対して「もみほぐさないと満足してもらえない」という気持ちが無意識レベルに深く刻み込まれる可能性も高まります。

長時間揉んでお金を頂く、という習慣があると自分で開業して新しい手技を覚えても、長く揉まないと満足してもらえないのではないかという恐れから、なかなか新しい手技に移行できない方もたくさんいます。

ある程度貯金があれば、仕事を辞めて一気に整体スクールに通う方法もあります。整体を学ぶにも学費もかかりますし、生活するのにもお金がかかりますからどのスクールで学ぶのか、どのような形態で学んでいくのかということも慎重に選択する必要があります。

整体院の経営を学ぶ

今は多くの整骨院が自費を導入して整体院化している時代です。一般の人は整骨院と整体院の違いもこれまで以上にわからなくなっていると思います。

国家資格では食べられなくなってきて、国家資格を持っている先生方も自費を導入するために整体のセミナーに通う時代です。だから、整体院で開業するとなれば、周りの整体院だけでなく自費を導入している整骨院や鍼灸院も全部ライバルになります。

その中で自分の整体院に来院してもらうためには、他にはないような魅力も必要ですし、その魅力を伝えるスキルも必要です。

私が開業した10数年前はホームページを持つ整体院も少なかったのでホームページを作ってすぐにクライアントさんが来院するようになりました。ところが年々HPを持つ治療院も増えてきて、特にこの5年くらいは激増してきました。

新たに参入してきた整体院はマーケティングにも力を入れています。広告にもお金をかけています。HPもデザインも内容も力を入れています。だから、これから開業するとなるとそれ以上の魅力を持ち、それ以上の集客力を持って挑む必要があります。

そう考えると年々開業して成功する率は低くなってきているような気もします。

ただ、集客方法はHPだけでなく他にもたくさんありますから、総合的に学んで力をつけていく必要があります。

整体師という仕事

整体の仕事は、単に技術の仕事ではなく人の心や身体に大きな影響を与える仕事です。だから、天職と思ってやっていける人についてもらいたいです。たまたま気づいたら整体師になったという先生はいません。

整体師という仕事はわざわざ自分で選択して、志していろいろなことを乗り越えてようやくなれる仕事です。社会的な地位も権威もありません。生活の保障もありません。

それでも、やはり整体の仕事ならではの喜びや面白さがあります。病院やなどで治らなかった人が整体を受けて元気を取り戻すのを見ると嬉しくなります。

また、症状が治るだけでなく気持ちが変わったり、人生が変わったと言ってもらえることもあります。他人の人生にそういう良い影響を与えられることは嬉しいし生きがいにもなります。

まとまりなく書いてしまいましたが、要は今は整体師になるのもそれで生活していくのも昔と比べてハードルが上がってきているということです。だから、中途半端な気持ちでは目指さない方が良いとも言えます。

開業しても食べていけなくて深夜にアルバイトをしている人もいます。廃業した人たちもたくさん見て来ています。だからこそ、適当なアドバイスも出来ないし本気で人生をかけて取り組んでいける人以外は難しいのではないかとも思います。

そして、本当にクライアント様に喜ばれる整体院が選ばれて残っていくのかなと思います。