「仙台市」タグの記事一覧

足裏痛の整体症例

膝痛 足の痛み

整体院のホームページと同じ印象でした♪ 「先生に出会えてことに心から感謝します!ありがとうございます!ありがとうございます!」と涙を流しながら手を合わせてお辞儀をして何度もお礼を言われて、私も思わず泣きそうになりました。 50代女性クライアントさんです。とても丁寧で優しい雰囲気の方でした。 整体院のHPを見て来てくれたのですが、かなり私の書いた文章を熟読してくださったそうです。そしてこの先生に会ってみたいと思ってくれたそうです。 施術が終わった後に 「先生の探究心と患者さんに寄り添う気持ちがホームページの文章からもあふれていて、実際にお会いして文章の印象そのままでした。とても聡明で慈愛の深い方だと思います。」 と何とも身に余るありがたいお言葉を頂戴しました。 本当に素直に感激を表現して頂いて、私の方が感激してしまいました。 足裏痛と自律神経失調症 主訴は足裏の痛み。昨年夏に足の親指の骨にひびが入るけがをして、それをかばって歩くうちに足裏や足指が痛くなってきて、現在では両足裏と両足指の付け根に痛みがあり、歩くのも困難ということでした。 それ以外に自律神経失調症、更年期障害で病院にも通院していました。 お話を伺った感じでは、足底筋膜炎などの足裏の問題というよりも下半身の冷えの問題が大きいと感じました。骨盤や股関節をチェックするとかなりねじれて歪んでいました。 上半身も首こり、肩こり、頭痛もあってガチガチに固まっています。肩関節の可動域も大きく制限されていました。呼吸もしにくく息苦しさもありました。 骨盤の整体 最初に骨盤の緊張を解放します。それで一気に全身バランスが変化して、そこか・・・

整体で不整脈が改善した話

自律神経失調症

仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。先日頸椎ヘルニアの診断を受けてて首が痛くてコルセットをつけて来院した三十代女性の話を書きました。 頸椎ヘルニア症例 こちらの症例の続編です。 整体を受けてちゃんと熱が出るようになった! 前回来院時に次回の予約を数日後に頂いたのですが、熱が出たとキャンセルになりました。インフルエンザに罹ってしまったそうです。インフルエンザが治って再度改めて予約を頂き来院しました。 そしてこんな話をしてくれました。 「私は風邪をひいても熱が出ないんです。前もインフルエンザに罹った時も37度くらいしか熱が上がらなくて。でも今回はしっかり熱が出たんです!」 インフルエンザで発熱したことをとても前向きに捉えてくださっていました。当院の整体は症状を治す整体ではありません。身体の自己調整力を高める整体です。症状は自己調整力で治っていくのです。 整体を受けて自己調整力が高まり、必要に応じて身体がいろんなことをしてくれるようになります。本来の機能が目覚めるのです。だから、思っても見なかったような症状が改善することもあります。 整体で不整脈も治った! それとこんなことも教えてくれました。 「私は不整脈があって、ずっと脈が飛んでいたんです。それが先日整体を受けてから気にならなくなってどうやら治っちゃったみたいです。」 不整脈があったことは私は前回知りませんでした。だから不整脈に対する治療などは一切していないのです。身体全体が調和した結果、いろんなことがよくなったのです。 頸椎の痛みも改善中 前回の来院時は首が痛くて、カラーを巻いて、その中にはグルグル巻きの湿布を貼っていました・・・

