これから整体しようと思ったら、すでに肩の痛みが消えてしまった不思議な症例を紹介します。

当院で毎月開催しているプロの治療家向け講習会、「多次元操体法講習会」での出来事です。毎回参加者の先生を相手に皆さんの前でデモンストレーションの操体法施術を行います。

栃木県から初参加された理学療法士のU先生にモデルになってもらいました。「今日はどこか調子悪いところありますか?」と尋ねると「右の肩が痛いんです・・・」と言います。

そこでベッドに腰掛けてもらって肩の検査をすると、腕を横から挙げようとしても前から挙げようとしても、肩の関節が引っかかってしまって90度以上上がりません。痛みもありました。

不思議な整体体験

次に仰向けで寝てもらうと左右の股関節が捻じれているのがわかりました。当院の整体では、患部に直接施術するのではなく、体全体の調和が取れるようにバランスを整えていきます。そこで股関節のねじれ具合を検査してみました。

股関節のねじれ具合をチェックして、「さてでは操法を始めようか」と思いつつ何気なくU先生の全身を眺めてみると「あれ?股関節のねじれが治っている!!!」

まだ施術もしていません。どういうわけか股関節の歪みが解消してしまったのです。そこでもう一度起き上がってもらって肩の検査をしてみたところ、可動域制限・痛み・クリック音がすべて解消してしまったのです!!

参加者の先生方もびっくりしましたが、時々このようなことが起こることがありますから、私はそれほど驚きませんでした。U先生もたまたまちょうどこの日だけ肩の動きの調子が悪かったと思っていました。ところがそうではなかったのです。

多次元操体法講習会後の懇親会にて

多次元操体法講習会が終了し、仙台駅前のお店にて懇親会を行いました。

懇親会でU先生に「U先生の肩はいつ頃から痛かったんですか?」と尋ねると「うーん、結構しばらく前ですね。かれこれ7年ほどになります。」とのこと!!

7年前からの痛みが何もしていないのに治るなんてそんなことがあるのか???そんなに前から抱えていた痛みとは知りませんでしたから私もこれには本当に驚きました。

理学療法士 U先生からのメッセージ

多次元操体法講習会の参加者専用メーリングリストにU先生から頂いたメッセージを転載します。

上川名先生、講習会に参加された先生方昨日はありがとうございました。

また、MLの先生方はじめまして。 宇都宮のUと申します。 よろしくお願いします。

初めて多次元操体講習会に参加させていただき、ビックリで衝撃の体験をさせていただいたので報告します。

私は、7年ほど前から肩に痛みがありました。

動きとしては、肩の屈曲90度で違和感と痛み。 肩の外転90度で痛みと骨性のクリック音がしてました。

仰向けになり、視診していただいたところ左の股関節が外旋ぎみ、右の股関節が内旋ぎみでした。

次に、股関節の内外旋の動診をしました。 動診して手を離し、再度視診したところ 上川名先生が『股関節のあたりもう整ってるね!』と、、。

仰向けになった時間としては20秒ほどです。 再度、座位になり肩の屈曲、外転の動診をしたところ違和感、痛み、クリック音全てが無くなっておりスムーズに180度まで上がりました。

私の頭の中は?でいっぱいになりましたが、とても貴重な体験をさせていただきました。

私ごとですが、講習会に参加するにあたり上川名先生のタッチを味わってみたいという意識がありました。 なので、上川名先生のタッチに意識を集中していた自分がいまして、最初に触られた瞬間、なんとも言えない安心感がありました。

上川名先生の神的なタッチで一瞬で整ったのでしょうか。 私にはわからなかったのですがとても貴重な体験をさせていただきました。 ありがとうございました!

脳と整体

U先生に対しては、私は肩と股関節の検査をしただけです。整体らしいことは何もしていないのですが、それで痛みが取れたということは、U先生の脳に変化が起きたと考えた方が自然です。

以前から私のことを知ってくださっていて、おそらく不安感や期待感と共に多次元操体法の講習会に参加されたことでしょう。そのようなU先生の心理状態がこのような変化に繋がったと思います。

それと同時に他の参加者の先生方の温かい気持ちや全体の場の雰囲気も影響したに違いありません。

ということは、施術者とクライアントの信頼関係や心理状態、そして場の波動などがいかに大切か、整体の効果にも反映されることの証明でもあるように思います。

U先生の後日談

講習会の当日は、肩の痛みが楽になったようですが、翌日以降はどうだったのか気になっていました。

数日後にU先生から別の件でメッセージを頂きました。

昨日、久しぶりに野球をしたんですが肩の痛みがなくピッチャーまでする事が出来ました(^^) ほんとにありがとうございます!

ということでした。なんと!その後も調子が良いようです。本当に不思議なことがあるものですね。

(2013年8月)