なぜ痛いのか?あなたはその理由についてきちんと説明を受けたことはありますか?

腰痛、頭痛、坐骨神経痛、関節痛など、痛みはつらいものです。
なかなか痛みが治りにくいこともあります。
実は痛みについてはお医者さんも、整体カイロなどの民間療法家もよくわかっていないことが多いのです。

なぜ痛みが生じるのでしょうか?痛みの原因には様々な説があります。
「骨が変形しているから」「老化のせい」「神経の圧迫」「骨盤の歪み」「運動不足」「筋力の低下」「気のせい」などなど・・・。
果たしてそれらの原因は本当なのでしょうか?

骨が変形していても、年をとっていても、神経が圧迫されていても、骨盤が歪んでいても、運動不足でも、筋肉が弱っていても痛くない人もいます。
なかなか改善せずに、整形外科や接骨院(整骨院)、整体、カイロプラクティックなどいろいろな治療院めぐりをしている患者さんは、治療家からいろいろなことを言われて混乱してしまいます。
まずは痛みについての正しい知識を得ることが大切です。

痛みのメカニズム 仙台やすらぎの杜整体院

痛みのメカニズムを解説いたします。
痛みの正体を正しく理解することで不安を解消し、適切な対策を行ないましょう。

1.痛みは電気信号である

痛みの正体は電気信号です。電気信号を脳が認知して「痛い!」と感じるのです。
ですから痛みは脳の働きと深い関係があります。
この電気信号を脳が感じなければ人は痛みを感じないのです。

例えば「面白いテレビ番組を見て笑っているときは痛みを忘れていたけれど、番組が終わって痛みについて再び考えていたらどんどん痛みが増してきた」などという体験をしたことがあるでしょう。
同じ刺激に対しても電気信号を脳がどう処理するかにより痛みの感じ方も変化するのです。

2.「早い痛み」と「遅い痛み」の2種類の痛みがある

痛みには大きく分けて2種類の痛みがあります。
「早い痛み」と「遅い痛み」です。

例えば手で自分の太ももをつねると痛いでしょう。つねった瞬間に「いたっ!」と感じます。
でも、つねるのをやめればもう痛くありません。これが「早い痛み」の例です。

軽くつねれば問題ありませんが、もし思いっきり力を込めて1分間くらいつねったとしたらどうでしょう。
あざができたりするかもしれません。次の日になってもズキズキ痛むかもしれません。
1週間くらい鈍痛が続くかもしれません。これが「遅い痛み」の例です。

このように痛みには、そのときだけ感じる「早い痛み」と、刺激がなくなったあとにも続く「遅い痛み」があるのです。早い痛みに関しては刺激をやめればなくなりますから、問題ありません。
問題は「遅い痛み」にどう対処するかです。

3.「遅い痛み」の正体は発痛物質

患部に傷ができたりして患部が連続して大きな刺激を受けると、脳が交感神経を緊張させます。
交感神経が緊張すると血管が収縮します。

血管が収縮すると血流が制限されます。
血液の役割は細胞に酸素と栄養を運ぶことですから、血流が悪くなると筋肉組織の酸素が欠乏します。

組織が酸欠になると、酸欠を解消するために血液から発痛物質が産生されます。
遅い痛みの正体は発痛物質なのです。
発痛物質とはブラジキニン、プロスタグランジン、セロトニンなどのホルモンです。

こうした発痛物質が、知覚神経の先端にあるポリモーダル侵害受容器にぶつかると電気信号が発生します。
その電気信号が脳に伝わり「痛み」を感じます。

「遅い痛み」はこのようなメカニズムで発生します。

4.怒りや不安が痛みを増加させる

痛みには脳の働きが関与しますから、外部からの刺激がなくても痛みを感じることがあります。
とくに怒りや恐怖、不安などのネガティブな感情を抱え続けていると、交感神経や運動神経が緊張します。

「嫌だなぁ」と感じているときは、脳だけでなく全身で「嫌だなぁ」という状態になるのです。
怒りを感じているときは全身で怒っているのです。
動物を見ても怒っているときはわかりますよね。
背中の毛も逆立つし、全身で怒りを表現しています。
情動が器官にも影響を与えるのです。

ですから、怒りや恐怖、不安な状態が長く続くと、患部が刺激を受け続けた時と同様に、交感神経緊張⇒血管が収縮⇒末梢の血流が悪くなる⇒組織の酸素欠乏⇒発痛物質の産生・遊離⇒神経が電気信号を脳に伝達⇒痛みの発生となるわけです。

脳は、痛みを感じると同時に不安や怒りなどの感情も同時に感じます。
日頃からストレスをたくさん感じていたり、ネガティブな感情を感じやすい人ほど、脳は痛みを増加させてしまう傾向にあります。

