宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

椎間板ヘルニアの診断

臀部痛、下肢痛、脚のしびれなどで整形外科に行って
椎間板ヘルニアの診断を受けたとします。

鎮痛剤や湿布を処方されて、毎日食後に痛め止めを飲み
湿布を貼って過ごします。

なるべく安静にするように指示されますから
当然運動などは出来ません。

そうして恐る恐る生活しているうちに
症状がどんどん悪化していきます。

そんな状況で整体院に予約の電話をしてくる人が
とてもたくさんいらっしゃいます。

こういう人には整体をする前に
まず脳の情報を入れ替えてもらう必要があります。

椎間板ヘルニアのせいで痛い。
椎間板ヘルニアのせいで脚がしびれる。

そのように信じ込んでいますから
必ずしもそうではない、むしろそうではない場合が
圧倒的に多いということを理解してもらいます。

しかし、整体師の私よりも医師の意見の方を信じやすいので
すぐに理解してもらえないことも多いです。

なので、本や雑誌の資料を見せながら話します。
そうすると伝わりやすいです。

最近は新しい考えに基づいて治療をしている医師も増えていますし
そういう本も出版されているので説明がしやすくなりました。

何が原因なのか?

ヘルニアが痛みの原因でないとすれば何が原因なのか?

というところから詳しく説明してそれで納得して脳が安心すると、
その時点で回復のスイッチが入ります。

治る希望が湧いてくるからです。

そもそも特に大きなけがもしていないのに
歩けないくらいほどの痛みやしびれに襲われるってことは
よっぽど何かがおかしいのです。

そのおかしいところを整える必要があります。

謙虚になって生き方を整える。
その準備が出来た人ほど自然と回復していくのです。

椎間板ヘルニアの患者さんへの整体

今日も椎間板ヘルニアの診断を受けた方から予約がありました。
そしてヘルニアのせいだと信じ切っていて
毎日鎮痛剤を飲み、コルセットをして、湿布をして過ごしていました。

これでは治るものもなかなか治りにくくなってしまいます。

骨盤も肩甲骨もがっちり固まって動いていません。
筋肉、筋膜が固くなって血流が悪くなってそれでしびれているのです。

その上毎晩お酒を飲んで、鎮痛剤も飲んで
コルセットで締めつけていますから
身体が回復したくても出来ないのです。

やすらぎの杜整体院では施術だけでなく
回復を妨げる要因を取り除くアドバイスも行っています。

栄養問題、身体の使い方の問題、歪みの問題、精神的な問題等など。
複合的に絡み合って症状を引き起こしています。

なかなか治らない人は治りにくいような考え方をしてます。
だから脳内からの改革も必要になるのです。