宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

先日の第49回多次元操体法講習会の当日の午前中のグループレッスンについて群馬県前橋市のあやいろ整骨院院長宇野聡宏先生よりレポートを頂きましたので転載します。

第49回多次元操体法講習会 グループレッスン

上川名先生、皆様こんにちは!
群馬県前橋市の宇野です。

第49回多次元操体法講習会のレポートをさせて頂きます!
次回はいよいよ、50回ですね~!
素晴らしい~(*^^*)
スゴイですね~。

先に大内先生の素晴らしいレポートが出ていて、
かぶる部分もありますが、私なりの切り口にて^-^

個人レッスン改め、グループレッスン編

☆つま先上げ
・大内先生のリクエストで、「つま先上げ」
今回はこれのみ!
・上川名先生いわく、簡単そうに見えて、1番難しい。
・つま先上げだけで、1日講習会出来るくらい、深い!
・操法は極めるほどに、地味に動きも小さくなっていく。
・つま先上げに対する信頼感は年々上がっている。
ー自分で凄さを体感することが大切。
・1発で全身が変わる。
・儀式ーおごそかな儀式を行うが如く、静かに丁寧に行う。
↑これは、何回も強調されていました!大切!
・ディープフロントラインに伝わる。

という話の中で。
大腰筋が緩むと、精神や、トラウマなども開放されることがある
というのを教えて頂きました。
先日、上川名先生がアップされたゆらしの最中に号泣された女性も、
そういうことが関係しているのかもしれない、
とのことでした(*^^*)
身体と心のつながり。
とっても興味深いお話でした!

★つま先上げ 手順
?仰向けに寝た受け手に「どんな感じがありますか??」
と聞き、自分の身体に意識を向けてもらう。

?足元の離れた位置で、相手の正中線上に入り、
一歩ずつベッドに近づく。
そして、静か~にベッドに乗る。
この時、自分の膝とベッドとの摩擦も出来る限り、減らす。←儀式を行うが如く!

?検査
膝倒し。
ノーテンションで、寄り添いついていく。
片方ずつ、つま先上げ。
やりやすい方、やりづらい方を確認。

?やりやすい方のつま先上げを行います。
もし、左右差がない場合は、両足一緒に行います。

?つま先上げの検査を行い、大体、左右一緒になることが多いので、
そうしたら、今度は、両足行います。

・初動を捉え、釣り合うので、見ためでは、ほとんど動きがない感じ。
ですが、じわーっと、全身に伝わっていく感じを確認します。

・ちょっと、わかりづらければ(術者も受け手も)、
「少し胸をそらしてみて~」などの声がけをしてみても、
伝わりやすく、イイ感じです。

・縦のラインのつながりを確認出来たら、
肩から腕にかけての横ラインへの流れも意識するような声がけ、
例えば、「肩から腕にかけても伝えてみましょうか~」
みたいに言ってみてもよいです。

・オプションとして、つま先上げと同時にバンザイをしてもらっても、
背中の方に伝わりやすくなるので、イイです。

他。
・施術をする中で、どうも自分の施術が雑だなあ、と感じる時には、
操法を終えた後の余韻を長めに取る。
大体、3呼吸くらい。意外と長い。

つまり、すぐに手を離さないで、静寂を感じる。
動いている時の陽と、
その後の陰。
このバランスが大切。

続いて、講習会編。
ですが、今日は、台風も来ているので、
一旦これにて。。。