宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。当日予約でぎっくり腰の方が来院しました。宮城野区在住の30代の男性です。仕事帰りに来院しました。腰をかがめてとても辛そうです。

身体がとても大きい方でした。(身長も体重も)

体重が重い人は関節にかかる負担も大きいのでとても辛いと思いますが、こういう方ほど整体をした後に大きく変化することが多いです。というのも身体が大きい人ほど内部ちょっとの変化が大きな症状改善に繋がることが多いのです。

ぎっくり腰の発症

今回はぎっくり腰になったのは初めての経験だそうです。車関係の仕事をしており、タイヤを運んだ時に腰を痛めてしまったようです。今日で痛めてから三日目でした。

病院には行ってなくて、近所のドラッグストアでコルセットを買ってきて腰に巻いていました。

ぎっくり腰の対処

ぎっくり腰の対処法について当院のサイトを見つけてくれたそうです。ぎっくり腰などの急性痛は冷やして治すのが従来の常識です。当院でも開業以来ずっとそのように対処していましたが、しばらく前から逆に温めることを推奨しています。

なぜならその方が回復が早いのです。

ただし、痛みが強まることもありますからじっとしていてもズキズキと痛みがある場合は無理に温めることはしません。

我慢できる範囲の痛み、動いたときだけ痛いような場合は温めた方が早く直りやすいです。

ぎっくり腰の対処と整体法

 

ぎっくり腰の整体

この方への整体の様子を紹介します。

ぎっくり腰:座位の整体

まずはコルセットを外してもらってベッドに腰掛けてもらいました。そこからベッドに寝ようとするととても痛そうだったのですぐに辞めて座ったまま整体をスタートしました。

座位で左右の股関節を交互に屈曲してもらいます。痛みがひどくならないように超スローモーションで行います。左の股関節を屈曲すると左仙腸関節に痛みが生じます。

そこで、左足の踏込操法から始めました。操体法の座位踏込操法です。当院では従来の操体法よりも繊細にデリケートに行います。ミリ単位で少しずつ踏み込んでもらいます。

それで一回ごとに動作を確認してみます。徐々に左股関節の屈曲が楽になってきました。

それと同時に左肩の動きも改善しました。先ほど股関節の屈曲検査と同時に肩関節の拳上検査もしたのですが、左肩を上げると腰に痛みが出ていたのがなくなりました。肩の動きも改善しました。

ぎっくり腰:側臥位での整体

次にそのまま横向きで寝てもらいます。左上の側臥位です。左股関節の伸展動作を側臥位で行おうとしたのですが、身体がやりたくなさそうな感じがしたので辞めました。

側臥位での股関節伸展操法も良い効果が出ることが多いのですが、この方はきつそうでしたのですぐに辞めました。体が嫌がる動作はやってはいけないのです。

ぎっくり腰:仰臥位の整体

そのまま仰向けになってもらいます。膝を伸ばすと腰に痛みが出ますので膝屈曲位になってもらいます。それで膝倒し検査をすると左右ともあまり倒れません。左腰に痛みも生じます。

そこで膝のお皿付近に私の手を当てて膝圧操法を行います。仙腸関節に圧をかけて調整していきます。それで左右の膝倒しがどんどん楽になっていきました。

さらにつま先上げ操法を丁寧に行います。操体法の基本操法の1つですが、ギックリ腰の場合でもうまくやると非常に良い効果が得られます。

この方もこのつま先上げ操法がうまくハマり、ご本人が「おお~~!すごい!」とビックリするほどに膝倒しが楽にできるようになりました。

足を伸ばして仰向けになっても楽に寝られるようになりましたので、ここで今日の整体施術を終了しました。

ぎっくり腰になっている時の動作の注意点

施術は終わりましたが、不適切な動作を行うとまた激痛が出てしまう可能性があるので、ベッドから起き上がる時や腰掛けた状態から立ち上がる時の動作の注意点をお話しました。

また、腰にできるだけ負担をかけずに起き上がる方法を習得してもらいました。これを知っておくとだいぶ違うのです。帰りは来たときよりもだいぶ動作もスムーズに楽になられたようです。

かなり痛みが強い場合でも、自動車を自力で運転したり、電車などに乗って来院出来るくらいのぎっくり腰であればその場でだいぶ楽になります。

ただし、ケガのようなものですから完全に痛みが取れて飛んで歩けるようになるということは非常に稀です。でも適切な整体をすれば回復スピードが断然違います。