宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。先週仙台操体医学院に通学中の群馬県の宇野カズ先生が多次元操体法のレッスンを受講してくれてその感想を頂きました。

多次元MLのみなさん、こんにちは。

群馬県のあやいろ整骨院の宇野和康です。

個人レッスンを受けて参りましたので、報告致します。

膝伸ばし操法と腓骨上げ操法を行いましたが、やり方に関しては、今までの講習会の報告の投稿があると思いますので、省略させて頂きます。

2つの操法を通じて教えて頂いた多次元エッセンスをご紹介させて頂きます。

【安心感で人は変化する】

優しく触れるだけでも人の体は緩む。

脳が安心することで、体は変化する。

信頼感があれば、何をしても効く。

安心感、信頼感を築くためのコミュニケーションであり、操法。

【イマココ】

頭で考え、思考が入ると、雑味が入る。

触れる中で「この人の体はどうしたいのか?」を感じつつ、圧を封じ込めながら、動きについていく。

触れた時に「ここから丁寧に感じて」と感覚をしっかりと感じるように促すと、受け手も感覚に意識がいき、イマココに集中できる。

操法は儀式なので、操者と受け手、2人ともがイマココに意識を集中していることが必要。

【自分を許す】

緊張感があったり、動かそうという意識であったり、色々な感覚に自分で気づくことがある。

それらを感じたら否定するのではなく、認めてあげる。

「そりゃ緊張するよね」

「緊張してても大丈夫だよ」

など、認めて、許してあげるといい。

否定すると、その悪影響は強くなる。

【連動を促す声かけ】

操法をしながら

「足はどうしたいかなー?」

「腰はどうしたいかなー?」

などと1つずつ聞いてあげることで、受け手がその部位に意識を向け、連動が出やすくなる。

以上です。

上川名先生、どうもありがとうございました!

和康先生感想ありがとうございます!


やすらぎの杜整体院では一般のクライアントさん向けに操体法の個人レッスンを行っております。受付は随時募集しています。一般のクライアントさんの場合には、セルフケアの技術を身につけたい方、操体法の施術をじっくり味わってみたい方などが受講されています。

また、当院で開催している多次元操体法講習会に参加している先生や仙台操体医学院の学生や卒業生、その他個人的に上川名と交流のある先生で操体法に興味がある先生もレッスンを受付しています。

操体法個人レッスン・グループレッスン

通常の講習会ではお伝えしきれない操法の細かいコツも丁寧に直接指導致します。多次元操体法の常連の先生方もこれまで皆さん精力的に受講して下さっています。

操法を習ったけどいまいち使いこなせていない、という場合にちょっとしたコツをしるだけで効果の出方がまるで違ってきます。本当にちょっとしたことで全然違いますので操法の精度を上げたい方はぜひ受けてみてください。