宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。ひとり操体をしていると様々なことに気づけます。当院で提供している多次元操体法による手技の大半はひとり操体からヒントを得たものです。

ひとり操体とは?

ひとり操体とはひとりで操体を行うことです。自分が気持ちが良いようにやればいいのです。広い意味ではセルフケアはすべてひとり操体であるとも言えます。ところが、セルフケアをして逆に身体を痛めてしまう人が時々います。それはおかしなやり方をしているのです。

気持ち悪いセルフケアはひとり操体とは言えません。気持ちよくやるのがひとり操体の条件です。見よう見まねで操体法の型を真似たとしても、それが気持ち良くなければ操体ではありません。

気持ち良さを味わえてこそ操体法なのです。

操体と体操の違い

操体法の操法をただ形通りにやればこれは単なる体操です。操体がうまくいかない人はこれをやってしまっているのです。ただ形だけ真似している。それでは効果が出ないか、出ても大した効果は得られません。

その操法を行った時に「気持ちよさ」があるかどうか?

気持ち良ければそれが操体になります。痛かったり辛かったり嫌な感じがすればそれは操体ではありません。

ひとり操体における気持ちよさの判別

「気持ちよい」と言葉で書くと一つですが、その感覚やイメージは人それぞれです。感覚が鈍っていると体にとって嫌な刺激が気持ちよく感じる人もいるし、体が良くなる刺激を気持ちよさとして捉えられない人もいます。

なので私はあまり「気持ちよい」「気持ちよさ」という言葉は使いません。

心地良い感じ
何となくいい感じ
味わってみたい感じ
スーッとする感じ
じんわり伸びる感じ

…等など

その時々でその人の状況に合わせて言葉も使い分けています。表面的な言葉に捉われてはなりません。体が喜んでいるのか?というところを見究めていきます。

ひとり操体における痛みと快

痛いのはダメ、と言いますが痛くてもOKな場合もあります。イタキモ、痛気持ちよい感覚はOKとしています。痛快な感覚です。痛いんだけど味わいたいような感覚。そういう感覚のときはOKとしています。

でも、頭で考えるとダメです。「痛いけどこの方が効きそうだからやってみよう」などと考えてやるとかえって具合が悪くなります。

師匠の今先生も「後味も含めて判断しなさい」とよく仰っていました。その操法をやっているときだけでなく、後でどうなったのか?というところも大切にします。その時気持ちが良いからとやりすぎて後で具合が悪くなることもあります。

その時ツーンと痛くてもその後うんと楽になることもあります。それらを含めていろいろ味わうことで自分にとって必要な刺激がわかってきます。

ひとり操体は腹六分目で行う

操体法ではよく「60点で合格」と言います。腹六分目くらいでやめておくとよいのです。やりすぎると疲れたり、後でどこかが痛くなったりするかもしれません。少し物足りないくらいでやめておいた方がうまくまとまるのです。

操体法の効果は操法を味わっているその時だけでなく、その後も継続して続きます。繊細な操法を丁寧に味わったときほど効果も深く長く続きます。効果が続くというより、治癒のプロセスが進行し続けるという感じです。

欲張って頑張りすぎるとあとでだるくなったりしんどくなることもあります。でも上達の過程で皆が通る道でもあります。自分で味わわないことにはわかりませんから、そうなった時はそうなった時でとても意味がある体験なのです。