「紫色の線が左上から右下に向かって伸びています。」
と、その患者さんが言いました。

患者さんの体の感覚を観察しているときに、彼女の頭に浮かんできたイメージです。
身体感覚が色や形で感じられる素晴らしい感性を持つ患者さんの症例を紹介します。

めまいと自律神経失調症

その女性の患者さんは、めまいを始めとする様々な不定愁訴に悩んでいました。
手や足の感覚も少しマヒしたようになっていました。

病院でMRI検査をしても異常が見つかりませんでした。
療養のために仕事も現在休職中です。
心療内科の病院へ行こうか、当院へ来ようか迷った末、「自然治癒力を高める方法で何とかしたい」と決心して来院されましたのでした。

操体法と膝裏のコリ

本日は3度目の来院です。
めまいや手足のマヒ感は2度目の来院時にはだいぶ良くなっていました。食生活についてもいろいろとお話したので、そちらの改善も効いたようです。
今日は少し腰痛があったので、いろいろやってみましょうということで操体法の施術が始まりました。
あお向けに寝ると腰が痛いのでそれを解消したいとのことでした。

操体法では膝裏にできたコリを重要視します。
体のアンバランスを支えるために、膝の裏だけじゃないですけど、体のあちこちにコリが出来ているのです。
体の骨格バランスが整ってくると、その場でコリも解消します。
あお向けに寝ると腰が痛いのですが、両膝を曲げてもらうと楽だといいます。
その楽な姿勢で、膝の裏のスジを触診してみました。

左脚の膝裏にごりっとしたコリがありました。ちょっと指で押してみるとかなり痛がります。
「さて、このコリはどうやったら緩んでくれますかね~?」と私。
前回は足をいろいろ動かして調整したので、今日は手を動かしてみようと思いました。

操体法 膝裏のコリと体の歪み

「手を動かしてみて、もしこの膝のコリがなくなったら面白いでしょ。」と私は言いました。

操体法では、膝裏のコリを緩める方法はいろいろあるのですが、膝とは一見関係ないような体の動きで、膝裏のコリが緩むと、不思議であると同時に、非常に驚かれる患者さんが多いです。
別に驚いてもらいたくてやるわけじゃないですけど、人間の体って不思議だなーという体験を一緒に味わうことができます。

体のあちこちの細胞さんたちが、それぞれ協力しあいながら体のバランスを保っているのです。
そのことを実感として体験していただきます。

操体法 前腕の皮膚操法

あおむけで膝を立てたまま、彼女の左腕の前腕の皮膚を少しだけずらしてみました。外側にねじるようにずらしてみると、何となく気持ちよい感じがあります。
背中の筋肉が連動して伸びて気持ちがいいようです。
その感覚をただただひたすら味わってもらいます。

「体の内部の感覚を味わいながら、ただ観察していてくださいね。人によっては色とか光とか見えるっていう人もいるんですよ。不思議ですよね~。」
と言うと、
「あ!私もそれわかります。今、紫が見えました。うーん、見えるというかイメージで感じるんです。」
と彼女。
(何となく紫ちゃんと命名♪)

紫ちゃんもそんな不思議な感性の持ち主だったようです。
さらに詳しくその紫のイメージについて尋ねてみると冒頭の
「紫色の線が左上から右下に向かって伸びていってるって感じですねー。」
ということだったのでした。
うーん、何とも不思議ですね♪

紫の線が消えると背中の気持ちよさもなくなりました。
そして、膝裏のコリもなくなったのでした♪

さっきは、あお向けで足を伸ばすと腰が痛かったのですが、だいぶ腰の痛みもやわらぎました。
でもちょっとだけまだ腰が痛いので、もうちょっと別の動きを味わってもらいました。
(詳しく書くと長いので省略・・・)
その結果、紫ちゃんは、ようやくあおむけで寝て足を伸ばしても腰の痛みがなくなりました。

操体法 足ゆらし

最後に紫ちゃんに足ゆらし操法をやってみました。あお向けの状態の紫ちゃんの足の指をつまんでゆらゆらゆらします。
足の指のゆらゆらが心地好い波となって全身に伝わります。

この足ゆらし操法、単純だけど実は、とっても奥が深いのです。
体だけでなく、心のコリも緩んでくるような気がします。
ふと、ゆらゆらしながら、「今は何か色とか見えますか?」と訊いてみると、
「今度は黄色ですね~。ま~る~い円のような感じです。」
ということでした。

せっかく紫ちゃんになったのに、今度は黄色ちゃんに改名です。

クリスタルボウルの波動

黄色ちゃんは、とても感性が豊かです。
クリスタルボウルの音もすごく大好きです。

※クリスタルボウルというのは水晶などの鉱石で作られたお椀のような楽器です。
ヒーリング用の楽器として知られています。当院ではBGMにクリスタルボウルの音を流しています。
クリスタルボウルの「ゴ~~~~ン」という「音」が、シャボン玉が飛んでいる「形」として感じるのだそうです。

※実物のクリスタルボウルの上に布を張り、布に薄く砂をしいてクリスタルボウルを鳴らすと、砂は美しい曼陀羅(マンダラ)図形を描くのだそうです。
クリスタルボウルはそんな神秘的な楽器です。

