宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

腰痛の整体症例

整体症例です。60代女性新規クライアントさん。主訴は腰痛と下肢のしびれ。首こりや肩こりの症状もあります。糖尿病も治療中で自己注射を打っています。

まず検査をすると可動域にはあまり問題がありません。骨盤も上半身も動きは良いのです。こういう場合は食生活や精神面の問題の影響が大きいと考えられます。糖尿病もありますから栄養面の問題もありそうです。

食生活の乱れ

「体の動きは悪くないようですが、普段の食生活などはどうでしょう?」と話を振ってみるとニヤリと笑ってました。「仕事が忙しくて食事も不規則で、夜も付き合いで飲み会も多くて甘いお酒も結構飲んでます。」とのこと。

糖質過多の人の体は触るとある程度わかります。この方も典型的な糖質過剰、タンパク質不足のタイプでした。言葉で表現すると筋肉の質感がポチャッとしてくるのです。それは太っているとか痩せているとかは関係なく、要は質感の問題なのです。

でもそういうことは整体のスクールでは一切教わったこともないし、何かの本や教科書で読んだこともありません。臨床経験の中で経験的にわかってきたことなので、医学的には正しくないかもしれません。でも話を聞くとだいたい当てはまっていることが多いです。

ストレスと腰痛の関係

「ストレスが腰痛や体の痛みとして出ることも最近は医学的にもわかってきてるんですよ」と伝えると「え~!そうなんですか?!私は思い当たることだらけです!!」ということです。

常に頑張ってバリバリお仕事をされて、神経が緊張モードになっている印象を受けましたのでそんなこともお伝えしました。そうしたらいろいろ身の上話をしてくれました。

40代中盤で離婚して、まったく資格もなく一人で仕事をして生きていかなくてはならない。そんな状態からゼロから勉強して資格を取り、ブラック企業で修行した後に独立。

今は社員を10名雇って経営も順調だそうです。高級輸入車に乗って別荘も買って、女社長として成功していらっしゃいます。でもこれまで他の人の五倍は働いて来たそうです。バリバリ頑張っていろんなことも我慢しながらストレスも抱えて仕事をしているようです。

「私は腰痛を治してあげることは出来ないけれど、神経の緊張が少しでも緩むようにお手伝いは出来ると思います。」とお伝えしたらまた次回のご予約も入れてくださいました。

総合的にアプローチする整体院

私の見立てだとこの方の場合は食生活とストレスケアをしていくと根本的に改善していくと思います。しかし、実際には仕事を最優先させるライフスタイルがある限り根本改善は難しいかもしれません。

でも身体からメッセージとして症状が出ている以上、そこにどう向き合っていくのかということが今後の人生で問われているわけです。今のペースで多忙な状態を続けていくのか?人に任せられるところは任せていくのか?今後どのような仕事とプライベートの時間やエネルギー配分をしていくかはご本人の問題です。

私はその時の身体から読み取れるメッセージをお伝えするだけです。そしてその時の身体にとって適切なバランス調整のお手伝いをしていきます。

さらに息食動想環境を含めて総合的に様々な提案をさせて頂きます。ご本人の意志を尊重しつつ、何か気づきのきっかけになればよいなと思っています。