このカテゴリの歯科心身症と操体法でご紹介したイケメンホスト君が約2年ぶりに来院しました。

原因不明の歯の痛みは当時数回通院するうちに回復して、休職していたのも無事に復職できたそうです。時々症状が出たときは教えたストレッチや操体法を試すと楽になるそうです

ところが最近になって原因不明の左耳の痛みと耳鳴りに悩まされているとのこと。耳鼻科の検査も異常なしで、脳の画像検査(MRI)でも異常なしです。仕事も忙しくてなかなか仙台まで来れなかったそうで、地元の整体院に何度か通ったけれど改善がみられないので久しぶりに来院されました。

耳鳴りの患者さんが2年ぶりに来院

イケメンホストくんが約2年ぶりに来院しました。見た目は相変わらずイケメンで髪型も服装もチャラチャラしててやっぱりホストくんです。(命名については本人の許可を得ています(^.^))

以前は2007年の年末に来院して、その後2008年の春頃まで通院して、無事職場復帰を果たしました。通院しながらセルフケアもしっかり覚えてもらったので、その後はしんどくなったときは自分でケアできるようになったそうです。

今度はどうしたの?と尋ねると、左耳の耳鳴りと耳の痛みがひどいんですとのこと。何軒か病院に行ったけど異常も見つからないし、地元の整体に通っても変化がないそうです。

耳鳴り・耳の痛みの原因

医学的には原因がよくわからない場合でも、整体では整体の見方に基づいた検査をしたり、独特の見方で患者さんをみます。

ホストくんの姿勢は背中がすごく丸まっていて、頭部は顎を前に突き出した姿勢になっていました。

背筋を伸ばすようにして座ってもらうと「すごくキュウクツ」だと言います。やすらぎの杜整体院では、痛いところやつらいところは出来るだけそっとしておいて、体が少しでも楽になるようなバランスをとり戻すお手伝いをします。

しかし、ホストくんは県外から車での来院で、途中で渋滞に巻き込まれて予約時間に遅れて来院したのです。次の患者さんの予約の時間も迫っていたので、全身をじっくり調整している時間の余裕はありませんでした。

ホストくんは左耳だけでなくて、左の首から肩にかけてすごく苦しくて痛いといいます。そこで少しでもその部分が楽になるように上半身の調整をすることにしました。

ちなみに当院では耳鳴りと首のコリは深く関係していると考えています。

耳鳴り・耳の痛み 多次元操体法

仙台やすらぎの杜整体では多次元操体法という施術を行っています。

当院では従来の操体法の操法にこだわらず、各種手技療法のいいところ取りをしています。自分が学んだいろんな療法を、操体法の「気持ちよさを味わうと治る」という考え方に基づいてアレンジしています。

多次元操体などというと、なにやら大げさな響きですが、そんなにたいしたことはしません。そもそも当院の施術はたいしたことは何もしません。おおげさなたいしたことはしませんが、繊細な刺激や「力やベクトルのサジ加減」をとても大切にします。

患者さんの身体にとって必要な刺激「だけ」を味わってもらうように心がけています。

たいていの場合、一般的な整体やカイロと比べて刺激も非常にソフトだし、施術時間も短いです。

この日のホストくんに対しては、首と背中が見るからにキュウクツそうだったので、とりあえず耳の痛みに関しては放っておいて、上半身のバランスを調整することにしました。


耳鳴り・耳の痛み 多次元操体施術

で、実際に何をしたかといえば、ホストくんの左の胸の筋肉と左の前頚部の筋肉、正確に言えば筋肉を包んでいる膜(筋膜)にアプローチしました。

縮こまっている筋膜にそっと手を触れてリリースしていきます。力はたいして入れていませんが、結構痛みもあります。イタ気持ちよい感じです。

ホストくんは「うおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~!」とうめいています。懐かしいうめき声です。2年前もそうでしたが、ホストくんは最高に気持ちいいときに「うぉぉぉ~!」とうめくのです。

専門的には左の大胸筋と左の胸鎖乳突筋の筋膜の緊張をリリースしました。

いったん施術ベッドに腰かけてもらうと、ホストくんの姿勢がすっきりまっすぐに伸びるようになりました。

「耳はどう?」と尋ねると「耳鳴りもないです!耳も痛くないです!」とのことでした!

何とも不思議といえば不思議ですが、今回もホストくんの体の感覚を尋ねながらイタ気持ちよい刺激を味わってもらった結果、耳鳴りと耳の痛みがなくなったのでした。

骨盤の歪みも姿勢と深く関係するので、次回は骨盤を含めて全身が楽に動けるようなバランスをとり戻す調整をすることにしました。ということで次回も予約して笑顔で帰られました。

(2010年5月)