手首痛の症状と原因、及び整体方法について解説します。

手首痛と整体

手首痛でお悩みの方へ。仙台やすらぎの杜整体院では手首痛に対してちょっと変わった整体アプローチを行っています。

病院では痛み止めの治療をします。鎮痛剤の処方、注射、湿布などがメインです。

治療院や整体院では手首周辺の関節や筋肉の調整をしてくれるでしょう。

仙台やすらぎの杜整体院では、手首の施術は一番最後にします。なぜなら真の原因は他の部位にあることがほとんどだからです。

下半身や骨盤、脊柱、肩甲骨、鎖骨、上腕骨、前腕、、、というように遠い部位からアプローチしていきます。患部は後回しなのです。手首の施術を施術するとしても最後に行います。手首にまったく触れなくても良くなることもあります。

手首痛の症状

手首痛の症状も様々です。

痛みが出る動きも人それぞれですから、その人の痛みが出る動きをよく観察して整体しなくてはなりません。「手首痛にはこのテクニックをやればOK!」というのはありません。

親指側に曲げると痛い、小指側に曲げると痛い、手のひら側に曲げると痛い、手の甲側に曲げると痛い、ひねると痛い、動かしてもいたくないけど、手をついて体重をかけると痛い、等々。

また痛みの出る部位も、手根骨周辺だけでなく、手の甲や手の指、前腕に及ぶこともあります。

痛みの部位や痛みが出る動きによって、整体アプローチも変える必要があります。

手首痛の原因

手首痛の原因はいろいろありますけれど、私の臨床経験上ではどのタイプの手首痛の場合でもある共通する原因があると考えています。

それは、「橈骨と尺骨のバランスの不調和」です。橈骨と尺骨というのは前腕の二本の骨です。親指側が橈骨、小指側が尺骨です。この二本の骨の動きが悪くなっていたり、位置関係が不適切になっているのです。

橈骨と尺骨の距離が広がり過ぎていたり、狭くなりすぎていたり、捻じれた状態で固まっていたり、などなど。

橈骨と尺骨のバランスが変わることで、長年治らなかった手首痛が劇的に改善することも少なくありません。

手首痛の整体 仙台市やすらぎの杜整体院

仙台やすらぎの杜整体院では手首痛の直接原因は橈骨と尺骨のバランスの不調和と考えています。しかし、直接橈骨、尺骨にアプローチしません。

そこにアプローチするのは後回しにします。橈骨、尺骨がなぜアンバランスになっているのか?という事を考えます。

骨自体が勝手に歪むことはありません。骨格の歪みは結果として引き起こされます。よく、「骨盤の歪み」「骨盤矯正」という言葉を聞きますが、骨盤自体が歪むわけではありません。

骨盤は結果として歪んでいます。だから本当の意味で骨盤矯正をしようとするならば、骨盤自体を矯正してもほとんど意味がありません。

「骨盤を歪ませている何か」にアプローチする必要があります。手首痛の場合も同様です。手首痛を引き起こしている橈骨、尺骨のアンバランスを、さらに引き起こしている何かにアプローチします。

そうやって奥の原因をどれだけ見出して、症状との関連を見立てられるかが整体の腕の見せ所です。整体の先生の経験や知識によってもその見立ては変わってきます。

橈骨尺骨のアンバランスを引き起こす要因

手首痛の原因は、橈骨と尺骨のアンバランスです。さらにそのまた原因は上腕全体の筋膜の繋がりの不調和です。骨が歪むのではなく筋膜の歪みにより結果として骨格が歪むのです。

だから上腕全体の筋膜のねじれや歪みを調整する必要があります。

ではなぜ、上腕の筋膜がねじれたのか?とさらに考えます。上腕骨~肩甲骨~鎖骨の繋がりの不調和が存在します。そのまた原因を考えます。胴体と上腕のバランス、骨盤と脊柱のバランス、骨盤と下肢のバランス、、、。

結局そうやって見て行くと、手首痛と言えども全身の筋膜の繋がりのバランスを調和させていく必要があります。

多次元操体法と筋膜調整

操体法の特徴の一つは、連動を使う事。

人間の身体は筋膜を通じて骨格が連動するように創られています。その連動をうまく利用することで、一部位だけでなく複数の部位が同時に変化します。

操体法と一般的な整体法との違いはいろいろありますが、連動を活用していることも特徴の一つです。上手に連動を使うと全身の筋膜、骨格のバランスが一気に劇的に変化します。

多次元操体法では従来の操体法以上に繊細さを追究しエネルギーロスを減らして行いますから、ほんのかすかな動きと場合によっては動きはまったくなくとも、身体の内部から全身が大きく変化します。

また、一般的な整体では整体師が頭で考えて分析して施術を行うのに対して、操体法では受け手であるクライアント本人の感覚を最大限に尊重して施術を行います。

さらに多次元操体法では、クライアントの内側の存在(内なる叡智)とダイレクトに繋がり、無意識領域と対話を行いながら施術(セッション)を行います。

だから一般的な整体よりも深い次元から変化するのです。身体の叡智に従って調整が「行なわれる」ので一切の無理がありません。何かされた感が非常に少ないのにも関わらず身体が内部から変化しますので皆さん不思議に感じられる方も多いです。

手首痛の真の原因

手首痛の原因のそのまた原因を探っていくと、全身の筋膜の歪み・不調和ということになります。

そのまた原因は、その人自身の身体の使い方に問題があったというわけです。最終的にはそこを見て行く必要があります。

手首の関節を痛めるような怪我をしたわけでないのに、日常生活の中で手首痛が発症して、それからなかなか治らないとすればそれだけ手首に負担をかけるような身体の使い方をしてしまった結果だというわけです。

そしてそれは手首の使い方だけでなく、全身の姿勢や動作、緊張した身体の使い方が関係して来るわけです。

緊張した身体の使い方があれば、リラックスした身体の使い方もあります。不適切な身体の使い方があれば、より機能的な身体の使い方もあります。ストレス状況によっても身体の使い方は大きく変わってきます。

そうやって考えると、手首痛と言えども身体操法や精神領域のケアも含めて広い視点で取り組んでいく必要があることがわかります。

手首痛のケア 仙台やすらぎの杜整体院

手首の痛みは、あなたに何かを教えてくれるために発症したのです。

仕事の頑張りすぎ、精神的な余裕のなさ、緊張状態にあったこと、忙しすぎたこと、ずっと不調をごまかしてきたこと、などなど、何か思い当たる節があるかもしれません。

そういうところまで思いが至ると、何かしら気づけることがあります。

必要なことに気づけると不思議と痛みも改善しやすくなります。

逆の言い方をすれば必要なことに気づけない限り痛みはなかなか治りにくいとも言えます。手首痛が治っても肘が痛くなったり、反対側の手が痛くなったりなど、場所を変えて身体はサインを出し続けます。

つまり手首痛のケアは手首のことはもちろんですが、全身のバランスのケアであり、精神領域も含めてその人全体をケアしていく必要があると考えています。

(2016年6月)