胸郭出口症候群は、上肢全体や指先全体にしびれや痛みが生じるのが特徴です。

胸郭出口症候群は腕神経叢(わんしんけいそう)や鎖骨下動脈が胸郭の出口で、圧迫や牽引を受けることで生じるとされています。

背骨と肋骨で囲まれた部分を胸郭といいます。医学的には胸郭出口症候群は、腕神経叢(わんしんけいそう)という神経の束が、胸郭から腕の方に出る部分(首から胸にかけて)で、筋肉や骨に圧迫や牽引を受けることで生じるとされています。

当院では神経の圧迫ではなく血流障害による組織の酸素欠乏及び栄養不足が原因であるという説を導入しています。このページではそれぞれの学説の立場から胸郭出口症候群について解説していきます。

胸郭出口症候群の症状

上肢全体や指先全体にしびれや痛みが生じるのが特徴です。手の指の冷感を感じる人もいます。 肩こりがひどい人、なで肩の女性などによくみられます。長時間、腕の血管を圧迫するような姿勢をとる職業の人にもみられます。

  • 腕や手がしびれる
  • 腕がだるい
  • 腕が挙げられない
  • 手が冷たい
  • ひどい肩こりがする
  • 背中が痛い
  • 細かい作業がしにくい
  • 手の力が入りにくい
  • 握力が弱る

などの症状が見られます。

胸郭出口症候群 斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)

斜角筋は首の横から肋骨にかけて付着している筋肉です。前斜角筋と中斜角筋の間には腕神経叢(わんしんけいそう)と鎖骨下動脈が走行しています。前斜角筋と中斜角筋に硬結が存在すると血管や神経が圧迫されると考えられています。

しかし厳密には腕神経叢が圧迫されてしまっている痛みと斜角筋の関連痛の識別は難しいと言われています。

前斜角筋

起始:第3~第6頸椎の横突起
停止:第1肋骨

中斜角筋

起始:第2~第7頸椎の横突起
停止:第1肋骨

胸郭出口症候群 肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)

鎖骨と第1肋骨の間隔が狭まって、腕神経叢および鎖骨下動脈を圧迫すると考えられています。この部位で神経や血管が圧迫され手や腕にしびれが生じている場合に、肋鎖症候群と言います。

胸郭出口症候群 過外転症候群(かがいてんしょうこうぐん)

つり革につかまるような体勢をとると腕がしびれます。小胸筋と胸壁間で、腕神経叢および血管が圧迫を受けると症状が現れます。

小胸筋

小胸筋は、肩甲骨の烏口突起(うこうとっき)から第3~第5肋骨にかけて付着しています。腕神経叢が烏口突起のすぐ下を走行しているので、小胸筋の緊張により、腕にしびれが出ます。

また、小胸筋は肩甲骨を固定する働きもあるため、小胸筋が緊張していると多くの場合、菱形筋など肩甲骨周辺の痛みも同時に生じていることが多いです。

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群の原因について解説します。直接の原因としては上に書いたように神経や血管が胸郭出口で圧迫を受けると考えられています。ではなぜそのような圧迫を受けてしまうのか?主に二つの原因が考えられます。

血管や神経を圧迫する原因

胸郭出口症候群を引き起こす背景的な原因を解説します。主に二つの原因が考えられますが、どちらのケースも複合的に起きている可能性もあります。

筋肉・筋膜のトラブル

胸郭出口症候群で困っている人で肩こりがないという方はまずいないのではないでしょうか?肩や首や肩甲骨周辺の筋肉がこり固まっており、本人も首こりや肩こり、背中のコリなどの自覚症状があります。

それらのコリを引き起こしている原因を考えると、日常生活の姿勢や動作が深く関係しています。ですから、単に直接的な原因を取り除くだけでなく、圧迫の元になっている周囲の筋肉の緊張を解放させるようなケアも必要です。

先天的な骨格の問題

元々の骨格がなで肩である場合に、胸郭出口症候群になりやすいと言われていますが、なで肩の人が全員なるかといえばそんなこともありません。なで肩の人が急に重い物を持ち上げたり、肩こりがひどくなった時に発症しやすいということは言えるかもしれません。

胸郭出口症候群とTMS理論-仙台市やすらぎの杜整体院

上で挙げた胸郭出口症候群のしびれの原因は、一般的にしびれの原因と考えられている原因です。これから先はTMS理論によるしびれの原因について解説します。

整形学的検査結果の矛盾

胸郭出口症候群の患者さんは、しびれや痛みが知覚神経の分布にそわない形で症状が出ています。ですから、医学的には、腕神経叢全体が束ごと圧迫を受けていると考えます。

検査もどの部分で圧迫を受けているのかを調べるために整形学的検査を行ないます。
神経の束を圧迫しているのは斜角筋なのか?鎖骨なのか?小胸筋なのか?とそれぞれ検査をするわけです。

