引き寄せの法則は強力な自然法則です。

私たちが生活しているこの宇宙には「引き寄せの法則」( The law of Attraction )という強力な法則があります。
世界中の成功者たちが引き寄せの法則を意識的に活用していますが、一般的にはまだまだ知らない人がほとんどです。

「類は友を呼ぶ」「念ずれば花開く」「ご縁」「噂をすれば影が射す」などの日本語も引き寄せの法則を表したものといえるでしょう。

「 Law of Attraction 」( 引き寄せの法則 )というのは、新しい概念ではありません。
この法則は不確定性原理を含めた量子論などの基本概念ともなっているのです。

量子論をたった一言で表現すれば
 意識〔 思念 〕というエネルギーが空間や物質( 観測系 )に作用し、対象である観測系が、〔 思念 〕に感応し影響を受けるということですから。

それに
この法則を前提( 源 )にしてニューソート思想が組み立てられ、マーフィー博士や 「 原因と結果の法則 」を著したジェームズ・アレン 「 成功哲学 」の著者のナポレオン・ヒル博士らの方法論や思想に波及していきましたし
中村天風哲人も「 成功の実現 」第10章で、「 Law of Attraction 」( 引き寄せの法則 )について( 天風哲人の独特の巧みな言語表現で )もっとわかりやすく解説しています。

引用元:http://123tenpu.livedoor.biz/archives/50135878.html

日本でも世界中でも古くから知っている人だけが活用してきた法則ですが、最近は「ザ・シークレット」などの映画の影響もあり、広く知られるようになってきました。

THE SECRET [DVD]
ロンダ・バーン, ボブ・プロクター, ジャック・キャンフィールド, ジョン・アサラフ, ロンダ・バーン
B001BAOCXE
(ザ・シークレットはアメリカの各界の成功者たちが引き寄せの法則とその活用について語っている映画です。)

引き寄せの法則をわかりやすく一言で言えば、
「その人自身の思考が現実を創る」
ということです。
あなたの目の前の現実はあなた自身の思考が創り出しています。偶然や例外は一切ありません。

あなたが経験することはすべてあなた自身が創り出しています。
これはなかなか受け入れがたいことでもあります。
とくに現在つらい現実を目の前にしている人ほど、受け入れたくない言葉です。

しかし、自分の経験はすべて自分自身が創り出しているということを受け入れると、大きな変化が訪れます。
自分の責任で自分の現実を創っていけることになります。

引き寄せの法則と意図的創造の方法

引き寄せの法則が本当にあるかということは、自分自身でそれを経験する以外に確かめる方法はありません。
むやみに信じるだけでは新興宗教と変わりません。

私は、自分自身の転職、結婚、整体院の開業、経営にも引き寄せの法則を意識的に活用してきました。
毎日すべての瞬間にも、この法則を感じながら意識的に活用して生活しています。

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
吉田 利子
4797341904
(引き寄せの法則とその全体像についてわかりやすく解説された本です。人生創造のルールブックともいえるでしょう。)

自分の意識の波動が宇宙に放出されて、それが現象となって目の前に現れるのが引き寄せの法則です。
しかし、いくつかのルールが存在します。
それは波動が放出されてから現実化するまでにはタイムラグがあるということです。
思考の波動が強力なほど、さらにその波動を放出する時間が長いほど、実現も早まります。

思考の波動の内容が変化したり、反対の波動を放出したりすると、現実化が遅くなったり思わぬことが現実化したりします。
さらに、宇宙は善悪の区別や、イエス・ノーの区別をせずに、あなたが考えたとおりの物をあなたの目の前に差し出してくれます。

「嫌だ」「いらない」ということをたくさん考えていると、それも現実化します。
「こうなりたい!」と願う一方で「そうなれなかったら嫌だ」ということも沢山考えていたとしたら、いっぱい考えたほうが優先的に現実化します。

「健康になりたい!」「お金がほしい!」「人と仲良くしたい!」と強く願えば願うほど、それは今現在「私は病気(不健康)だ!」「私にはお金がない!」「私は人と仲が悪い!」ということを宇宙に強く波動を放出していることに他なりません。

今の現実はとりあえず置いておいて、「私は健康である」「私は豊かである」「私は人間関係が良好である」という思考で過ごすことが重要なのです。
「なりたい!」と強く願うことは「そうなれていない!」と強く願っていることと同じです。
ですから「すでにそうなっている」もしくは「そうなりつつある」というように意識的に思考していくことが大切です。

これは最初のうちは意識的にやっていく必要があります。
慣れるとだんだんできるようになります。
いつでも自分が望む状況をイメージし、すでにそうなっている気分を味わっていると、宇宙の法則により、それが自動的に叶えられます。
それが引き寄せの法則を活用した、「意図的創造の方法」です。


引き寄せの法則における感情の役割

ほとんどの人が自分の思考が現実を創っていることを知らずに生活しています。
これは交通ルールを知らずに車を運転しているようなものです。

今考えていることが将来、自分の身に降りかかってくるのです。
そう考えると、自分の思考を意識的にコントロールする必要を感じられると思います。

髪型とか化粧とか、洋服とか、食べ物とか乗る自動車などに関しては、人はいろいろ考えて選択します。
しかし、思考に関しては意識的に選択する人は少ないのです。
出来事に対して無意識的に反応して、無意識的に選択してしまっているのです。

