瞑想と多次元操体法について考察します。

瞑想が宗教的で怪しいなどと言うのは過去の話で、今や一流企業が研修で取り入れたり、有名人も実践している人が増えています。

深いリラックス効果やリフレッシュ効果も得られますから健康にも良いです。脳がリセットされたようになりますので、判断力や集中力や直観力も高まります。

さらには神秘体験をしたり悟りに至る人もいたりします。

当院で行っている整体法、多次元操体法と瞑想についていろいろ繋がっていることがあります。思うことを書いてみます。

TM瞑想

私が瞑想に興味を持ったのは20代前半で20年ほど前になります。最初は本を読んで自己流で試してみましたが、「無になる」なんて出来ませんし、これで正しく出来ているのか?という疑問もありました。

一度正しい瞑想法を習いたいと思っているままに時は過ぎて、当時経営コンサルタントの船井幸雄さんが紹介していたTM瞑想を習いたいと思うようになりました。20代中頃です。

ビートルズのメンバーもTM瞑想をしていたそうです。

当時仙台にあったTM瞑想の施設に何日か通って習得しました。誰でも簡単に一定の効果が得られるようにマントラを授けられます。そのマントラを瞑想中に心の中で声には出さずに繰り返し唱えます。

マントラを唱えるうちに雑念が湧いた時にはまたマントラに戻ります。

瞑想してもすぐに集中力が途絶えてできなかったのですが、TM瞑想をするとあっという間に20~30分くらい経ってしまいます。リラックスして気分もとても良くなるので良いものを習ったと思いました。

新訳 超越瞑想入門―存在の科学と生きる技術
マハリシマヘーシュヨーギー Maharishi Mahesh Yogi
4643921102

呼吸の観察と瞑想

何年かTM瞑想を実践していましたが、そのうち飽きてやらなくなりました。TM瞑想ではマントラに意識を集中しますが要は雑念が湧いても何か集中する対象があれば、またそこに意識を集中することで雑念は消えていきます。

マントラを唱えなくても瞑想の効果が得られることが体験としてわかったので、マントラを唱えないで瞑想するようになりました。

マントラの代わりに意識を集中する対象としては、数を数えたり、ろうろくの炎を見つめたり、などいろいろありますが簡単で効果が感じやすいという理由で私は「呼吸を観察する瞑想」を行っています。

ディーパック・チョプラ博士の本やエイブラハムの引き寄せの法則の本でも呼吸を観察する瞑想法が紹介されていました。やってみるととても簡単で呼吸も楽になります。

富と成功をもたらす7つの法則―願望が自然に叶う実践ガイド
ディーパック チョプラ Deepak Chopra
4804761489

 

内なる存在と繋がる瞑想

静かに座って呼吸を観察していると、身体のいろんな感覚が意識に昇ってくるようになりました。

出入りする空気、お腹が膨らんだり、へこんだり・・・。と同時に手のひらがチリチリしびれた感じになったり足がムズムズしてきたり。

エイブラハムの本の中で「内なる存在につながる手順」として紹介されていた内容とほぼ近い感じです。

引き寄せの法則の本質 自由と幸福を求めるエイブラハムの源流 (引き寄せの法則シリーズ)
エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス Esther Hicks Jerry Hicks 菅 靖彦
4797346760

身体に意識を向けて瞑想をしていると身体がひとりでに動き出して(自発動)調整してくれるようになりました。

私はこれを「呼吸瞑想操体」と名付けました。

呼吸瞑想操体

呼吸瞑想操体と名付けたこの方法は、呼吸法でもあり、瞑想法でもあり、操体法でもあります。

内側から出てきた動きに身を任せると頭で考えずとも自動的に体を調整してくれます。しかもとても気持ち良いのです。気持ち良さにただ委ねているだけで必要な調整を身体がやってくれるのです。

ただ、ちょっと欲張ってもっと気持ち良くしようとか考えると動きが途絶えたり、気持ち良さが途切れてしまいます。ただただ何も考えずに感覚と出てきた動きに身をゆだねます。

この呼吸瞑想操体は一石三鳥なので、これをやるようになってからはあえて瞑想とか呼吸法だけに時間を割いて行うことはなくなりました。

静かに座って呼吸と身体に意識を向けます。頭の思考が鎮まった時に身体が必要に応じて必要なことをやってくれます。

座ってやっても寝てやってもどちらでも大丈夫です。

整体(多次元操体法)セッションと瞑想

一般的な整体の施術は一方的に施術者が行います。クライアントは特に何もせずに受動的に受けます。

一方多次元操体法では、クライアント自身も一緒に参加してもらいます。積極的に動きに参加して感覚を感じ取り味わって頂きます。施術というよりもセッションという言い方の方がしっくりきますので近頃はなるべく施術という言葉も使わないようにしています。

セッションですので、施術者とクライアントで共同創造を行います。一方的な施術でもなく、単なるセルフケア体操でもなく、お互いに繊細に感覚を感じ取りながらのセッションを行います。

セッションが深まると、ちょうど瞑想している時と同じような状態が訪れます。心がシーンと静まって思考がなくなります。気持ち良い雲の上に浮かんでいるような、もしくは身体がなくなって空(くう)になってしまったような、そんな感覚が訪れることもあります。

そのようなセッションが出来たときには、身体面のみならず精神面も深くリラックスして心にも調和が訪れます。

整体と瞑想と今ここ

なぜ瞑想をするかと言えば、「思考を鎮めて今この瞬間に気づくため」と言えます。

いつもその状態でいられれば瞑想は必要ないのでしょうし、悟った人は瞑想が要らなくなるのかもしれません。

今この瞬間に気づくことで、心や身体が変化を始めます。未来や過去に対する捉われがなくなり今この瞬間と繋がった時に時にエネルギーが一気に流れます。それがヒーリングです。

整体(多次元操体法)セッションを通じて瞑想状態になると、身体がポカポカ温かくなったり眠くなったり深くリラックスしたことを感じます。良いセッションの後は同時に私自身も癒される感じがします。

自分自身にも調和のエネルギーが流れるのを感じます。

(2016年6月)