宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。ちょうどブログを書こうとしていたところに明日の第61回多次元操体法講習会に参加予定の先生からメッセージを貰いました。

午前中に行われるグループレッスンについてのリクエストを頂きました。

上川名先生、こんにちは!明日はいよいよ多次元操体法講習会ですね!よろしくお願いいたします(^^)またグループレッスンもお願いいたします。
 
さてグループレッスンでのリクエストなのですが、実は10日ほど前に、膝をグギッとひねり、ずっと違和感とだるさが続いていて、さらに1週間前に経験したことがない四十肩の症状が出てきました。
 
幸い痛みは数日でおさまりましたが、膝は変わりません。そこで出来れば明日のグループレッスンの際に、膝の操体と四十肩の方ににされているようなものがあれば、ぜひ教えていただけると助かります。
 
詳しくはまた明日お伝えします。では1か月ぶりの仙台楽しみにしております。よろしくお願いいたします(^O^)/
さて、明日のグループレッスンはこの先生に対するガチンコ施術を参加者の皆さんでやっていきたいと思います。
 
でも膝を治す操法も、四十肩を治す操法も、そんなものはありません。
どうしたらよいかは身体が知っています。その答えを聞いて表現するのみです。
 
そのためには、まず膝を治そう、四十肩を治そう、という意識をどれだけ捨てることができるか?
 
これがなかなか操体法を学び始めて最初の内は難しいところです。治そうとすると治らなくなります。身体に寄り添って身体の声を聞く、というスタンスが大切です。
 
そんなことも含めてグループレッスンやっていきます。
 
治るか治らないか、それはその人の体が決めることです。
自然の法則がやってくれることです。
 
だから治そうとする必要はありません。
治すのではなくて、今体が何を欲しているのか、
どうしたがっているのか?どうされたがっているのか?
 
そこにピントを合わせていきます。
 
治るかもしれないし治らないかもしれません。
しかし、身体にとって必要な事をすれば早く治ることでしょう。