頸椎ヘルニア症例-30代看護師

頸椎ヘルニア

仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。頸椎ヘルニアの整体症例を紹介します。宮城県多賀城市在住30代女性クライアントさんです。 頸椎ヘルニアと首の痛み 病院で頸椎椎間板ヘルニアと診断を受けています。首はカラー(コルセット)を巻いて来院しました。施術時にコルセットを外してもらうとさらに首にぐるぐる巻きの包帯で湿布をしていました。 頸椎ヘルニアの為、首の左側に痛みがあり、常時熱を持っているので湿布を貼ってさらに頸椎を保護するためにコルセットを巻いていました。 その他の症状もたくさんありました。頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、背部痛、腰痛、脚のしびれ、膝痛、食欲不振、吐き気、不眠、むくみ、のぼせ、動悸、冷え症などなど。 本当に体調が悪くしんどそうでした。でもこの方はきっと当院の整体でうんと良くなるだろうという予感がしました。直観でそう思ったのです。初診でも入ってきた瞬間に何となくわかるものがあります。 症状の程度やどれだけの期間患っているかはあまり関係ないです。その人の波動を感じているのです。あとで教えてくれましたが、院内に入ってきた瞬間にこの方も身体が楽になるのを感じたそうです。 首の痛みは頸椎ヘルニアが原因なのか? この方の話を聞いて思ったのが、この方の首の痛みは本当に頸椎ヘルニアが原因なのか?ということです。いろいろとお話を伺った結果、首筋を違えた痛みではないかと考えました。 頸椎ヘルニアが画像で映っているのは確かだとしても、それが直接の原因ではないように思いました。毎日湿布を貼って頸椎にコルセットを巻いて過ごしているようですが、そのこと自体が治らなくしている原因だと感じました。・・・

セルフケア整体(ひとり操体)のコツ教えます!

セルフケア整体

セルフケア整体(ひとり操体)について 仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。当院ではセルフケアのための整体を教えています。当院で行っている整体施術の大半はそのままセルフケアとしても応用出来ます。 実は、当院のオリジナル操法の中には私自身がセルフケアをあれこれ行う中で気づいたことを操法にしたものがたくさんあります。 自分でセルフケアをしていて、「あーこれは気持ちが良いなぁ」というものを他人に提供するならどうやってやればいいのかな、ということで工夫してきたものも結構あるのです。 操体法の世界はほとんど感覚の世界です。特に無意識領域から出てくる動きは再現するのが難しいです。その場のその瞬間に身体の内側から出てきたものだからです。 クライアントさん自身が無意識領域の動きを自分で表現できればそれがベストですが、そこまで行くのには何かのきっかけで回路が開くか、操体の実践をしばらく継続する中で自然と感覚が開けていくかのどちらかです。 私自身も最初は操体法の本を読んで見よう見まねでやってみたけど、気持ちよい感覚もよくわかりませんでした。10数年前に今先生の講習会に通い始めた頃も、今思えばさっぱりわかっていませんでした。 毎日実践するうちにだんだんそれまで気づけなかった感覚に気づけるようになったのです。 セルフケア整体のコツ セルフケア整体のコツをいくつか紹介します。以前にひとり操体のコツとしてブログに書いたことがありますが、重複する部分もあるかもしれません。 整体院でやったように真似して家でやってみると何かが違う、整体院で受けたのはすごく気持ちいいのに、家で自分でやるとさっぱり気持ちよくない・・・

整体院はエンターテイメント劇場♪

整体(多次元操体法)の臨床

ボキボキしない整体 宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。30代女性クライアントさんの整体症例です。通院しているお母様のご紹介で娘さんも一緒に来院しました。お母様は50代で甲状腺の手術後の体調不良が整体でとても楽になられて、その後も定期的に通院されています。 一緒に暮らしている30代の娘さんもいろいろ体調が悪いとのことで、今日一緒に連れて来られました。 娘さんの主訴は肩こりですが、様々な体調不良を抱えていました。耳鳴り、顎関節症、目の疲れ、首こり、手や腕のしびれ、腰痛、足のしびれ、膝痛もあります。 冷え性で吐き気、不眠、便秘、むくみなどの症状もありました。とにかく全身が固く疲れやすくだるいということです。 でも、整体はボキボキされるので怖いと思ってて整体院には行ったことがなかったそうです。お母さんの勧めでボキボキしないし痛いこともしないからということで一緒に来られたのでした。 不思議な整体 多次元操体法の施術を口で紹介するよりも実際に横で見てもらった方が早いので、まずはお母さんの施術をするのを見ててもらいました。 その場でどんどんお母さんの身体が変化して行くのを、「へ~~~!」「不思議~~~!」と言いながら楽しそうに見てくれていました。 お母さんもとても感覚の良い方なので、私の施術を「あ~、それ気持ちいいです!」喜んでくれます。娘さんにもわかりやすいように「どの辺が気持ちが良いですか?」と尋ねると「この辺が気持ちが良いです~~~♪」と言います。 私としては腰とか背中とかどの辺が良い感じですか?と尋ねたつもりだったのですが、目を閉じながら「この辺が気持ち良いです~~」と言・・・