黄色ちゃんは、前回の来院時にクリスタルボウルの音を聴いたら、お寺の鐘の音を聴きたくなって、休みの日には家族で定義山まで行って来たのだそうです。

操体って感覚の遊びみたいなものです。
私には私が感じる感覚しかないわけですが、操体法の施術をしていると、いろんな人それぞれの感覚に触れられてとても面白いなあと思います。

身体感覚を色彩感覚として感じられたり、音を図形として感じられる黄色ちゃんの素晴らしい感性に感謝です。
自分自身が感じられる感覚の幅も広げていきたいなーと思っています。

(2007年3月)

操体法体験談

上の文章は以前にブログで紹介したのですが、それを読んでくれた黄色ちゃんからメールをいただきました。とっても嬉しくなるメールでした(^.^)

操体法を受けた感覚や、その感性と表現が素晴らしいので、黄色ちゃんからのメールをそのまま紹介したいと思います。

クリスタルボウル&操体法体験談

先生!早速、ブログを拝見しました。
ドキドキ&ワクワクしながら、読み進めていきますと、先生の表現力に、「そうそう。そうなの。」と、感心したり、「紫ちゃん?えっ、黄色ちゃん??」と、ひとりで大笑いしました!

 

他の患者さんのことも、笑いの中に説得力があり、とても面白く(興味深く)読まさせていただきました。ありがとうございました。
これからも、楽しみにしています。

 

先生がいらっしゃるあの空間は、なんともいえない、今まで体験したことのない、空気に包まれています。
先生の声のトーンや、クリスタルボウルの音、滝の流れ落ちる音、そして香り・・。先生の施術は、本当に不思議です。
 緊張している心が、先生の優しい一押し(ひとおし)で、リラックスできます。そして、自然に伸びる気持ちよさが、カラダの内面から、あたたまってくるのです。

普通のストレッチは、「じわーっ」と、筋肉の表面を伸ばしている感覚ですが、先生の操体法は、「ほんわか」と、筋肉の中が、伸びている感じがするのです。しかも、今まで体験したことのない、気持ちの良さ、です。
おひさまや、ストーブのあたたかさ(温かさではなく、暖かさ、です。)に似ているような気がします。
その気持ちよさが、体のあちこちに、いい影響を与えてくれるので、そこが本当にありがたいです。

クリスタルボウルのCD、早速ネットで購入の申し込みしました。さっき、聞かせていただいたときは、手のひらに乗るくらいの大きさから、もう少し大きめのシャボン玉が、次々とスピーカーから出ていました。
今まで、こういう感覚を意識していなかったので、先生が教えてくださった時には、納得しましたし、こういう感覚を受け入れてくださったことに、とても安心しました。
先生とお会いした後は、とても前向きに明るく物事を考えるパワーが湧いてきます。

なかなかめまいがよくならず、とても沈んだ毎日を送っていましたが、今は、先生と出会えたことにとても感謝しています。
本当に、世の中の全てに感謝したいと思います。
今日もありがとうございました。来週、またお会いできることを、楽しみにしています。

      

紫ちゃん改め黄色ちゃん、の●●●●より


黄色ちゃん、メールの掲載を快く許可していただきありがとうございました。
黄色ちゃんは、過去にスポーツトレーナーとしてストレッチを教えていたこともあったのだそうです。それで、一般的なストレッチと操体法の、筋肉の伸びる感覚の違いに驚いていました。

でもそれは、ストレッチと操体法の違いというよりも、黄色ちゃんが体の本当の欲求に従ってストレッチをしたからとても気持ちが良かったのだと思います。
そしてそのような感覚を味わったあとには、単に気持ちが良いだけでなく、体が変化するのを体感することが出来るのです。
スピーカーからシャボン玉が飛び出ていたと書いていますが、実際には出ていません。

黄色ちゃんには、スピーカーから出るクリスタルボウルの音が、シャボン玉の形として感じられるのだそうです。
そのシャボン玉の大きさまではっきりとしているのですから、オドロキですね♪

(2007年3月)

チャクラと色の関係

後日、色とチャクラの関係を調べてみました。
チャクラとはサンスクリット語で「車輪」を意味し、漏斗状をした体のエネルギーの出入り口です。
黄色ちゃんが操体法の施術中に見えた(感じられた)黄色や紫色はチャクラの色にも対応しています。

  • 第3チャクラ 色: 黄色
    位置: 胃、みぞおちのあたりに位置し、身体の前と後ろにある。
    漏斗状の先端部は、胸椎12番と腰椎1番の中間。
    ●身体的関連機能、臓器: 胃、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、神経系
    ●心理学的関連機能: 感情を司る。開かれると、大きな喜びと解放感を感じる所。直感、宇宙の中の自分の姿  自分が他人とどのようにつながっているか、どのように自己にケアしているか。

  • 第7チャクラ 色: 紫~白
    位置: 頭のてっぺん、漏斗状の先端部は頭の上部中央
    ●身体学的関連機能: 脳上部と右目にエネルギーを供給する。
    ●心理学的関連機能: パーソナリティをスピリチュアルなものと統合する。人格と精神性の統合。宇宙とのつながりを感じる。

【参考サイト】http://www.geocities.jp/loputas/tilyakura.htmlより

操体法の施術とクリスタルボウルの音がチャクラへ何らかの刺激を与えたとも考えられます。
操体法はいろんな可能性を秘めています♪