多次元操体法セミナーIN大阪回想録2 2017年7月23日

多次元操体法大阪セミナー編の続きです。

今回の大阪セミナーには、整体師やセラピストではない方も三名参加されていました。それぞれご縁があっての参加でした。整体や治療には関わっていないけれど参加してもよろしいですか?とお問い合わせがあり、意味不明のことや訳の分からないことも多々あるかもしれませんが、それでもよろしければどうぞ、とお返事を致しました。

そうしたらそれでもぜひ!と参加して下さった三名でした。

整体やセラピーに関わる先生が29名、一般の方が3名、合計32名の参加でした。先生方の中でも以前より操体法を学ぶ人もいれば、今回初めて操体に触れる人もいます。

せっかく参加して頂くわけですから、常連の先生も未経験の先生も、一般の方にも喜んで頂けるような内容にしたいと思っていました。そこで事前に質問を募集したのですが、まず何を質問したらよいのかということもありますし、結局質問やリクエストは集まらない状態で当日を迎えました。

当日その場で質問が出たら、それに従ってやっていこう、質問が出なければそれはそれで心に浮かんできたことをやってみようと覚悟を決めてセミナーが始まりました。

最初は座学で、多次元操体法や健康哲学、人生哲学についてお話をさせて頂きました。ある程度メモ的なものは用意していましたが、自分で話しているのだけれど、自然と話が中から湧いてきて自分も同時に聴かされているような気持ちでした。

一時間ほどお話をさせて頂いて、それから実技のワークをすることにしました。その時点でもまだ質問やリクエストはありませんでした。皆の前で質問をするのも緊張しますよね。

そこで、逆にこちらから質問をさせて頂くことにしました。

特に一般の方がなぜこんな意味不明の整体のセミナーに参加しようと思ったのか?三名の一般参加の方々にそれぞれに参加理由を聞いてみたのでした。

Mさん(行政書士・男性)の参加理由

ネットで操体法を知り、さらに検索中にやすらぎの杜整体院のHPと出会う。ブログやFBでセミナー参加者が体をくねらせ、よじらせて気持ちよさを味わっている様子がアップされているが自分もそれを体験してみたいと思った。

Tさん(会計士・女性)の参加理由

実行委員の泉先生のご紹介でした。別のセミナーに一緒に参加した後の懇親会の席で泉先生が波動についていろいろ話すのを聞いて、ご自身も波動に興味があり、泉先生のFBでの大阪セミナーの案内のシェアを見てとにかく面白そうと参加を決意。

Kさん(主婦)の参加理由

「優しい手の触れ方 操体法」で検索して当院のブログがヒット。ブログを読むうちに考え方に共感してくださって、ちょうど大阪セミナーの告知を見てお申込み頂きました。しかし、その時はいったん募集を締め切りキャンセル待ちの状態でしたがその後再度参加意思を確認させて頂いたところ改めて参加を決定されました。

一般参加の方に照準を合わせてスタート

実技は一般参加の方に質問をしてそこから組み立てていくことにしました。プロの参加者の先生は技術レベルも操体の関わりもそれぞれ違いますので、まずは一般の方の要望を聞きながら、プロの先生も一般も関係なく深く学べるものを提供しようと思いました。

この後、主婦のKさんに前に出て来てもらって多次元操体のデモを行ったのですが、びっくりするような展開になったのです。

つづく…