ところが、しびれや痛みの症状が強く出ていても検査が陰性(異常なし)の場合があります。 さらに、検査で陽性(異常あり)と出た部位に触れる前に、他の部分を調整しているうちに症状が消えてしまうことがあります。

真の原因は組織の血流障害

TMS(緊張性筋炎症候群)理論では、組織の血流障害によって酸素欠乏になり、発痛物質が産生され知覚神経が痛みを感じるとするとしています。さらにその血流障害は、抑圧された感情が原因だとしています。

私個人の考えでは、抑圧された感情が原因である場合ももちろんあるし、その他の原因で血流障害が起きることもありうると考えています。長時間の一定姿勢や物理的なストレスでも血流障害は起こります。

なんらかの原因で血流障害が起こっているのは確かだと考えています。
その血流障害を回復するためには、心身両面からのアプローチが効果的です。

神経が圧迫されているというより、その部分が酸欠になっていると考えたほうが説明はつきやすいです。 ですから、圧迫を受けているとされる部分に触れずとも、周囲の血行が良くなることで症状が消失するということが起こるのです

TMS理論は仮説ですが、一般的な医学的な原因と併せて考えてみることでより的確な施術効果が得られます。

胸郭出口症候群の整体施術

仙台やすらぎの杜整体院では胸郭出口症候群に対して一般的な整体院とは少し異なる考え方に基づき整体施術を行っています。

全身のバランス調整

胸郭出口症候群は主に腕や手に症状が出ます。その原因は筋肉のコリによる患部の血流障害です。ですから、その筋肉のコリをほぐせばよいと考えがちです。しかし、その筋肉がなぜこり固まってしまうのか?ということを考える必要があります。

体には体の事情があってやむを得ず筋肉を固めているのです。凝り固まった筋肉を直接もみほぐすのではなく、こり固まらざるをえなかった原因に対してアプローチしていくのです。

原因は骨盤の歪みかもしれません。足を組むクセが骨盤を歪ませて上半身に影響を与えているケースもあります。捻挫した足をかばうことで全身のバランスが大きく変わってしまうこともあります。

そういうことを含めて考慮しながら全身のバランスが調和するような整体をしていきます。

部分と全体

木を見て森を見ず、という言葉がありますが、当院では木も森もどちらも見ていきます。全身のバランス調整を行った後に、必要に応じて患部の調整も行います。

多くの場合、患部はそっとしておいて全身のバランスを整えます。その結果患部には一切触れずとも症状が改善することが多いです。患部にはまったく触れないか、必要な場合のみ患部にも必要最小限の施術を行います。

胸郭出口症候群の場合には、まず下半身や骨盤のバランスから整えていきます。頸椎や頭部、上肢のバランスも調整します。

エネルギーバランスの調整

当院では多次元操体法というヒーリング整体を行っています。目には見えないエネルギー領域の調整も行います。人間は目に見える肉体だけの存在ではありません。目に見えないエネルギー体も含めて多次元的な存在なのです。

胸郭出口症候群になってしまったということは、単に肉体面の問題だけでなく精神面での不調和も同時に抱えている可能性が高いです。エネルギーバランスが乱れて、本来の体の機能を発揮されていない状態なのです。

不要な思いを抱えていたり、ストレスを感じていたりすると、身体面の整体だけではなかなか症状が変化しにくい事もあります。当院では心も体も同時に楽になるように、ヒーリング整体と総合的なアドバイスを組み合わせて提供しています。

ストレスケア

胸郭出口症候群の症状の辛さもストレスになります。しかし、痛みが発生するメカニズムや真の原因がわかると不安が軽減されます。一番の不安は原因や対策法がわからないことです。

さらに、日常生活の中で大きなストレスを感じていることがあれば、ストレスケアにも取り組んでいく必要があります。ストレスケアとは、ストレス耐性を高めることであったり、ストレスそのものを感じないような視点を身につけることです。

ストレスを感じないように目を背けたり、我慢し続けたりということは逆効果になります。

食生活指導

胸郭出口症候群の主な症状は手や腕のしびれです。当院ではしびれの症状が改善しやすい食生活指導も行っています。神経に必要なビタミンが不足すると神経が過敏になります。痛みやしびれを強く感じやすくなるのです。

同じような症状の人に、整体をしてすぐに良くなる人となかなか良くならない人がいます。食生活に大きな原因が潜んでいることもあります。その場合にしびれや痛みを誘発しやすい食品を減らすことで改善効果が高まります。