痛みを発生させるような外的な刺激が一切なくなったのにもかかわらず、慢性的に痛みを感じ続ける人もいます。
次に慢性痛発生のメカニズムを紹介します。

5.慢性痛は痛みの悪循環

腰痛を例に取ると、急性腰痛(ギックリ腰)になってしまい寝返りも打てないくらいに痛くなったとしましょう。同じような程度のギックリ腰でもほうっておいても数日で完治してしまう人もいれば、何ヶ月も何年も腰痛で苦しむ人がいます。

人間には自然治癒力がありますから、悪性腫瘍・骨折・感染症などの重大な病変でないかぎり、腰痛も基本的には自然治癒するはずです。
しかし、放っておいて治る人と治らない人がいるのです。

痛みがなかなか良くならないと不安や恐怖を抱きます。
不安や恐怖は痛みを増加させます。痛いとまた不安になります。
しまいに痛みそのものがストレスとなり、常に交感神経を緊張した状態が続きます。
交感神経が緊張すると⇒血管収縮⇒血流悪くなる⇒組織の酸欠⇒発痛物質⇒痛み という悪循環が続いてしまうのです。

痛みが痛みを引きおこすのです。このような痛みの悪循環がくり返されると、脳にそのような悪循環サイクルが記憶されてしまうのです。
その結果、わずかな刺激でも痛みを感じるようになったり、慢性的に痛みが続くという状態(慢性痛)となるのです。

慢性痛解消のために 仙台やすらぎの杜整体院

慢性痛解消のためには、痛みの悪循環をどこかで断ち切ることが必要です。
痛みの悪循環をもう一度おさらいしてみましょう。

知覚神経が興奮
 ↓
交感神経・運動神経の興奮
 ↓
血管の収縮・筋肉の緊張
 ↓
末梢の血流が悪くなる
 ↓
組織の酸素欠乏
 ↓
発痛物質の産生
 ↓
知覚神経が興奮(痛み)

痛みを和らげるためにはこのサイクルで起きている逆のことが起これば良いわけです。
例えば、副交感神経の興奮・血管が拡張・筋肉のリラックス・末梢の血流が促進・組織の酸素が十分に足りるなどのことが起これば良いのです。

そこで仙台やすらぎの杜整体院では、操体法や各種手技療法により筋肉や筋膜のコリをリリース(解放)したり、血流を改善させる生活習慣指導をしたり、エネルギー療法を用いて交感神経が緊張するようなストレスを解放したりということを行なっているのです。

痛みのメカニズムを理解していただき、慢性痛の悪循環を断ち切ります。
痛みの悪循環サイクルをみるとはっきりわかりますが、自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが非常に大切です。

自律神経のバランスを乱すものは、生活の中にたくさんあります。
食生活習慣、ストレスの感受性、身体動作、精神活動、夜更かし、睡眠不足、長時間のパソコン使用、働きすぎ、家庭や職場の人間関係などなど、実にさまざまな要素が絡んできます。

ですから慢性痛の根本解決のためには、生活習慣の改善を含めて総合的なアプローチが大切になります。
施術者による一方的な治療ではだめなのです。
患者さん自身の生きかたを見直し改善することにより、自然治癒力が高まると、自然とその人自身の身体が治してくれるようになっているのです。

生物・心理・社会的医学モデルの導入

このページを作成する上で非常に役に立った参考文献をご紹介します。
痛みのメカニズムと腰痛の真の原因について書かれています。
一般的な整形外科では従来の損傷モデルに基づいて治療が行なわれています。
従来の理論を信じている人にとっては目からウロコの内容でしょう。

トリガーポイントブロックで腰痛は治る!
加茂整形外科医院院長 加茂 淳
4938939525

石川県小松市の加茂整形外科医院には、全国から重症・難治性の腰痛患者が来院し短期間で回復されています。
従来の脊椎の「損傷モデル」による腰痛治療理論でなく、新しい「生物・心理・社会的医学モデル」による腰痛治療理論に基づいて治療を行なっている先生です。

仙台やすらぎの杜整体院の施術理論も、加茂先生の理論と基本的に同様です。私は医師ではなく民間療法家ですから施術方法も異なりますし、民間療法の立場から慢性痛の根本的な解決を目指して研究と実践を続けています。

現役の整形外科の医師として、本当のことを書くのは非常に勇気のいることと思います。
加茂先生に感謝の思いで一杯です。これからの日本国内の腰痛治療を根底から変える可能性を秘めています。
この本の中では、やすらぎの杜整体院の施術のベースである操体法のことも推薦されていて嬉しかったです。