ストレスと首こりの関係

首こり 首の痛み

整体症例-首こり 宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。首こりの整体症例です。仙台市青葉区在住50代女性のクライアントさんです。初回来院時の主訴は、めまい、頭痛、不眠でした。数回通院してめまいや頭痛もなくなってきて、夜も眠れるようになりました。 首こりの症状が残っているので定期的に通院を続けています。整体を受けたときは首こりも楽になりますが、また日常の生活に戻ると首こりが出てきます。その理由についてクライアントさんから聞かれました。 「なぜ、首が凝るんでしょうかね?やっぱり姿勢が悪いからでしょうかね?」 確かに首こりの症状と普段の姿勢は深く関係しています。でも、私は首こりの原因としては姿勢以外の要因も大きいと考えています。 ストレスと首こり ストレスがかかると首の筋肉が緊張します。嫌なことがあったり、気を遣ったり、頭を使うだけでも首の筋肉は固くなります。常時仕事で気を遣っていたり、我慢していたりすれば首こりの症状は出てきます。 「ストレスと首こりも深く関係していますよ」と伝えたら「思い当たる節がいっぱいあります…」とのことでした。 この方は営業のお仕事をしていて、常に緊張して気を遣っているそうです。首だけでなくお腹の筋肉も固めているという自覚がありました。 人は緊張するとお腹、首、顎などに力が入ります。その結果として姿勢も自分を守る様な姿勢になります。そうすると首こりや肩こりにもなりやすい姿勢になります。 ストレス対策 生きている以上、ストレスを完全に無くすことは出来ないと思います。でも同じストレス状態にあっても、ストレスに強い人と弱い人がいます。この違いを・・・

腕のしびれの整体症例

手や腕の痛み・しびれ

左腕のしびれの整体症例 宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。腕のしびれの整体症例を紹介します。仙台市泉区在住50代女性クライアントさんです。毎月定期的に通院されています。 本日は左腕のしびれ、違和感がありました。左の胸や左のわき腹など、腕以外にも左半身に違和感があります。突っ張るような痛いような苦しいような感じだそうです。 骨盤矯正 まずは下半身からチェックします。骨盤の歪みもチェックします。やはり骨盤の動きに左右差がありました。左半身の筋膜の緊張が強いのです。そのために左腕や左胸が引っ張られている状態でした。 骨盤の調整をしてみると、クライアントさんが「腕が楽になってきました」と言います。「実は仰向けになった時に左腕が勝手に外側に捻じれて行ってたんです。普通にまっすぐしようとすると苦しくて自然と外側に捻じれてたんです。でも今は捻じれて行かないです。」と教えてくださいました。 骨盤の捻じれが解消すると上半身や腕の歪みも同時に改善します。それで腕が捻じれなくなってきたようです。 上肢の調整 さらに腕からアプローチしていきます。腕に触れますが、腕だけを調整するのではありません。腕はもちろんのこと、上腕骨、肩甲骨、鎖骨、肋骨、脊柱と刺激を伝えていきます。 骨格と同時に周辺筋膜にも効かせていきます。気持ちよい伸びが伝わります。その気持ちよい感覚を頼りにちょうどいい刺激を味わいます。気持ちよい感じを味わうとちょうどよいあんばいに身体のバランスが整っていきます。 頸椎の調整 次に頭と頸部の調整をします。首のストレスを解放します。肩の筋肉の緊張がさらに緩みます。ぱーんと突っ張ってい・・・

