宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。愛知県名古屋市から初参加のBODY LABO IZUMI代表・竹中幹雄先生の多次元操体法講習会の感想です。

やすらぎの杜整体院のHPやブログを読んでくれて、竹中先生が取り組んでいる治療法と非常に考え方も似ていて共通点が多くあるということで興味を持って頂いたとのこと。

操体法も多次元操体法も一般的な治療法と比べるとかなり異質な点が多いですが、自然法則の活用なので当然他の治療法にも共通しているところはあると思います。

私はむしろ操体法にこだわるのではなく、「自然の法則があるのみ」と考えています。なので操体だろうと、他の療法だろうと関係なく、これはホンモノだと思うものをどんどん取り入れて融合させてきました。多次元操体法は従来の操体法と各種療法や自然法則を融合させたものなのです。

だから流派や手技が違っても、同様に法則性を追究している先生とは響き合うものがあります。

初めまして。昨日初めて多次元操体のセミナーに参加させて頂きました竹中幹雄と申します。

昨日ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました。

操法を始め、いろんな気付きを頂きました。

また、多次元グループの皆様方の良いエネルギーを浴びにたまに顔を出させて頂きたいと思います。

早速今日、操法をいろんな方に試しております。

一人反応の良い方は、

先生、なんか僕はヨガをしたことないんですけど、補助してもらってヨガをしてる感覚です。内側に凄い効いてきます。

と仰ってました(*^^*)

圧を封じ込める。

これを意識してまたいろんな方に試していきたいと思います。

「補助してもらってヨガをしている感覚」…。なんかわかります。自分でヨガのポーズを作るよりもちょっとお手伝いしてもらった方が深く中に効いてきます。

でも他動的なストレッチをするのとも違います。「圧を封じ込める」という概念が多次元操体的なのです。

竹中先生は操体法は初めてでしたが、普段メインで行っている手技と操体法の共通点を見出されていたようでした。治療の考え方も「その人の身体がやりたがっていることを引き出す」ということで、操体法とまったく同じだなぁと思いました。

またちょっと触れてもらって手技をやってもらったのですが、それも操体法の皮膚操法と非常に近い感じがしました。

私もいろいろな気づきを得ることが出来ました。ヒントとアイデアを頂いたので、さっそく自院の臨床でも活用しています。そしてクライアントさんにかなり驚いて頂いています(^^)