自分の本当の望みを叶えるには思考を意識的に選択していく必要があります。
しかし、人間は一日にものすごいたくさんのことを思考します。
それを一々全部チェックすることは不可能に近いです。

もし自分の思考を一つずつ、これは適切な思考かどうか?とやっていたら、すぐに疲れてしまって、引き寄せの法則なんてどうだっていいや!となってしまうことでしょう。

そこで、引き寄せの法則では感情を重要視します。

今あなたが考えていること(思考)が、あなたが望むものを引き寄せる波動になっているときには、あなたに「いい気分」が訪れます。
もし、今あなたが考えている思考の内容が、あなたが望まないものを引き寄せる波動になっているときには、あなたには「嫌な感情」がやってきます。

感情はそれが単体で勝手に生じるものではありません。
あなたが思考した結果、あなたに何か大切なことを教えてくれるために訪れる重要なサインなのです。

これを「感情のナビゲーションシステム」と言います。

感情はどこからやってくるのか?
それはあなたの内側の深い部分からやってきます。
内側の深い部分を「内なる自己」「大いなる自己」「ハイアーセルフ」「魂」「神」と呼びかえることもできます。

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう
吉田 利子
4797345187
(この本では感情に従いながら具体的に思考の波動を調整する方法が、実例入りでたくさん紹介されています。「なるほどぉ~。望みを実現するのは実はこんなに簡単なことだったんだぁ」と納得できます。)

あなたの本来の姿である「内なる自己」と波動が同調したときに、あなたは「いい気分」を感じます。
あなたの思考が、あなたの本来の姿の「内なる自己」と波動が合っていないときにはあなたは「嫌な気分」を感じます。

ですから、嫌な気分を感じたときには、それに気がついたら少しでも気分が良くなるように思考をシフトする必要があります。
嫌な気分になるようなことを考え続けていたら、引き寄せの法則により、どんどん望まないことがあなたの経験として現れることでしょう。

あなたが経験するすべてのことには、「肯定的な側面」と「否定的な側面」があります。
つらい経験も後になってみれば素晴らしい経験と感じられることもあるでしょう。

否定的な側面ばかりに意識の焦点を当てることは、あなた本来の姿ではありません。
ネガティブな感情を感じたとしたら、まさに今、そのこととに気づかせてくれるサインそのものなのです。
意識的にその現象(経験)の中に含まれる肯定的側面に意識の焦点を当てていきましょう。
このことを「味わい愛でる」と表現します。

あなたがどんな状況にいたとしても、すべての経験を味わい愛でることは可能です。
詳しくは「引き寄せの法則」を物語として解説した名著「サラとソロモン」を読んでみてくださいね。

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
Esther Hicks Jerry Hicks 加藤 三代子
493144976X
(この本は仙台やすらぎの杜整体院の患者さんにも大人気です。読んで人生が変わった人が沢山います。)

生活の中ですべてを味わい愛でることを実践していくと、実際に現実が変化していくことを感じられることでしょう。
仙台やすらぎの杜整体院の患者さんの中でも、思考を変えることで現実が変化するという体験をされる人がたくさんいます。
これは特別な人にだけ与えられた方法などではなく、生命体すべてに与えられた自然の法則なのです。

引き寄せの法則と感情のナビゲーションシステムの活用

ここまで読み進められて、どのように感じているでしょうか?
「そんな引き寄せの法則なんかあるわけがない」「私には関係ない」その様に思われるのもあなたの自由です。

引き寄せの法則は、それを知っている人にも、知らない人にも同様に公平に作用しています。
「引き寄せの法則などない」と信じる人には、「引き寄せの法則などない」と信じざるを得ないような経験が引き寄せられます。

私自身も、この法則が本当かどうか、という議論はどうでもいいのです。
「もし引き寄せの法則が本当だとすると活用しないと損だ」と思ったので、試しに意識的に実践していくと、本当だと信じざるを得ないような出来事がどんどん自分に引き寄せられてきたのです。

今でも完璧に活用できているとはいえない部分もありますが、引き寄せの法則を知らずに生活していた頃と比べると確実に人生は好転しています。
でも最初のうちは、ポジティブに考えようとしてもなかなかできませんでした。
ネガティブに思考する習慣が自分自身に染み付いてしまっていて、なかなかポジティブになれませんでした。

それでも感情を大切にして「感情というナビゲーションシステム」を無視せずに、思考をコントロールしているうちに徐々にネガティブな思考が少なくなってきました。
ネガティブな思考をする習慣をもつ、ほとんどの人がポジティブに考えることが難しく感じます。
しかし、内なる自己の波動は愛の波動ですから、ネガティブな思考を手放すと自然とポジティブな思考がわいてくるようになります。

また、現在体調が悪かったり、つらい経験をされている状況の中では、なかなかネガティブから抜け出すことも難しくなっていることもあります。
そんなときに便利なツール(道具)がEFT(感情解放テクニック)なのです。
ネガティブな思考のクセやトラウマを解放する便利な道具なのです。

仙台やすらぎの杜整体院では、引き寄せの法則の実践をベースとして、ネガティブな感情を解放し心身の調和をとり戻すEFTセッションを行なっています。
ご希望の方は2回目以降の予約時に「EFTセッションを希望」とお申し込み下さい。