起立性調節障害と整体

起立性調節障害という病名を耳にする機会が増えました。小学生や中学生を中心に思春期の子供に多い病気です。このページでは起立性調節障害の症状と必要な改善対策、そして整体のアプローチについて書いています。

静と動のつりあい−ロックバランシングとけん玉

整体院からのお知らせ/施術方針

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。 整体の手技は鋭い感覚を要します。感覚があまり必要ない手技もありますが、 当院で行っている整体は感覚を高めるほどに効果が高まります。 なので繊細な違いをかぎ分けるセンサーを養っています。 そのために仕事以外のところでもセンサーを養う練習をします。 今年、ロックバランシングというアートを知りました。 石ころを絶妙なバランスで積み重ねていきます。 時々試して遊んでみています。 先日は外出先で河原を見つけたので 河原で石を積んでみました。 そのために出かけたわけじゃなくて ちょっとした合間に河原に行ったので 大した作品は出来ませんでしたが 初めて屋外でやったので良かったです。 ロックバランシングは行ってみれば静のつりあいバランスです。 本当に静かに心を鎮めて繊細に繊細に釣り合いをとります。 でも人間の体は動いていますから、動のつりあいも大事です。 そこで閃いたのがけん玉。 実は数年前にちょっと興味を持ってやり始めたんです。 でも地味だしあまり上達も出来なかったので すぐあきらめて子供部屋のおもちゃになっていました。 でもけん玉が上手になったらものすごい身体能力や 新たな領域の感覚の感覚が開けるような気がして またひっぱり出してみて数日前からやっています。 数年前にけん玉に興味を持った時は アメリカのストリート系のかっこいいお兄ちゃんたちが スケボーやBMXとかと同じようなノリで KENDAMAの凄い技をやっているネット動画がありました。 日本人の動画はみんな地味で、すごい技をやってても やっぱりいわゆる「けん玉」って感じでした。 ところが・・・

呼吸がしにくい/息苦しい

呼吸がしにくいという症状と整体(多次元操体法)のアプローチを紹介します。 横隔膜の緊張 呼吸は呼吸筋によって行われます。主な呼吸筋は何と言っても横隔膜です。息苦しい、うまく息が吸えない、呼吸がしにくい、といった症状を抱えている場合はほとんどの場合横隔膜の緊張が関係しています。 横隔膜は肋骨の下部にドーム状についている筋肉で、横隔膜が収縮することにより吸気が行われます。腹式呼吸をすると息を吸う時に横隔膜が下がり、内臓を押し下げるのでお腹に空気が入ったような気がしますが、実際にはお腹には空気は入りません。 また骨盤内部の内臓が固まっていたり、腹筋が固くなっていても呼吸の動きが制限されます。 呼吸筋には横隔膜以外に以下のようなものがあります。 呼吸筋の種類 呼吸筋(こきゅうきん, 英語: Muscles of respiration)は、呼吸を行う筋肉の総称。すなわち、呼吸をするときに胸郭の拡大、収縮を行う筋肉のこと。種類としては、横隔膜、内肋間筋、外肋間筋、胸鎖乳突筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋などがある。 正常安静呼吸では、吸気は主に横隔膜の収縮によって行われ、また外肋間筋も使用される。呼気は筋肉を用いず、伸展された肺の受動的反跳(ふくらんだ肺が自然にもとに戻ろうとする力)によって行われる。 努力呼吸時には、吸気には胸鎖乳突筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋が、呼気には内肋間筋、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋といった呼吸補助筋が補助的に用いられる。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%BC%E5%90%・・・

ページの先頭へ